カテゴリーのアーカイブ: 需要予測

中部空港、最終赤字179億円 開港以来最大、今期は125億円損失想定
/ 2021年5月14日 23:59 JST

中部空港、最終赤字179億円 開港以来最大、今期は125億円損失想定

 中部空港(セントレア)を運営する中部国際空港会社が5月14日に発表した2021年3月期通期連結決算は、純損益が179億9000万円の赤字(20年3月期は47億4000万円の黒字)となり、2005年の開港以来最大の損失を […]

ANAの21年3月期、過去最大の最終赤字4046億円 今期は35億円黒字想定
/ 2021年4月30日 21:27 JST

ANAの21年3月期、過去最大の最終赤字4046億円 今期は35億円黒字想定

 全日本空輸(ANA/NH)を傘下に持つANAホールディングス(ANAHD、9202)は4月30日、2021年3月期通期の連結最終損益は4046億2400万円の赤字になったと発表した。2003年の連結決算移行後では、過去 […]

中部空港、GWの国際線710人 19年比99.5%減
/ 2021年4月26日 19:15 JST

中部空港、GWの国際線710人 19年比99.5%減

 中部国際空港会社は、中部空港(セントレア)のゴールデンウイークの国際線予約状況を発表した。出入国を合計した予約数は710人で、新型コロナウイルス以前の2019年と比較すると99.5%減となる。対象期間は4月29日から5 […]

GW予約数、大幅な落ち込み続く 国内線予約率「まん延防止」で5割切る
/ 2021年4月23日 21:07 JST

GW予約数、大幅な落ち込み続く 国内線予約率「まん延防止」で5割切る

 全日本空輸(ANA/NH)や日本航空(JAL/JL、9201)、スカイマーク(SKY/BC)など航空10社は4月23日、ゴールデンウイークの予約状況を発表した。対象期間は4月29日から5月5日までの7日間。2020年の […]

仙台空港、22年度黒字化目指す 鳥羽社長「本格的回復は25年度から」
/ 2021年4月21日 09:58 JST

仙台空港、22年度黒字化目指す 鳥羽社長「本格的回復は25年度から」

 仙台空港を運営する仙台国際空港会社(SIAC)の鳥羽明門(あきと)社長は、新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の影響で2020年度(21年3月期)の純損益は16億1700万円の赤字(19年度は4200万円の赤字 […]

ATR、航空需要は回復初期段階 貨物型やSTOL型拡販
/ 2021年3月19日 14:00 JST

ATR、航空需要は回復初期段階 貨物型やSTOL型拡販

 仏のターボプロップ(プロペラ)機メーカーATRは、2021年以降の事業再生計画を現地時間3月17日に発表した。機体の運航効率向上や整備費用削減につながる改善を図るほか、貨物機の販売促進、経年機の機材更新需要などを取り込 […]

新型コロナで退役機年5%以上に ボーイング予測、貨物堅調も777BCF計画なし
/ 2021年2月26日 18:15 JST

新型コロナで退役機年5%以上に ボーイング予測、貨物堅調も777BCF計画なし

 ボーイングは2月26日、新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の影響による世界的な航空需要減少に伴い、1年間に退役する航空機数の割合が通常の年3%程度から5%以上に上昇するとの見通しを明らかにした。世界の航空需要 […]

21年の航空需要、コロナ変異株流行で下振れも IATA予測、成長率を下方修正
/ 2021年2月4日 14:15 JST

21年の航空需要、コロナ変異株流行で下振れも IATA予測、成長率を下方修正

 IATA(国際航空運送協会)は現地時間2月3日、2021年の航空需要が新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の変異株流行などにより、2020年と比較し13%の増加にとどまるとの悲観的なシナリオを発表した。IATA […]