ボーイング, 官公庁, 機体 — 2020年7月29日 11:24 JST

ボーイングと三菱重工、F-15Jを近代化改修 F-15EXの最新コックピット採用

By
  • 共有する:
  • Print This Post

 ボーイングと三菱重工業(7011)は7月29日、航空自衛隊が運用するF-15J戦闘機の近代化改修に向けた契約をこのほど結んだと発表した。防衛省が2020年度予算で2機分の費用390億円を計上しており、スタンド・オフ・ミサイルの搭載や搭載弾薬数の増加、電子戦の能力向上などの改修を行う。

近代化改修したF-15Jのイメージイラスト(ボーイング提供)

 米国政府が2019年10月に発表したF-15の近代化改修プログラムに基づくもので、兵装強化に加えて最新鋭のミッションコンピューターを採用したコックピットへの改修なども行う。ボーイングは米空軍と老朽化したF-15C/Dの後継機として、最新複座戦闘機のF-15EXを納入する契約を結んでおり、F-15JのコックピットはF-15EXと同じデジタルコックピットに改修される(関連記事)。

 ボーイングは2機のF-15Jを改修する上で必要な図面や地上支援機器、技術資料などを三菱重工に提供する。三菱重工は、1980年から2000年まで200機以上のF-15Jをライセンス生産しており、今回の改修の主契約者となる。

 ボーイングによると、2022年から最大98機を改修するという。

*F-15EXの詳細はこちら

大型ディスプレイを採用したF-15EXがAdvanced F-15と呼ばれていたころのシミュレーター(ボーイング提供)

関連リンク
Boeing
ボーイング・ジャパン
三菱重工業
防衛省
航空自衛隊

ボーイングの軍用機
F-15EX、コックピットは大画面採用 空自にも能力向上提案(20年7月19日)
最新練習機T-7、ライセンス生産前向き 23年初納入目指す(20年7月16日)
哨戒機P-8のいま 各国で導入、米海軍は102機に(20年7月28日)

自衛隊機
高さ4mの貨物室公開 写真特集・7割国産のC-2輸送機、パリ航空ショー初参加(20年6月23日)
国産最大のC-2輸送機、パリ航空ショー初参加 P-1と並ぶ(19年6月16日)
F-35Aは1機116億円 防衛省、中期防の単価初公表(19年1月9日)
P-1、パリ航空ショー終え離陸 自衛隊機初の出展(17年6月23日)
国産最大の航空機、空自へ 写真特集・川崎重工C-2量産初号機(16年7月3日)
川崎重工、空自に新型輸送機C-2納入 43年ぶり、最大の国産機(16年6月30日)