エアバス, エアライン, 機体 — 2016年1月29日 16:10 JST

ANA、A380を3機正式発注 ホノルル線に18年度以降

By
  • 共有する:
  • Facebook
  • Twitter
  • Print This Post

 ANAホールディングス(9202)は1月29日、エアバスの総2階建て超大型機A380を3機発注したと正式発表した。カタログ価格で総額1500億円。2018年度から2019年度に受領する。ANAHDが受領すると、ANAグループが日本では初のA380を運航する航空会社となる。(A380導入の詳細はこちら

ANAが導入するA380=14年7月15日 PHOTO: Tadayuki YOSHIKAWA/Aviation Wire

 首都圏発着のホノルル路線に導入する。ANAHDは導入の理由を「座席あたりのコストを抑え、生産量を拡大する」と説明している。ハワイは日本航空(JAL/JL、9201)の牙城であることから、500席以上の機材で勝負に出る。

 エアバスの発表によると、初号機の引き渡しは2019年を予定。エンジンはロールス・ロイス製トレント900を採用した。

 エアバスが現地時間1月12日に発表した受注実績によると、公表を望まない匿名顧客1者からA380を3機受注。昨年12月16日付の発注となっていた。

 今回の契約で2年近く発注がないA380が、久々に受注を獲得した。一方、2015年はA380のキャンセルが別途1機発生しており、キャンセル分を差し引いたA380の年間純受注は2機(前年は13機)にとどまっている。

 A380はファーストとビジネス、エコノミーの3クラス構成で500席程度の座席数となる。昨年11月には、エミレーツ航空(UAE/EK)が2クラス615席仕様(ビジネス58席、エコノミー557席)の機体を公開している。

関連リンク
Airbus
エアバス・ジャパン
ANAホールディングス
全日本空輸

ANAHD片野坂社長、A380「500から600席で」(16年2月2日)
ANA、A380にファーストクラス 成田・羽田19年春就航へ(16年1月30日)
ANA、A380を3機発注 1月末に正式発表(16年1月13日)
なぜANAはハワイにA380を導入するのか 特集・A380はゲームチェンジャーか(16年1月5日)
ANAがA380導入!? 特集・スカイマーク”官邸主導”再建(後編)(15年8月6日)
[雑誌]「難物旅客機を導入する ANAの危うい皮算用」週刊東洋経済16年1月30日号(16年1月25日)

【お知らせ】
エアバスの発表内容を3段落目に追記しました。