エアライン — 2020年2月27日 20:43 JST

ピーチ、国際全路線に影響拡大 羽田-台北など11路線一時運休、減便は4路線

By
  • 共有する:
  • Print This Post

 ピーチ・アビエーション(APJ/MM)は2月27日、国際線の一部で実施している運休・減便を拡大すると発表した。新型コロナウイルス(COVID-19)の影響により旅行需要が減少していることによるもので、すでに運休・減便済みを合わせ1294便が対象となる。影響はピーチが運航する国際線18路線すべてに広がった。

—記事の概要—
一時運休11路線
減便4路線

一時運休11路線

運休・減便の影響が国際線全線に広がったピーチ=PHOTO: Tadayuki YOSHIKAWA/Aviation Wire

 一時運休となるのは台北(桃園)4路線、高雄3路線、ソウル(仁川)2路線、バンコクと香港1路線ずつの計11路線。528便が運休となる。

 1日1往復の札幌-台北線は、札幌発MM725便が3月1日から28日まで、台北発MM726便は3月2日から28日まで運休する。台北発札幌行きは夏ダイヤ初日の3月29日からMM720便として運航し、29日のみ運休する。

 仙台-台北線も3月1日から18日まで運休。羽田-台北線は、台北発MM860便が3月1日から18日まで、羽田発MM859便は3月2日から19日まで運休する。福岡-台北線は、台北発MM826便が3月1日から18日まで、福岡発MM825便は3月2日から19日まで運休となる。

 1日1往復ずつ運航する高雄3路線も運休となる。関空線は3月1日から18日まで、那覇線は3月1日から28日まで運休。成田線は成田発MM635便が3月1日から27日まで、高雄発MM636便は3月2日から28日までが運休となる。

 那覇-ソウル線と羽田-ソウル線も運休。那覇線は3月1日から28日まで、羽田線はソウル発MM808便を3月1日から27日まで、羽田発MM809便を3月2日から28日まで運休する。

 バンコク線は那覇発着1路線のみで、1日1往復運航している。那覇発MM989便は3月1日から27日まで、バンコク発MM990便は3月2日から28日までの運休が決まった。

 1日3往復運航している関西-香港線は、すでに2往復を減便済み。残りの1往復の運休も決まった。運休となるのは関空発3便目のMM67便と香港発1便目となる深夜便のMM68便で、関空発は3月1日から27日まで、香港発は3月2日から28日まで運休する。

減便4路線

 減便は台北3路線とソウル1路線の計4路線が対象。合計で384便が減便となる。

 1日4往復運航している関西-台北線は、3月1日から18日まで1往復に、19日から28日までは3往復に減便する。28日まで減便となるのは、関空発1便目のMM21便と台北発4便目のMM30便。関空発2便目のMM23便と4便目のMM27便、台北発3便目のMM28便は3月1日から18日まで減便し、台北発1便目のMM22便は3月2日から19日までが減便となる。

 1日3往復運航の成田-台北線は、3月1日から18日まで1日1往復に、19日から27日までは2往復に減便する。27日まで減便となるのは、成田発3便目のMM627便。台北発1便目のMM620便は2日から28日までが減便となる。成田発2便目のMM623便は1日から18日まで、台北発2便目のMM624便は2日から19日まで減便する。

 成田線同様、1日3往復運航する那覇-台北線は、3月1日から28日まで1日1往復に減便。那覇発2便目のMM925便と3便目のMM927便、台北発1便目のMM922便と3便目のMM926便が対象となる。

 1日4往復の関西-ソウル線は、1往復減便し3往復になる。減便対象となるのは、関空発4便目のMM11便とソウル発1便目のMM12便で、関空発は3月1日から27日まで、ソウル発は3月2日から28日まで減便する。

関連リンク
ピーチ・アビエーション

ピーチの運休・欠航
ピーチ、那覇-香港3月まで運休 関空は減便(20年2月12日)
ピーチ、上海一時運休 関空・羽田、3月まで(20年2月5日)

IATA、3兆円以上の損失予測
ウイルス影響、世界の航空会社293億ドル損失 IATA予測、リーマン以来の需要低下も(20年2月21日)

ANA/JALへの影響
ANAの中国路線、関空発すべて運休 成田-上海も(20年2月25日)
ANA、関西-杭州減便 3月は一時運休(20年2月20日)
JAL、台湾・韓国も減便 ウイルス影響広がる(20年2月18日)
ANA、中国・香港便の運休さらに拡大 半数以下の週85往復に(20年2月13日)
ANA、中国便の運休拡大 計画半減し週81往復に(20年2月6日)
JAL、中国夜間駐機便を期間運休 中国滞在者の入国制限で(20年2月6日)
ANAとJAL、中国一部運休・減便 3月まで(20年2月4日)
JALの2月中国予約、10日間で25%キャンセル 3月は20%減(20年1月31日)
ANAの中国発2月予約、昨年の半分に 日本発も4割減(20年1月30日)
ANA、成田-武漢線の欠航継続 3月1日まで(20年1月30日)
武漢チャーター機、羽田2タミサテライト”貸切”で感染防ぐ 普段は国内線用(20年1月29日)

航空各社の運休
シンガポール航空、日本6路線230便欠航 羽田は138便に拡大(20年2月26日)
ジェットスター航空、日本3路線減便 ウイルス影響、カンタス航空は香港3路線(20年2月21日)
シンガポール航空、成田・羽田5月まで減便 感染拡大、全世界で688便影響(20年2月19日)
ジェットスター・ジャパン、成田-香港も一時運休(20年2月14日)
キャセイ、新型コロナウイルスで大幅減便 日本路線も対象(20年2月10日)
ジェットスター・ジャパン、成田-上海一時運休 ウイルス拡大、3月再開へ(20年2月4日)

各空港でも影響
関空、中国便欠航85%に 週517便、24日から(20年2月21日)
中部空港、中国便6割以上減 ウイルス影響、旅客・従業員の安全最優先(20年2月17日)

「欠航」と「運休」の使い分けは?
「欠航」と「運休」どう違う? JALとANA「明確な基準なし」、時間経過で変化も(20年2月19日)