MRJ, 機体 — 2019年5月15日 06:01 JST

米国三菱航空機、新本社オープン

By
  • 共有する:
  • Print This Post

 リージョナルジェット機「MRJ」を開発する三菱航空機のグループ会社米国三菱航空機は現地時間5月10日、新本社の開設式をワシントン州レントンで開いた。

米国三菱航空機の新本社開設式(三菱航空機提供)

 新本社は、設計や販売、マーケティング、カスタマーサポートなど、主にMRJの開発業務を担当するグローバルチームのメンバーが勤務。三菱航空機では、北米のリージョナル機市場が現在就航中の1800機を上回る規模に成長する可能性があるとして、米国三菱航空機の体制を強化する。

 MRJは現在、米国の開発拠点であるワシントン州モーゼスレイクのグラント郡国際空港を拠点に、機体の安全性を証明する「型式証明(TC)」を国土交通省航空局(JCAB)から取得するため、飛行試験を実施している。初号機の引き渡しはこれまで通り、2020年半ばを予定している。

関連リンク
三菱航空機
三菱重工業

MRJ進捗
MRJ、パリ航空ショー未出展も 水谷社長「TC取得が最優先」(19年4月16日)
MRJ、FAAのTC飛行試験開始へ 3号機で慣熟飛行(19年3月27日)
MRJ、TC飛行試験開始 4号機で(19年3月4日)
MRJのTC飛行試験遅延、ANAHD片野坂社長「機材計画の調整考えていない」(19年2月27日)
宮永社長「前任者の責任」 特集・会長直轄で難局乗り切るMRJ(19年2月8日)
三菱重工、新社長に泉澤常務が昇格 宮永社長は会長に、MRJ当面主導(19年2月7日)
MRJ、1月下旬からTC飛行試験 エンジンから確認(18年12月21日)
三菱航空機、1700億円増資 三菱重工が債権放棄 MRJ開発専念(18年12月7日)
三菱重工、MRJの社長直轄委員会を設置 納期変更せず(16年11月30日)

18年ファンボロー初日の飛行展示
MRJ、ファンボロー航空ショーで初の飛行展示 宮永社長「強い競争力ある」(18年7月17日)
静かに舞い、静粛性アピール 写真特集・MRJ初のファンボロー飛行展示(18年7月17日)
「静かさアピールした」安村機長に聞くMRJ初のファンボロー飛行展示(18年7月21日)

MRJのコックピット
大型画面に計器集約 写真特集・ファンボロー舞ったMRJのコックピット(18年7月21日)

17年パリ航空ショーの地上展示
三菱航空機、MRJパリ航空ショー到着動画公開 塗装工程も(17年6月26日)
MRJ、パリ航空ショー初出展終え離陸(17年6月22日)
MRJ、試験機の機内公開 水谷社長「将来のビジネスつなげたい」(17年6月20日)
ANA塗装のMRJ、パリ航空ショー初出展 ル・ブルジェ空港で準備進む(17年6月17日)
ANA塗装のMRJ、パリ到着 欧州初上陸、航空ショー初出展へ(17年6月16日)
【スクープ】MRJ、ANA塗装でパリ航空ショー出展へ 3号機塗り替え(17年4月9日)

  • 共有する:
  • Facebook
  • Twitter
  • Print This Post
キーワード: