カテゴリーのアーカイブ: 需要予測

ANA国内線予約、10月は宣言解除前10倍に 9月中旬から増加
/ 2021年10月1日 10:06 JST

ANA国内線予約、10月は宣言解除前10倍に 9月中旬から増加

 19都道府県に出されていた緊急事態宣言が、9月30日に解除された。全日本空輸(ANA/NH)によると、10月の国内線予約数は解除が見え始めた9月中旬から大きく伸び始め、9月末の1日あたりの予約数は、9月前半と比較し10 […]

ボーイング、2040年までに新造機需要4.3万機 20年予測
/ 2021年9月16日 13:57 JST

ボーイング、2040年までに新造機需要4.3万機 20年予測

 ボーイングは、新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の影響を受けた民間航空市場が回復傾向にあり、長距離国際線は2024年までにコロナ前の水準に戻るとの市場予測を発表した。今年から2040年までの20年間で、民間機 […]

中部空港、お盆の国際線1400人 19年比99.3%減
/ 2021年7月30日 05:00 JST

中部空港、お盆の国際線1400人 19年比99.3%減

 中部国際空港会社は7月29日、中部空港(セントレア)のお盆期間の国際線予約状況を発表した。出入国を合計した予約数は1400人で、新型コロナウイルス以前の2019年と比較すると99.3%減となる。対象期間は8月6日から1 […]

お盆の国内線、予約率5割 大きく前年越えも“コロナ慣れ”影響か
/ 2021年7月29日 19:18 JST

お盆の国内線、予約率5割 大きく前年越えも“コロナ慣れ”影響か

 全日本空輸(ANA/NH)や日本航空(JAL/JL、9201)、スカイマーク(SKY/BC)など航空10社は7月29日、お盆期間の予約状況を発表した。対象期間は8月6日から15日までの10日間。新型コロナウイルス感染症 […]

日本の国内線旅客、各国と比べ回復に遅れ コロナ対策がカギ 英Cirium
/ 2021年6月2日 16:00 JST

日本の国内線旅客、各国と比べ回復に遅れ コロナ対策がカギ 英Cirium

 航空分野の情報を提供する英国の「シリウム(Cirium)」は6月1日、日本の国内線旅客数について、アジア太平洋地域の各国と比べ回復が遅れているとの認識を示した。回復には新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の抑制 […]

中部空港、最終赤字179億円 開港以来最大、今期は125億円損失想定
/ 2021年5月14日 23:59 JST

中部空港、最終赤字179億円 開港以来最大、今期は125億円損失想定

 中部空港(セントレア)を運営する中部国際空港会社が5月14日に発表した2021年3月期通期連結決算は、純損益が179億9000万円の赤字(20年3月期は47億4000万円の黒字)となり、2005年の開港以来最大の損失を […]

ANAの21年3月期、過去最大の最終赤字4046億円 今期は35億円黒字想定
/ 2021年4月30日 21:27 JST

ANAの21年3月期、過去最大の最終赤字4046億円 今期は35億円黒字想定

 全日本空輸(ANA/NH)を傘下に持つANAホールディングス(ANAHD、9202)は4月30日、2021年3月期通期の連結最終損益は4046億2400万円の赤字になったと発表した。2003年の連結決算移行後では、過去 […]

中部空港、GWの国際線710人 19年比99.5%減
/ 2021年4月26日 19:15 JST

中部空港、GWの国際線710人 19年比99.5%減

 中部国際空港会社は、中部空港(セントレア)のゴールデンウイークの国際線予約状況を発表した。出入国を合計した予約数は710人で、新型コロナウイルス以前の2019年と比較すると99.5%減となる。対象期間は4月29日から5 […]