カテゴリーのアーカイブ: 需要予測

成田空港、19年4-9月期純利益10.3%減 中国旅客の消費低下、リテール減収
/ 2019年11月15日 05:00 JST

成田空港、19年4-9月期純利益10.3%減 中国旅客の消費低下、リテール減収

 成田空港を運営する成田国際空港会社(NAA)の2019年4-9月期(20年3月期第2四半期)連結決算は、純利益が前年同期比10.3%減の183億9500万円だった。東京五輪・パラリンピックに対応する施設改修費用や中国系 […]

成田空港の19年冬ダイヤ、週4914回 LCCは29.3%
/ 2019年11月13日 05:02 JST

成田空港の19年冬ダイヤ、週4914回 LCCは29.3%

 10月27日に冬ダイヤ(20年3月28日まで)が始まり、各空港とも新規路線などもだんだんと出そろってきた。成田空港の定期航空会社別スケジュールによると、週あたりの総発着回数は前年同期比173回増の4914回で、冬ダイヤ […]

関空、週1553便で冬ダイヤ過去最高 国際線LCC 32.8%
/ 2019年11月13日 05:01 JST

関空、週1553便で冬ダイヤ過去最高 国際線LCC 32.8%

 10月27日に冬ダイヤ(20年3月28日まで)が始まり、各空港とも新規路線などもだんだんと出そろってきた。関西空港の運航計画によると、国際線の旅客便と貨物便を合わせた総運航便数は、12月のピーク時で冬ダイヤとして過去最 […]

中部空港の19年冬ダイヤ、国際線週455便
/ 2019年11月13日 05:00 JST

中部空港の19年冬ダイヤ、国際線週455便

 10月27日に冬ダイヤ(20年3月28日まで)が始まり、各空港とも新規路線などもだんだんと出そろってきた。中部国際空港(セントレア)では週455便の国際線旅客便を計画し、冬ダイヤとして過去最高となる。 ─ 記事の概要 […]

ボーイング、北東アジアの新造機需要1420機 38年までの20年予測、単通路は680機
/ 2019年10月10日 09:59 JST

ボーイング、北東アジアの新造機需要1420機 38年までの20年予測、単通路は680機

 ボーイングは10月9日、日本と韓国、台湾からなる北東アジア地域での民間航空機の新造機需要が、2038年までの20年間に機数ベースで1420機、金額ベースでは3150億ドル(約34兆円)になると都内で発表した。  新造機 […]

エアバス、38年までに3万9210機の新造機需要 アジア太平洋で42%
/ 2019年9月19日 15:10 JST

エアバス、38年までに3万9210機の新造機需要 アジア太平洋で42%

 エアバスは現地時間9月18日、2019年から2038年までの20年間の民間航空機市場予測を発表した。今後20年間で航空輸送量は年平均で4.3%ずつ増加し、旅客機と貨物機を合わせた機体数は現在の2万2680機から、203 […]

日韓路線の提供座席、減少止まらず 7月から20%減、230便超運休へ
/ 2019年9月9日 23:54 JST

日韓路線の提供座席、減少止まらず 7月から20%減、230便超運休へ

 日本と韓国の両国関係の悪化に伴い、両国間路線の提供座席の減少が止まらない。韓国の文在寅大統領による法治国家の概念や国際ルールを無視した対日政策などの影響による日韓関係悪化に伴うもので、7月29日の週に26万5714席だ […]

福岡空港のお盆予測、国内49万人 国際線は19万人
/ 2019年8月7日 05:01 JST

福岡空港のお盆予測、国内49万人 国際線は19万人

 福岡空港を運営する福岡国際空港会社は8月6日、お盆期間の利用予測を発表した。旅客数は国内線が49万9000人、国際線が19万700人と予測している。対象期間は8月9日から18日までの10日間。  国内線は出発が これよ […]