エアライン, 需要, 需要予測 — 2020年2月21日 14:45 JST

ウイルス影響、世界の航空会社293億ドル損失 IATA予測、リーマン以来の需要低下も

By
  • 共有する:
  • Print This Post

 IATA(国際航空運送協会)は現地時間2月20日、感染が拡大する新型コロナウイルス(COVID-19)の影響での需要低下による、世界の航空会社全体の2020年損失額について、293億米ドル(約3兆2807億円)となるとの予測を発表した。アジア太平洋全体では278億ドル、中国国内のみで128億ドルの損失を予測している。

IATAは20年にウイルスの影響で世界全体で293億米ドルの損失を予測(写真は中部空港)=20年2月17日 PHOTO: Yusuke KOHASE/Aviation Wire

 有償旅客の輸送距離を示すRPK(有償旅客キロ)のうち、世界全体ではウイルス拡大に起因し4.7%減となると予測。2019年12月に発表した今年の予測値4.1%増と合わせ、0.6%の減少を見込む。

 アジア太平洋では、RPKがウイルスにより13.0%の減少を予測。今年の予測値4.8%増と合わせ、8.2%減を見込む。

 IATAのアレクサンドル・ド・ジュニアック事務総長兼CEO(最高経営責任者)は、「2008年のリーマン・ショック以来の需要低下を引き起こす可能性がある」との認識を示した。

 日本を含む各航空会社では、新型コロナウイルスでの需要低下による影響で減便が相次いでいる。日本航空(JAL/JL、9201)と全日本空輸(ANA/NH)は、中国本土と香港路線を運休・減便。JALは対象を台湾と韓国路線にも広げている。シンガポール航空(SIA/SQ)は、東アジアや欧米などの一部路線を5月末まで減便し、キャセイパシフィック航空(CPA/CX)とキャセイドラゴン航空(旧・香港ドラゴン航空、HDA/KA)は、冬ダイヤ期間中の供給座席数を約30%削減する。

 国内の空港でも中国路線減少の影響が出ている。中部国際空港(セントレア)では1月と比較し、便数が6割以上落ち込んでいる。関西空港でも週間計画便数の80%にあたる492便が欠航している。

関連リンク
IATA

19年12月の予測
IATA、世界航空各社の2020年純利益13.1%増293億ドル ジュニアック事務総長「今年は経済循環の底」(19年12月12日)

航空各社で運休
ジェットスター航空、日本3路線減便 ウイルス影響、カンタス航空は香港3路線(20年2月21日)
ANA、関西-杭州減便 3月は一時運休(20年2月20日)
シンガポール航空、成田・羽田5月まで減便 感染拡大、全世界で688便影響(20年2月19日)
JAL、台湾・韓国も減便 ウイルス影響広がる(20年2月18日)
ジェットスター・ジャパン、成田-香港も一時運休(20年2月14日)
ANA、中国・香港便の運休さらに拡大 半数以下の週85往復に(20年2月13日)
ピーチ、那覇-香港3月まで運休 関空は減便(20年2月12日)
キャセイ、新型コロナウイルスで大幅減便 日本路線も対象(20年2月10日)
ANA、中国便の運休拡大 計画半減し週81往復に(20年2月6日)
JAL、中国夜間駐機便を期間運休 中国滞在者の入国制限で(20年2月6日)
ピーチ、上海一時運休 関空・羽田、3月まで(20年2月5日)
ANAとJAL、中国一部運休・減便 3月まで(20年2月4日)
ジェットスター・ジャパン、成田-上海一時運休 ウイルス拡大、3月再開へ(20年2月4日)
湖北省滞在歴ある外国人の入国禁止 ANAとJALは中国便運休検討(20年2月1日)
JALの2月中国予約、10日間で25%キャンセル 3月は20%減(20年1月31日)
ANAの中国発2月予約、昨年の半分に 日本発も4割減(20年1月30日)
ANA、成田-武漢線の欠航継続 3月1日まで(20年1月30日)
武漢チャーター機、羽田2タミサテライト”貸切”で感染防ぐ 普段は国内線用(20年1月29日)

各空港でも影響
関空、中国便欠航8割に 週492便、17日から(20年2月17日)
中部空港、中国便6割以上減 ウイルス影響、旅客・従業員の安全最優先(20年2月17日)
関空、中国便6割超の401便欠航 10日から1週間で(20年2月11日)
関空、中国便4割欠航 3日から1週間で(20年2月4日)

「欠航」と「運休」の使い分けは?
「欠航」と「運休」どう違う? JALとANA「明確な基準なし」、時間経過で変化も(20年2月19日)

  • 共有する:
  • Facebook
  • Twitter
  • Print This Post