エアバス, エアライン, 機体, 空港 — 2016年1月30日 07:48 JST

ANA、A380にファーストクラス 成田・羽田19年春就航へ

By
  • 共有する:
  • Print This Post

 全日本空輸(ANA/NH)を傘下に持つANAホールディングス(9202)は1月29日に発表した中期経営計画で、エアバスA380型機の導入を正式決定した。首都圏を発着するホノルル路線に、2019年春の導入を目指す。また、ファーストクラスを設定し、富裕層の取り込みを狙う。

羽田空港に初飛来したA380。ANAは羽田-ホノルル線への投入も計画する=10年10月 PHOTO: Tadayuki YOSHIKAWA/Aviation Wire

—記事の概要—
・ファースト導入で富裕層取り込み
・発注は15年12月
・ホノルル線の運賃「A380で下がる」
・777Xキャンセルなし
・シミュレーターと整備は社外

—関連記事—
ANAHD片野坂社長、A380「500から600席で」(16年2月2日)
なぜANAはハワイにA380を導入するのか 特集・A380はゲームチェンジャーか(16年1月5日)

ファースト導入で富裕層取り込み

中期経営戦略を説明するANAホールディングスの長峯取締役=16年1月29日 PHOTO: Yusuke KOHASE/Aviation Wire

 ANAHDはA380を3機購入し、すべて新造機を導入する。エンジンはロールス・ロイス製トレント900を選定した。羽田と成田からのホノルル線に投入し、日本時間の夜に出発する便を運航する。富裕層を含めたプレジャー需要を狙うため、ファーストクラスを設定する。そのほかのクラス構成や座席数は未定。

 A380の導入を決定した経緯について、グループ経営戦略室長の長峯豊之・取締役執行役員は「2015年1月に発表した長期戦略構想で、リゾートへの取り組みが手薄と認識し、リゾート路線への強化を検討していた」と説明した。

 ANAはホノルル路線を継続的に強化していたものの、座席供給量は10%程度で、日本航空(JAL/JL、9201)など競合他社よりも低い値となっている。ホノルル線は通年で高い安定需要を見込め、A380は一度に大量輸送できることから、「エアバスとは2015年春くらいから協議を重ねてきた。夏にA380のリゾート路線への投入を検討し、秋に選定委員会を立ち上げた」と明かした。

 2015年1月28日に経営破綻したスカイマーク(SKY/BC)の再建に関わることが、A380導入の契機になったかについては、「検討の加速になったのは否めない」(長峯氏)と述べるに留めた。

 ANAHDは4月にスカイマークへ出資し、8月5日には同社が支援するスカイマーク側の再生計画案(再生債務者案)が、エアバスやロールス・ロイスなど大口債権者の賛同を得て可決された。

発注は15年12月

ANAHDが15年12月に発注したA380=14年7月15日 PHOTO: Tadayuki YOSHIKAWA/Aviation Wire

 エアバスのオーダー&デリバリーによると、2015年12月16日に匿名顧客がA380を3機購入。長峯氏はこの匿名顧客がANAHDであると認め、「価格などは12月に大筋で合意ものの、エンジンを選定していなかった。ANAHDとしては(1月29日開催の)取締役会での決定をもって発表した」と述べた。その上で、「エアバスは2015年の実績として(A380の受注を)発表したかった。ANAHDは顧客名を匿名とした上で公開してほしい」と要望したことを明らかにした。

 かつてANAは、A380を導入しないことを決定していた。これを改めたことについては、「前回は


これより先は会員の方のみご覧いただけます。

無料会員は、有料記事を月あたり5記事まで無料でご覧いただけます。
有料会員は、すべての有料記事をご覧いただけます。

会員の方はログインしてご覧ください。
ご登録のない方は、無料会員登録すると続きをお読みいただけます。

無料会員として登録後、有料会員登録も希望する方は、会員用ページよりログイン後、有料会員登録をお願い致します。

会員としてログイン
 ログイン状態を保存する  

* 会員には、無料会員および有料個人会員、有料法人会員の3種類ございます。
 これらの会員になるには、最初に無料会員としての登録が必要です。
 購読料はこちらをご覧ください。

* 有料会員と無料会員、非会員の違いは下記の通りです。
・有料会員:会員限定記事を含む全記事を閲覧可能
・無料会員:会員限定記事は月5本まで閲覧可能
・非会員:会員限定記事以外を閲覧可能

* 法人会員登録の手順については、こちらをご覧ください。

無料会員登録
* 利用規約 に同意する。
*必須項目新聞社や通信社のニュースサイトに掲載された航空業界に関する記事をピックアップした無料メールニュース。土日祝日を除き毎日配信しています。サンプルはこちら
登録内容が反映されるまでにお時間をいただくことがございます。あらかじめご了承ください。