MRJ, 機体 — 2019年3月27日 12:57 JST

MRJ、FAAのTC飛行試験開始へ 3号機で慣熟飛行

By
  • 共有する:
  • Print This Post

 リージョナルジェット機「MRJ」を開発中の三菱航空機は3月27日、FAA(米国連邦航空局)によるTC飛行試験(型式証明飛行試験)開始に向け、認可書(LOA:Letter of Authorization)をFAAから取得したと発表した。

昨年のファンボロー航空ショーで飛行展示を披露するMRJの飛行試験3号機=18年7月18日 PHOTO: Tadayuki YOSHIKAWA/Aviation Wire

 三菱航空機の親会社である三菱重工業(7011)によると、LOAは3月14日付で取得。米国の飛行試験拠点であるモーゼスレイクで飛行試験3号機(登録記号JA23MJ)を使い、FAAのパイロットが慣熟飛行を18日の週に2回行ったという。

 TC飛行試験は、機体の安全性を証明する「型式証明(TC)」をMRJが各国の航空当局から取得するためのもの。すでに製造国である日本の国土交通省航空局(JCAB)からは、2018年12月21日に「飛行試験確認書」を受領し、3月3日に国交省による初のTC飛行試験を実施している。

 MRJの納期は、5度の納入延期により現時点では2020年半ばを目指している。

関連リンク
Federal Aviation Administration
三菱航空機
三菱重工業

MRJ進捗
MRJ、TC飛行試験開始 4号機で(19年3月4日)
MRJのTC飛行試験遅延、ANAHD片野坂社長「機材計画の調整考えていない」(19年2月27日)
宮永社長「前任者の責任」 特集・会長直轄で難局乗り切るMRJ(19年2月8日)
三菱重工、新社長に泉澤常務が昇格 宮永社長は会長に、MRJ当面主導(19年2月7日)
MRJ、1月下旬からTC飛行試験 エンジンから確認(18年12月21日)
三菱航空機、1700億円増資 三菱重工が債権放棄 MRJ開発専念(18年12月7日)
三菱重工、MRJの社長直轄委員会を設置 納期変更せず(16年11月30日)

ファンボロー初日の飛行展示
MRJ、ファンボロー航空ショーで初の飛行展示 宮永社長「強い競争力ある」(18年7月17日)
静かに舞い、静粛性アピール 写真特集・MRJ初のファンボロー飛行展示(18年7月17日)
大型画面に計器集約 写真特集・ファンボロー舞ったMRJのコックピット(18年7月21日)
「静かさアピールした」安村機長に聞くMRJ初のファンボロー飛行展示(18年7月21日)

パリは内装展示を
「パリではMRJの内装展示を」三菱航空機・水谷社長インタビュー(18年7月24日)

モーゼスレイクで飛行試験
MRJ、米モーゼスレイクで飛行試験初公開 ファンボロー航空ショーにはANA塗装機(18年6月28日)

  • 共有する:
  • Facebook
  • Twitter
  • Print This Post