エアライン — 2020年2月14日 12:32 JST

ジェットスター・ジャパン、成田-香港も一時運休

By
  • 共有する:
  • Print This Post

 ジェットスター・ジャパン(JJP/GK)は2月14日、成田-香港線を15日の運航を最後に一時運休すると発表した。新型コロナウイルスの感染拡大に伴う渡航制限や、旅行需要の減少によるもので、夏ダイヤが始まる3月29日の再開を予定している。

成田-香港線を一時運休するジェットスター・ジャパン=PHOTO: Tadayuki YOSHIKAWA/Aviation Wire

 香港発は2月16日が最終便で、3月30日からの再開を予定する。期間中は35往復70便が運休となり、同社では全額払戻やバウチャーでの払戻などで対応するとしている。

 ジェットスターの香港線は、成田線のほか関西線も運航している。関空線は市民デモの活発化などで需要が減少したことから、1月9日から3月27日の期間中の一部便で運休を発表済み(関連記事)。2月14日以降は16日と20日、21日の計4日間運航し、22日以降は計画どおり運休する。

 航空各社はウイルス拡大による需要減少で、中国本土路線のほか、香港線も一部運休・減便している。ピーチ・アビエーション(APJ/MM)は那覇-香港線を一時運休し、関西-香港線を減便する。

対象便の運航スケジュール
GK23 成田(20:40)→香港(翌日01:10)運休:2月23日から3月28日
GK20 香港(02:10)→成田(07:10)運休:2月24日から3月29日

関連リンク
ジェットスター・ジャパン

ジェットスターの中国・香港線
ジェットスター・ジャパン、成田-上海一時運休 ウイルス拡大、3月再開へ(20年2月4日)
ジェットスター・ジャパン、関空-香港一部運休 20年1月から3月、20日間40便(19年12月6日)

航空各社で運休発生
ANA、中国・香港便の運休さらに拡大 半数以下の週85往復に(20年2月13日)
ピーチ、那覇-香港3月まで運休 関空は減便(20年2月12日)
関空、中国便6割超の401便欠航 10日から1週間で(20年2月11日)
キャセイ、新型コロナウイルスで大幅減便 日本路線も対象(020年2月10日)
JAL、中国夜間駐機便を期間運休 中国滞在者の入国制限で(20年2月6日)
ANA、中国便の運休拡大 計画半減し週81往復に(20年2月6日)
ピーチ、上海一時運休 関空・羽田、3月まで(20年2月5日)
関空、中国便4割欠航 3日から1週間で(20年2月4日)
ANAとJAL、中国一部運休・減便 3月まで(20年2月4日)
湖北省滞在歴ある外国人の入国禁止 ANAとJALは中国便運休検討(20年2月1日)
JALの2月中国予約、10日間で25%キャンセル 3月は20%減(20年1月31日)
ANAの中国発2月予約、昨年の半分に 日本発も4割減(20年1月30日)
ANA、成田-武漢線の欠航継続 3月1日まで(20年1月30日)
武漢チャーター機、羽田2タミサテライト”貸切”で感染防ぐ 普段は国内線用(20年1月29日)