ボーイング, 機体 — 2020年7月30日 12:40 JST

747、2022年生産完了 737MAXは10-12月期納入再開

By
  • 共有する:
  • Print This Post

 ボーイングは現地時間7月29日、ジャンボの愛称で親しまれた747型機を2022年に生産完了することを明らかにした。1便当たりの機材小型化が進んだことなどによるもの。一方、納入停止が続いている737MAXは10-12月期(第4四半期)の納入再開を予定している。

22年に生産を終了する747=PHOTO: Ed Turner/Boeing

 ボーイングのデビッド・カルフーン社長兼CEO(最高経営責任者)は747について、現行の月産レートを維持するとした上で、「2022年に生産を完了すると予想している」と述べた。

 737 MAXは2件の墜落事故が発生したことにより、現在も納入停止が続いている。納入再開は10-12月期を見込み、生産済みで保管中の450機については、1年間で大部分を引き渡すと想定している。

 777と開発中の大型機777Xの月産レートは、現在の月産3機から2機に削減。777Xの納入開始は、従来の2021年から2022年に延期する。

 787の月産レートも削減する。現在は月産10機で、2022年までに月産7機に段階的な削減を計画していた。現在は月産7機を下回っていることから、2021年に月産6機に引き下げる。

 ボーイングは7月29日に発表した2020年4-6月期(第2四半期)決算で、純損益が23億9500万ドル(約2500億円)の赤字(前年同期は29億4200万ドルの赤字)となった。四半期ベースでの最終赤字は2019年10-12月期から3四半期連続となるなど、苦しい状況が続いている。

関連リンク
Boeing
ボーイング・ジャパン

20年4-6月期決算
ボーイング、最終赤字23億9500万ドル 民間機は追加減産、20年4-6月期(20年7月30日)

各社で退役が進む747
カンタス航空の747、カンガルー描きラストフライト QF7474便(20年7月23日)
BA、747全機退役 新型コロナで運休のまま姿消す(20年7月17日)
ヴァージン、747全機退役 A350-1000に置き換え(20年5月7日)
デルタ航空の747、12月退役 最終便はソウル発デトロイト行き(17年11月15日)
ユナイテッド航空、ジャンボ退役 ホノルル行きが最終便(17年11月9日)
ガルーダ・インドネシア航空、747-400退役 23年間に幕(17年10月11日)
エバー航空、747旅客型退役へ 21日に最終便(17年8月9日)
キャセイパシフィック航空の退役747-400、社員乗せチャリティーフライト(16年10月8日)
キャセイパシフィック航空、羽田からジャンボ最終便出発 747-400退役(16年10月1日)
KLMオランダ航空、成田からジャンボ最終便 翼振り日本に別れ(16年9月3日)
エールフランスの747、14日退役(16年1月8日)
ANA最後のジャンボ、JA8961離日 747姿消す(14年4月16日)
ANAの747ジャンボ、虹をくぐりラストフライト終える(14年3月31日)

777MAX
FAA、737MAXの飛行試験終了(20年7月2日)
FAA、737MAXの飛行試験開始(20年7月1日)
737MAX、生産再開 5カ月ぶり(20年5月28日)
737 MAX、今年半ば運航再開目指す ボーイングが声明(20年1月22日)
737MAX、1月から一時生産停止 400機保管中(19年12月17日)

777X
777X、2号機も初飛行 21年納入開始(20年5月1日)
ボーイング、777Xの初飛行成功 21年から納入、ANAも発注(20年1月26日)

787
ボーイング、787再減産 月産7機に半減(20年4月30日)

A380も生産完了へ
A380最終号機の機首がトゥールーズ到着 2021年生産完了、エミレーツ向け(20年6月26日)

  • 共有する:
  • Facebook
  • Twitter
  • Print This Post