エアライン, 官公庁, 空港, 解説・コラム — 2018年9月8日 14:55 JST

関空、国交省が復旧プラン 運営会社主導に“見切り”

By
  • 共有する:
  • Print This Post

 国土交通省は9月7日、「関西国際空港の早期復旧等に向けた対策プラン」を航空局(JCAB)を中心にまとめた。関空は2016年4月に民営化され、オリックス(8591)と仏空港運営会社ヴァンシ・エアポートが40%ずつ出資する関西エアポート(KAP)が運営しているが、早期の暫定再開案を打ち出せないKAP経営陣に対し、官邸サイドが“見切り”をつけた形だ。

*14日1タミ再開が正式発表。記事はこちら
*T1運用再開当日の記事はこちら

台風21号の被害で停電し運用再開を待つ関空の第1ターミナル=18年9月7日 PHOTO: Tadayuki YOSHIKAWA/Aviation Wire

—記事の概要—
鉄道は4週間後再開へ
「できない理由しか挙がってこない」
官邸激怒→7日の国内線再開

鉄道は4週間後再開へ

関空を出発する再開初便となったピーチの新潟行きMM143便=18年9月7日 PHOTO: Tadayuki YOSHIKAWA/Aviation Wire

 国の対策プランでは、7日のB滑走路運用再開によるピーチ・アビエーション(APJ/MM)の国内線一部再開、8日の国際線一部再開などに続き、9月中旬を目途に冠水したA滑走路の暫定運用開始を目指す。

 また、復旧までの代替空港として、伊丹や神戸への国際線と国内線の振り替えを検討している。

 タンカー衝突で損傷を受けた連絡橋については、道路は7日午前5時10分から対面通行に切り替え、鉄道もおおむね4週間で運行再開を目指す。

「できない理由しか挙がってこない」

 関空の2017年度の国際線旅客数は、前年度比14%増の2190万1061人と、6年連続で過去最高を更新し、開港以来の年度合計として初めて2000万人を突破した。訪日客も、21%増の1500万6132人で6年連続で前年度を上回り、4年連続で日本人客を上回った。

 首都圏よりアジアに近く、国内外のLCCが数多く就航する関空は、2020年に年間訪日客数4000万人を掲げる政府にとって、戦略的に重要な空港だ。しかしながら、4日の台風21号による被害以降も、KAPから航空各社に十分な説明がなされないなど、復旧対応は十分と言えない状況が続いている。

 また、一日も早い暫定再開を求める政府に対し、KAPからは「できない理由しか挙がってこない」(関係者)との不満が渦巻いていた。

官邸激怒→7日の国内線再開

関西エアポートの山谷社長(右)とムノント副社長=18年9月7日 PHOTO: Tadayuki YOSHIKAWA/Aviation Wire

 運営権売却による空港民営化は、国による発想を超えた、より多くの航空会社による新路線開設や増便、商業施設の充実、顧客満足度の向上などが狙いだ。

 しかし、公共財である空港を預かる以上、災害に対して即時性のある対応力なども、運営者は強く求められる。

 国内線の暫定運用が始まった7日、ヴァンシ出身のエマヌエル・ムノント副社長は「南側は状態が良い」として、第1ターミナルの南側を1週間以内に再開させると語った。

 しかし、航空機の運航再開にこぎつけても、大きな被害を被った連絡橋をどう運用するかなど、利用者のストレスを最小限に抑える施策も打ち出さない限り、しわ寄せが来るのは直接応対する航空会社の社員や、KAPの現場スタッフたちだ。

 オリックス出身の山谷佳之社長は、「大量輸送できる鉄道の早期回復が必要」との認識を示すものの、鉄道再開は早くても4週間後がめど。1タミ南側を再開させた際に、利用者を長時間待たせずに空港外へ送り届ける手段には、言及しなかった。

 安倍晋三首相は6日午前、政府が開いた非常災害対策本部の会合で、関空の国内線7日再開に言及した。「5日深夜、ついに官邸が激怒し、指示が下りてきた」と、別の関係者は明かす。

 山谷社長に、主導権はどちらが握っているのかを記者(私)が尋ねると、「私とエマヌエルが最高責任者だ」と応じた。確かに出資比率が対等であればそうだが、仮に意見が割れた際、どちらが収集するかが明確ではない現状は、スピーディーな復旧対応の足かせになりかねない。

 KAP経営陣による今回の対応から、国は空港民営化を進めるにあたり、商業的な運用能力だけではなく、従来以上に非常時の対応力も、運営者に求めていく必要が増したと言えるだろう。

関連リンク
首相官邸
国土交通省
関西国際空港

関空、1タミ南側とA滑走路再開 北側は21日復旧(18年9月14日)
関空、14日から1タミ南側再開 10日ぶり、ピーチは全便復旧(18年9月13日)
関空連絡橋、橋桁の撤去開始 鉄道は月内再開へ (18年9月12日)
ジェットスター・ジャパン、2タミで関空便再開 14日から1タミへ(18年9月12日)
関空連絡橋、鉄道再開1週間前倒し 12日から橋桁撤去(18年9月11日)
関空、1タミ国際線南側スポット復旧へ A滑走路は排水完了(18年9月11日)
関空、1タミは14日再開へ 南側から暫定運用(18年9月10日)
訪日客の姿なき空の玄関口 写真特集・再開初日の関空(18年9月11日)
関空、国際線も再開 ピーチは9割まで回復(18年9月9日)
関空、りんくうタウン駅から連絡バス(18年9月9日)
ピーチ、国際線も再開へ 8日に香港や台北、上海、ソウルなど(18年9月7日)
関空、国内線から再開 ピーチ新潟行きが初便(18年9月7日)
関空、7日一部再開 ピーチとJAL運航、1タミ・連絡橋は復旧未定(18年9月7日)
空港民営化でサービス低下の皮肉(日経ビジネス連載・17年8月31日)