MRJ, 官公庁, 機体 — 2018年12月21日 23:59 JST

MRJ、1月下旬からTC飛行試験 エンジンから確認

By
  • 共有する:
  • Print This Post

 リージョナルジェット機「MRJ」を開発中の三菱航空機は12月21日、国土交通省航空局(JCAB)から「飛行試験確認書」を受領したと発表した。これにより、JCABのパイロットが機体の安全性などを審査する、TC飛行試験(型式証明飛行試験)を開始できるようになった。JCABによると、2019年1月下旬ごろに、MRJの米国での飛行試験拠点であるモーゼスレイクで実施を予定しているという。

1月からモーゼスレイクでTC飛行試験が始まるMRJ=PHOTO: Tadayuki YOSHIKAWA/Aviation Wire

 MRJは、社内飛行試験を実施しているMRJ90(標準座席数88席)と、短胴型のMRJ70(76席)の2機種で構成。今回TC飛行試験を実施するのはMRJ90で、JCABでは第1弾として、エンジンの空中での再始動やAPU(補助動力装置)の機能確認などを確認する。その後も準備が整った試験項目から、TC飛行試験を実施し、安全性や信頼性、環境基準に対する適合などを検証していく。

 三菱航空機の水谷和久社長は、19日に開いた会見でTC飛行試験について、「すぐに始められる体制だが、何月とは申し上げられない」と、JCAB側の判断次第との見方を示していた。

 MRJの納期開始は、5度の納入延期により2020年半ばを目指す。当初は2013年だったが、その後2014年4-6月期、2015年度の半ば以降、2017年4-6月期、2018年中ごろとずれ込んでいった。エンジンは米プラット&ホイットニー(PW)が開発した「PW1200G」を採用しており、低燃費や低騒音を売りにしている。

関連リンク
三菱航空機
三菱重工業

三菱重工が支援
三菱航空機、1700億円増資 三菱重工が債権放棄 MRJ開発専念(18年12月7日)

ボンバルディアが提訴
三菱航空機、ボンバルディア提訴却下申し立て 「MRJ開発阻害が意図」と批判(18年12月21日)
三菱重工と三菱航空機「根拠ない」 ボンバルディア提訴に反論(18年10月22日)
ボンバルディア、三菱航空機を提訴 MRJ型式証明で(18年10月22日)

MRJ:ファンボロー初日の飛行展示
MRJ、ファンボロー航空ショーで初の飛行展示 宮永社長「強い競争力ある」(18年7月17日)
静かに舞い、静粛性アピール 写真特集・MRJ初のファンボロー飛行展示(18年7月17日)
「静かさアピールした」安村機長に聞くMRJ初のファンボロー飛行展示(18年7月21日)

MRJのコックピット
大型画面に計器集約 写真特集・ファンボロー舞ったMRJのコックピット(18年7月21日)

MRJ:パリは内装展示を
「パリではMRJの内装展示を」三菱航空機・水谷社長インタビュー(18年7月24日)

MRJ:モーゼスレイクで飛行試験
MRJ、米モーゼスレイクで飛行試験初公開 ファンボロー航空ショーにはANA塗装機(18年6月28日)