エアバス, エアライン, 機体, 解説・コラム — 2016年1月5日 13:10 JST

なぜANAはハワイにA380を導入するのか 特集・A380はゲームチェンジャーか

By
  • 共有する:
  • Print This Post

 ANAホールディングス(9202)が、エアバスの総2階建ての超大型機A380を3機導入する方針を固めた。1月中に発表する2016年度からの中期経営計画とともに発表するとみられる。
(正式発表の記事はこちら

 導入路線はハワイ線が最有力候補として挙っており、日本航空(JAL/JL、9201)の牙城に500席以上の機材で勝負に出る。いわば、A380がハワイ路線の“ゲームチェンジャー”となる可能性があるわけだ。スカイマークが導入に頓挫したため、実現すれば日本の航空会社では初導入となる。そして、2年近く発注がないA380が、久々に受注を獲得することになる。

 しかし、A380といえば、中東のエミレーツ航空(UAE/EK)がファーストクラスにシャワールームを設けたり、エティハド航空(ETD/EY)がリビングルームとバスルーム、ベッドルームを完備する最上級クラス「レジデンス」を設定するなど、機体の大きさを生かした超豪華装備と500席クラス、2クラスならば600席を超える大量輸送が目玉だ。

ANAが導入を本格検討するA380。ハワイ路線のゲームチェンジャーになるのか=14年7月15日 PHOTO: Tadayuki YOSHIKAWA/Aviation Wire

 飛行機の新機種導入は、自動車の乗り換えのような、メーカーや車種の違いといった単純な話では済まない。

 なぜANAはA380をニューヨークやロンドンといった長距離路線ではなく、中距離のハワイに投入するのだろうか。そして、2018年度とされる就航に間に合うのだろうか。

 本記事の前半ではこれまでの経緯をまとめた。後半では、導入路線や機材計画を検証する。

—記事の概要—
きっかけはスカイマーク再建
“A380導入”でデルタに競り勝つ
世界最少座席数だったスカイマークのA380
長距離国際線は777-9X
競争激化するハワイ路線
エアージャパンが運航か
MRJ、新政府専用機、777X

きっかけはスカイマーク再建

 まずは、なぜANAがA380の導入を本格的に検討することになったのか。経緯を整理してみよう。

 「2機はスカイマーク仕様で製造されており、機内レイアウトを変更する必要がある」。2015年5月、エアバスのファブリス・ブレジエCEO(最高経営責任者)は、仏トゥールーズの本社で開いた報道関係者向けイベントで、スカイマーク(SKY/BC)が発注した総2階建ての超大型機A380の今後について、記者(私)の質問にこう答えた。

初飛行に成功したスカイマークのA380初号機=14年4月2日 PHOTO: P. Masclet, Master Films/Airbus

 スカイマークは2011年にA380を6機発注。エンジンは英ロールスロイス製トレント900を選定した。初号機は2014年4月に初飛行しており、2号機まで機体の製造が、3号機は主要部品の生産が進んでいた。順調に計画が進んでいれば、2014年末から2015年上期には、成田-ニューヨーク線に就航していた。しかし、スカイマークの支払いは2014年4月から滞り、7月29日にエアバスが契約解除を通告した。

 そして2015年1月28日、スカイマーク(SKY/BC)は経営破綻する。再建に向け、井手隆司前会長ら旧経営陣は、全日本空輸(ANA/NH)とJALの大手2社とは距離を置く“第三極”としての独立性にこだわる。しかし、最終的にはANAを傘下に置くANAホールディングスの下での再建が、2015年8月5日の債権者集会で決まる。

 大口債権者4社のうち、エアバスとロールス・ロイス、米リース会社のCITが、ANAホールディングスや政策投資銀行(DBJ)などが支援するスカイマーク側の計画案(再生債務者案)を支持したからだ。この時に否決されたもう一つの計画案は、スカイマークにA330-300型機(271席)をリースしていた、米リース会社イントレピッドとデルタ航空(DAL/DL)によるものだった。

 仮にANAがスカイマーク再建に関与していなければ、A380導入という機材計画は打ち出されていなかっただろう。

“A380導入”でデルタに競り勝つ

 2015年8月の債権者集会後、ANAホールディングスでグループ経営戦略室長を務める長峯豊之・取締役執行役員は「2014年3月と2015年1月でトータル40機近い発注をしている」と、エアバスとの関係の深さを強調した。

エアバスとの信頼関係を語るANAホールディングスの長峯氏=15年8月5日 PHOTO: Tadayuki YOSHIKAWA/Aviation Wire

 しかし、ANAが発注したエアバス機はいずれもA320neoファミリーの小型機。黙っていても売れる超ベストセラー機だ。エアバスとしては本音では当然、A330やA350、A380といったワイドボディー機(双通路機)を売りたいところだろう。

 一方、イントレピッド案に参画していたデルタ航空は、エアバスの最新鋭機A350-900を25機発注しているほか、A330の発展型A330neoも25機発注。デルタと合併前のノースウエスト航空は、187機ものエアバス機を発注していた。40機弱のANAの比ではないのは明らかだ。

 なぜエアバスは、スカイマーク案にまわったか。今後の日本市場でのビジネスを見据え、ANAとの関係悪化を避けたかっただけではなく、関係者からはスカイマークが導入に失敗したA380の導入が決め手となったとの声が、このころすでに聞かれた。

 こうした声を、長峯氏は「エアバスとの交渉の中で、契約する話はしていない」と否定したが、今回のA380導入検討に至った。確かに“契約する”とはエアバスに伝えていないかも知れないが、“導入を検討する”と言っていても交渉において何ら不思議ではない。

 エンジンも、スカイマークが選定した


これより先は会員の方のみご覧いただけます。

無料会員は、有料記事を月あたり5記事まで無料でご覧いただけます。
有料会員は、すべての有料記事をご覧いただけます。

会員の方はログインしてご覧ください。
ご登録のない方は、無料会員登録すると続きをお読みいただけます。

無料会員として登録後、有料会員登録も希望する方は、会員用ページよりログイン後、有料会員登録をお願い致します。

会員としてログイン
 ログイン状態を保存する  

* 会員には、無料会員および有料個人会員、有料法人会員の3種類ございます。
 これらの会員になるには、最初に無料会員としての登録が必要です。
 購読料はこちらをご覧ください。

* 有料会員と無料会員、非会員の違いは下記の通りです。
・有料会員:会員限定記事を含む全記事を閲覧可能
・無料会員:会員限定記事は月5本まで閲覧可能
・非会員:会員限定記事以外を閲覧可能

* 法人会員登録の手順については、こちらをご覧ください。

無料会員登録
* 利用規約 に同意する。
*必須項目新聞社や通信社のニュースサイトに掲載された航空業界に関する記事をピックアップした無料メールニュース。土日祝日を除き毎日配信しています。サンプルはこちら
登録内容が反映されるまでにお時間をいただくことがございます。あらかじめご了承ください。