ボーイング, 官公庁, 機体 — 2019年2月9日 16:42 JST

次期政府専用機、米アンドリュース基地とチューリッヒで海外訓練

By
  • 共有する:
  • Print This Post

 航空自衛隊は、2019年度に導入予定の次期政府専用機「B-777」の海外訓練を、2月12日から16日まで米アンドリュース統合基地などで実施する。

米国とスイスで海外訓練を実施する次期政府専用機=PHOTO: Tadayuki YOSHIKAWA/Aviation Wire

 空自によると、4月からの任務運航開始に備え、海外での任務遂行能力の向上が目的。訓練で使用する機材は次期政府専用機1機で、航空支援集団などの隊員37人が参加し、日本側の発着空港は羽田となる。アンドリュース基地のほか、スイスのチューリッヒ空港でも訓練を実施する。

 次期政府専用機は、民間機のボーイング777-300ER型機を改修した機体で、初号機(機体番号80-1111)が2018年8月17日にスイスのバーゼルから千歳基地へ到着した。9月26日に初の飛行訓練を千歳で実施しており、10月20日には羽田空港で現在の政府専用機(747-400、20-1101)と初めて並び、安倍首相が機内を視察。2号機(80-1112)は12月11日に千歳へ到着している。

 初の海外訓練は、11月に豪シドニーのキングスフォード・スミス国際空港で行われた。今年1月には、シンガポールのチャンギ国際空港、南アフリカ共和国・ダーバンのキング・シャカ国際空港、アラブ首長国連邦・アブダビのアル・ダフラ空軍基地、スウェーデン・ストックホルムのアーランダ空港でも訓練を実施している。

関連リンク
防衛省
航空自衛隊
特別航空輸送隊
Boeing
ボーイング・ジャパン

747-8やA350ではなくなぜ777-300ER?
なぜ次期政府専用機は777-300ERが選ばれたのか(18年8月19日)

写真特集・羽田に並ぶ新旧政府専用機
日章旗掲げた747と並ぶ777(18年10月20日)

2号機到着
次期政府専用機、2号機が千歳到着(18年12月11日)
雪景色広がる千歳にランディング 写真特集・次期政府専用機2号機到着(18年12月11日)

次期政府専用機
次期政府専用機、成田に初飛来(18年11月27日)
次期政府専用機、安倍首相が羽田で視察 新旧並ぶ(18年10月20日)
次期政府専用機、初の飛行訓練(18年9月26日)
次期政府専用機、千歳基地に到着 19年度の運用向け訓練本格化(18年8月17日)
次期政府専用機、ANAで自衛官初訓練 777モックアップで(17年5月15日)
政府専用機、新デザイン決定(15年4月28日)
次期政府専用機、777-300ERに正式決定 ANAが整備教育(14年8月12日)
政府専用機、777-300ERが最有力 777-9Xは間に合わず(14年5月14日)

写真特集・タッチアンドゴー繰り返す次期政府専用機
自衛隊機として初の飛行訓練(18年9月26日)

写真特集・次期政府専用機が千歳到着
白地に赤い曲線(18年8月17日)

  • 共有する:
  • Facebook
  • Twitter
  • Print This Post