エアバス, エアライン, 機体, 空港, 解説・コラム — 2020年10月25日 14:00 JST

ピーチ、A320neo就航 燃費2割改善、リクライニング済みシート

By
  • 共有する:
  • Print This Post

 ピーチ・アビエーション(APJ/MM)は冬ダイヤ初日の10月25日、次世代機となるエアバスA320neoの初号機(登録記号JA201P)を就航させた。初便は関西発札幌(新千歳)行きMM103便で、乗客145人(幼児1人含む)を乗せて関西空港を午前9時42分に出発し、午前11時26分に新千歳空港へ到着した。国内LCCがA320neoを運航するのは初めてで、エンジンも国内の航空会社では初めてCFMインターナショナル製「LEAP-1A」を採用した。

関西空港を出発するピーチのA320neo初便の札幌行きMM103便。エンジンはファンが大型化したLEAP-1A=20年10月25日 PHOTO: Daigo TAKENOBU/Aviation Wire

 ピーチのA320neoは、座席数が1クラス188席。ラバトリー(化粧室)とギャレー(厨房設備)の配置を見直すことで客室後部スペースを有効活用するエアバスの客室レイアウトオプション「Space-Flex」を採用したことで、既存のA320ceo(従来型A320)と同等のシートピッチの28インチ(71センチ)を維持しつつ、座席番号31列目6席と32列目2席の計8席を増やした。25日の時点では、増席分は発売していなかった。

 シートは、背もたれが15度倒れた状態で固定された独レカロ製SL3510「プレリクライニングシート」を採用。SL3510は、2019年3月に就航したA320ceoの24号機(JA824P)から採用している。また、座席番号の表示はサイズを大きくして立体化することで、視認性を高めている。

ギャレーとラバトリーの配置を見直したことで従来と同じシートピッチで後方に8席増やしたピーチのA320neo。写真は右から30列目と増席分の31列目、32列目=20年10月25日 PHOTO: Tadayuki YOSHIKAWA/Aviation Wire

ピーチのA320neoと従来機A320ceoのシートマップ(同社資料から)

 A320neoファミリーのエンジンは、LEAP-1Aと米プラット・アンド・ホイットニー(PW)製「PW1100G-JM」の2機種から選べるが、ピーチのA320neo初号機は、LEAP-1Aを選定している。国内の航空会社では初採用した。A320neoは従来のA320ceoと比べて最大約20%燃費が向上するが、そのうち15%はLEAP-1Aによる改善となる。

 航続距離も伸び、従来のA320ceoの2120海里(3926キロ)からA320neoは2730海里(5056キロ)に伸びた。関空を起点とした場合、A320ceoは中国やフィリピンまでの飛行距離だったが、シンガポールなどへ飛べるようになる。また、滑走路オーバーラン防止装置「ROPS」を新たに装備し、安全性が向上した。

 ピーチは2016年11月にA320neoを10機発注し、2018年7月にうち2機をA321LRに変更。2019年1月29日には、ピーチの親会社であるANAホールディングス(ANAHD、9202)がA320neoを18機発注すると発表した。その後の発注変更などを経て、現在の発注数はA320neoが28機、中距離国際線などに投入予定のA321LRが6機となっている。今回のA320neo就航で、機材数は32機となった。

 初日の25日は西発札幌行きMM103便の後、札幌発仙台行きMM414便、仙台発関西行きMM136便に投入する。

関西空港で出発を待つピーチのA320neo初便の札幌行きMM103便に搭乗する乗客=20年10月25日 PHOTO: Tadayuki YOSHIKAWA/Aviation Wire

関西空港を出発するピーチのA320neo初便の札幌行きMM103便=20年10月25日 PHOTO: Daigo TAKENOBU/Aviation Wire

新千歳空港へ向かうピーチのA320neo初便の関空発MM103便=20年10月25日 PHOTO: Tadayuki YOSHIKAWA/Aviation Wire

新千歳空港へ向かうA320neo初便の関空発MM103便で機内販売を準備するピーチの客室乗務員=20年10月25日 PHOTO: Tadayuki YOSHIKAWA/Aviation Wire

新千歳空港へ向かうA320neo初便の関空発MM103便で機内販売するピーチの客室乗務員=20年10月25日 PHOTO: Tadayuki YOSHIKAWA/Aviation Wire

新千歳空港へ向かうA320neo初便の関空発MM103便で機内販売を終えてカートをギャレーに収納するピーチの客室乗務員=20年10月25日 PHOTO: Tadayuki YOSHIKAWA/Aviation Wire

新千歳空港へ向かうA320neo初便の関空発MM103便のギャレーで打ち合わせをするピーチの客室乗務員=20年10月25日 PHOTO: Tadayuki YOSHIKAWA/Aviation Wire

ギャレーとラバトリーの配置を見直したことで従来と同じシートピッチで後方に8席増やしたピーチのA320neo=20年10月25日 PHOTO: Tadayuki YOSHIKAWA/Aviation Wire

新千歳空港へ向かうピーチのA320neo初便の関空発MM103便=20年10月25日 PHOTO: Tadayuki YOSHIKAWA/Aviation Wire

新千歳空港から仙台へ向かうピーチのA320neo=20年10月25日 PHOTO: Tadayuki YOSHIKAWA/Aviation Wire

新千歳空港を離陸し仙台へ向かうピーチのA320neo=20年10月25日 PHOTO: Tadayuki YOSHIKAWA/Aviation Wire

関連リンク
ピーチ・アビエーション
Airbus
CFM International
AeroEdge

A320neoお披露目
ピーチ、A320neoお披露目 座席間隔そのまま8席増、燃費2割改善(20年10月16日)
国内初採用エンジンLEAP 写真特集・ピーチA320neo初号機(20年10月24日)

プレリクライニングシート
リクライニング済みで座り心地最適化 写真特集・ピーチ初シャークレットA320(19年4月15日)
ピーチ、レカロのリクライニング済み新シート 19年導入(18年4月12日)

A320neo
ピーチのA320neo、10月25日就航へ リクライニング済みシート188席(20年10月1日)
ピーチのA320neo初号機、関空に到着 10月就航へ(20年9月29日)
ピーチ、A320neoとA321LR用エンジンにCFM製LEAP-1A採用 20年度から(19年6月17日)
ピーチ、リクライニング済みレカロシート公開 初シャークレット付きA320(19年3月23日)
ピーチ、A320neoを18機追加導入 21年度から既存機更新(19年1月29日)
ピーチ、A320neo導入 19年から10機、将来100機体制に(16年11月18日)