エアライン — 2022年3月22日 19:20 JST

エールフランス、羽田4月末まで運休継続 成田増便、週4往復に

By
  • 共有する:
  • Print This Post

 エールフランス航空(AFR/AF)は、現地時間3月27日に始まる夏ダイヤの日本3路線の計画を発表した。パリ-成田線を週4往復に増便する一方、運休中のパリ-羽田線は4月末まで運休を継続する。パリ-関西線を含め運航する2路線はロシアを迂回(うかい)し、通常よりも最大で3時間近く長くなる。

羽田-パリ線を4月末まで運休するエールフランス航空=21年6月21日 PHOTO: Yusuke KOHASE/Aviation Wire

 26日に終了する現在の冬ダイヤでは、パリ-成田線は週3往復を運航。成田行きAF276便のパリ発は月曜と木曜、土曜、パリ行きAF275便の成田発は火曜と金曜、日曜に設定している。夏ダイヤのうち、今回発表した4月30日までは週4往復に増便する。運航曜日は期間により異なる。

 夏ダイヤのパリ-関西線は、冬ダイヤ同様週3往復を継続。運航曜日も変わらず、関空行きAF292便のパリ発は水曜と金曜、日曜、パリ行きAF291便の関空発は月曜と木曜、土曜に運航する。

 運航する2路線は、ロシア領空を迂回するルートを選択。パリ離陸後は東へ進み、セルビアやブルガリア、黒海上空を通過し、カザフスタンや中国の領空を飛行する。飛行時間は最も長い成田発パリ行きAF275便が約16時間で、約13時間だった従来と比べると3時間近く長くなる。

 2月1日から運休しているパリ-羽田線は、4月30日まで運休する。

運航スケジュール(3/28-4/30)
パリ→成田
AF276 パリ(12:05)→成田(翌日08:25)運航日:3/28から4/4の月火木金
AF276 パリ(10:35)→成田(翌日06:55)運航日:4/7から30の月木金土
*4/19は運航、4/22は運休

成田→パリ
AF275 成田(10:35)→パリ(19:45)運航日:3/29から4/5の火水金土
AF275 成田(09:05)→パリ(18:15)運航日:4/8から30の火金土日
*4/20は運航、4/23は運休

パリ→関西
AF292 パリ(12:40)→関西(翌日08:50)運航日:3/30から4/3の水金日
AF292 パリ(12:10)→関西(翌日08:20)運航日:4/6から29の水金日

関西→パリ
AF291 関西(10:35)→パリ(19:05)運航日:3/31から4/4の月木土
AF291 関西(10:05)→パリ(18:35)運航日:4/7から30の月木土

関連リンク
エールフランス航空

KLMはソウル経由
KLMオランダ航空、5/22まで日本2路線ソウル経由 ロシア迂回で時間調整(22年3月22日)

エールフランス
エールフランス、日本路線でロシア迂回ルート KLMは一時運休(22年3月2日)
エールフランス、日本3路線週11往復 KLMは2路線週7往復、5月末まで(22年1月26日)
エールフランス、A350が羽田就航(21年8月12日)
エールフランス、羽田-パリ再開 787で週3往復、7月増便も(21年6月21日)
エールフランス、夏の座席供給量19年比65%まで回復 羽田も再開(21年6月21日)

ロシア迂回ルート解説
JALとANAどう飛ぶロシア迂回ルート アンカレッジ寄らない北回り、イスタンブール通過の南回り(22年3月5日)

ロシア関連
フィンエアー、関空4月末まで運休 上海・ソウル間もなく再開(22年3月8日)
アエロフロート・ロシア航空、国際線全便運休 3/8から(22年3月6日)
世界最大の航空機An-225、現地で大破報道(22年3月4日)
フィンエアー、成田3/9再開へ ロシア迂回で週4往復、飛行時間13時間に(22年3月3日)
EU、ロシア機の乗り入れ禁止 日欧各社も影響(22年2月28日)
世界最大の飛行機An-225破壊 ウクライナ政府「ムリーヤは決して滅びない」(22年2月28日)

JAL欧州路線
JAL欧州便、ロンドン線3/26まで継続 北回りで16時間(22年3月15日)
JAL欧州便、ロンドンのみ3/16まで運航決定 北回りでロシア迂回(22年3月10日)
JAL、3月のモスクワ線欠航(22年3月10日)
JAL、ロンドン線は北回り直行便で継続 BA欧州便に乗継(22年3月4日)
JAL、モスクワ線の販売当面停止 日系唯一のロシア便(22年3月3日)

ANA欧州路線
ANA、ウィーン経由初便出発 18時間かけフランクフルトへ(22年3月18日)
ANA、成田-ブリュッセル全便運航 27日から31日、羽田-フランクフルトは調整中(22年3月17日)
ANA、フランクフルト行きをウィーン経由に 途中給油で搭載量確保、18時間超(22年3月11日)
ANA、羽田-ロンドン・パリ15日まで欠航 欧州発関空・中部行き臨時便は運航(22年3月7日)