エアバス, エアライン, 機体, 空港 — 2017年11月21日 23:50 JST

ANA、ホノルル空港にラウンジ新設 A380投入、片野坂社長「ハワイに合わせた機内」

By
  • 共有する:
  • Print This Post

 全日本空輸(ANA/NH)を傘下に持つANAホールディングス(ANAHD、9202)の片野坂真哉社長は11月21日、エアバスA380型機を2019年春から投入するホノルルのダニエル・K・イノウエ国際空港(旧称ホノルル国際空港)にラウンジを新設することを明らかにした。

ホノルルに就航するANAのA380「FLYING HONU」の模型=17年3月 PHOTO: Tadayuki YOSHIKAWA/Aviation Wire

 ANAHDは、総2階建ての超大型機であるA380の新造機を3機購入。2019年春から全機を成田-ホノルル線に就航させる。エンジンはロールス・ロイス製トレント900を選定しており、座席数は500席から600席の間で検討を進めている。塗装は全機が特別塗装となり、「空飛ぶウミガメ」の意味を持つ「FLYING HONU(フライング・ホヌ)」と名付けた。

 片野坂社長はAviation Wireの取材に対し、A380について「環境整備が着実に進んでいる。ファーストやビジネスのほか、ハワイのマーケット特性に合わせた機内のハード面充実を考えている」と語った。

 ホノルルへのA380就航はANAが初めてとなることから、「空港当局も歓迎しており、2階建て対応のPBB(搭乗橋)建設も予定している。我々のラウンジも、新しく開設する準備が進んでいる」と述べた。

 ANAのハワイ路線は、成田-ホノルル線が1日2往復と、羽田-ホノルル線が1日1往復の計3往復。このほかに、北米路線で共同事業(JV)を展開しているユナイテッド航空(UAL/UA)の成田-ホノルル線(1日1往復)とコードシェアを行っている。

 現在ホノルルのラウンジは、ユナイテッドのラウンジ「ユナイテッドクラブ」を使用。旅客数が大幅に増えることから、自社のラウンジを展開する計画だ。

 一方、これまで提携していたハワイアン航空(HAL/HA)は、2018年から日本航空(JAL/JL、9201)との提携に切り替える。この影響について片野坂社長は、「ハワイ島やマウイ島を周遊するお客様もいるので、パートナーをしっかり確保していくのが課題。ボリュームは小さいが、コネクションサービスが課題だ」と語った。

 ホノルルがあるオアフ島について、「日本人の観光のメインの島。JTBやHISも非常に期待感を持たれている」と、A380就航に対して旅行会社から良い反応を得ていることを明らかにした。

関連リンク
全日本空輸

羽田発着枠の配分、ANAHD片野坂社長「格差是正ではなく素直に1枠でも多く」(17年11月22日)
ANA、国内線半数がWiFi対応 平子社長「無料化は検証中」(17年11月22日)

A380導入
ANAのA380、デザインは「空飛ぶウミガメ」 成田-ホノルル19年就航(17年3月6日)
【スクープ】ANA、A380を成田投入へ 羽田就航見送り、ホノルル線(16年10月24日)
エアバス、A380減産へ 18年から月産1機、損益分岐点は到達(16年7月14日)
ANAHD片野坂社長、A380「500から600席で」(16年2月2日)
ANA、A380にファーストクラス 成田・羽田19年春就航へ(16年1月30日)
ANA、A380を3機正式発注 ホノルル線に18年度以降(16年1月29日)
なぜANAはハワイにA380を導入するのか 特集・A380はゲームチェンジャーか(16年1月5日)
ANAがA380導入!? 特集・スカイマーク”官邸主導”再建(後編)(15年8月6日)

JALとハワイアン提携
植木社長「大変厳しい競争になる」 特集・JALとハワイアン強者連合誕生(前編)(17年9月27日)
「破綻のまっただ中。お断りせざるを得なかった」 特集・JALとハワイアン強者連合誕生(後編)(17年9月28日)
JAL、ハワイアン航空と提携 18年3月からコードシェア、特典航空券やマイルも(17年9月26日)