MRJ, 機体 — 2018年10月22日 22:40 JST

三菱重工と三菱航空機「根拠ない」 ボンバルディア提訴に反論

By
  • 共有する:
  • Print This Post

 三菱重工業(7011)と子会社でリージョナルジェット機「MRJ」を開発する三菱航空機は10月22日夜、カナダのボンバルディアが三菱航空機を提訴したことについて、「先方の主張には根拠がない」との声明を発表し、全面的に争う姿勢を示した。

ボンバルディアの提訴に対し反論する三菱航空機。写真はモーゼスレイクで飛行試験を行うMRJの飛行試験初号機=18年6月 PHOTO: Tadayuki YOSHIKAWA/Aviation Wire

 ボンバルディアは現地時間10月19日に、三菱航空機を米ワシントン州シアトルの連邦地裁に提訴。三菱航空機がボンバルディアの機密情報を入手するため、小型旅客機Cシリーズ(現エアバスA220)の開発に携わった社員らを雇用し、情報を不正利用したと訴えた。

 これに対し三菱航空機は、「訴訟は根拠がなく、当社の競争力の高い製品への挑戦であり、ボンバルディアによるグローバルな競合への阻害行為」と批判した。

 地元紙シアトル・タイムズなどの報道によると、機体の安全性を航空当局が証明する「型式証明」の取得に向け、三菱航空機と協力会社の米エアロテックがCシリーズの開発に携わった元社員らを雇用し、TCCA(カナダ航空局)とFAA(米国連邦航空局)の型式証明に関する機密文書とデータを不正流用したとの主張を報じている。

 三菱重工は、「訴訟によりMRJプログラムの進捗に支障が生じることのないよう、グループ全体で支援していく」とコメントした。

関連リンク
Commercial Aircraft(Bombardier)
三菱航空機
三菱重工業

ボンバルディアが提訴
ボンバルディア、三菱航空機を提訴 MRJ型式証明で(18年10月22日)

Cシリーズとは
A220ってどんな機体? 特集・エアバス機になったCシリーズ(18年7月11日)

写真特集・A220-300お披露目
2席+3席でゆとりある客室(18年7月15日)

CシリーズからA220へ
エアバス、A220発表 Cシリーズを改称(18年7月10日)
エアバス、Cシリーズ事業会社買収 ボンバルディアや州政府から(18年7月2日)

MRJ:ファンボロー初日の飛行展示
MRJ、ファンボロー航空ショーで初の飛行展示 宮永社長「強い競争力ある」(18年7月17日)
静かに舞い、静粛性アピール 写真特集・MRJ初のファンボロー飛行展示(18年7月17日)
「静かさアピールした」安村機長に聞くMRJ初のファンボロー飛行展示(18年7月21日)

MRJのコックピット
大型画面に計器集約 写真特集・ファンボロー舞ったMRJのコックピット(18年7月21日)

MRJ:パリは内装展示を
「パリではMRJの内装展示を」三菱航空機・水谷社長インタビュー(18年7月24日)

エンブラエルの動向
E190-E2、羽田に初飛来 MRJ最大のライバル、静かに着陸(18年10月15日)
エンブラエル、E190-E2初のメディアフライト MRJ最大のライバル、ファンボロー開幕前に(18年7月16日)
ボーイングとエンブラエル、民間機の合弁会社設立へ MRJさらなる苦戦も(18年7月6日)
E190-E2就航 ヴィデロー航空、世界初の定期便(18年4月25日)