エアバス, エアライン, 機体, 空港, 解説・コラム — 2016年10月24日 06:30 JST

【スクープ】ANA、A380を成田投入へ 羽田就航見送り、ホノルル線

By
  • 共有する:
  • Print This Post

 全日本空輸(ANA/NH)などを傘下に持つANAホールディングス(ANAHD、9202)は、2019年春の導入を目指す総2階建ての超大型機エアバスA380型機を、成田-ホノルル線に投入する方針を固めたことが、Aviation Wireの取材でわかった。今年1月のA380導入発表では、首都圏発着のホノルル線としていたが、競争環境などを勘案して成田へ就航させる。

 ANAHDは、A380の新造機を3機導入。エンジンはロールス・ロイス製トレント900を選定した。富裕層にも人気の高いハワイへの観光需要を狙うため、ファーストクラスを設定する計画で、成田を夜出発してホノルルへ昼前に到着する便に投入する。ANAグループは、日本で初めてA380を運航する航空会社となる。

 すでにANAでは、A380の機体デザインを募集するコンテストを開催している。

*成田就航とデザインを正式発表しました(関連記事)。

ANAが成田-ホノルル線に投入するA380=16年7月 PHOTO: Tadayuki YOSHIKAWA/Aviation Wire

—記事の概要—
1便の座席数2倍
A380の羽田解禁ならず

1便の座席数2倍

 ANAは10月30日に始まる冬ダイヤから、米国へ昼間時間帯に就航する発着枠5枠(往復)のうち、3枠が配分された。新設した深夜早朝帯の1枠もANAに配分され、6枠ある米国路線の発着枠はANAが4枠、日本航空(JAL/JL、9201)には2枠が配分された。

 これにより、ANAは現在深夜便のホノルル線を昼間帯へ移す。このほかにニューヨーク、シカゴが昼間帯へ新たに就航し、既存の深夜便であるロサンゼルス線は同時間帯に残す。

 一方、JALは現在深夜便で運航しているサンフランシスコ線とホノルル線を、昼間帯へ移行。深夜早朝枠の配分がないことから、深夜便はゼロになる。また、新規路線に対する国の監視が終わる2017年4月以降は、ニューヨーク線を成田から羽田へ移す可能性が極めて高く、この際にホノルル線の発着枠を活用するとみられる。

 ANAHDがA380を導入する背景


これより先は会員の方のみご覧いただけます。

無料会員は、有料記事を月あたり5記事まで無料でご覧いただけます。
有料会員は、すべての有料記事をご覧いただけます。

会員の方はログインしてご覧ください。
ご登録のない方は、無料会員登録すると続きをお読みいただけます。

無料会員として登録後、有料会員登録も希望する方は、会員用ページよりログイン後、有料会員登録をお願い致します。

会員としてログイン
 ログイン状態を保存する  

* 会員には、無料会員および有料個人会員、有料法人会員の3種類ございます。
 これらの会員になるには、最初に無料会員としての登録が必要です。
 購読料はこちらをご覧ください。

* 有料会員と無料会員、非会員の違いは下記の通りです。
・有料会員:会員限定記事を含む全記事を閲覧可能
・無料会員:会員限定記事は月5本まで閲覧可能
・非会員:会員限定記事以外を閲覧可能

* 法人会員登録の手順については、こちらをご覧ください。

無料会員登録
* 利用規約 に同意する。
*必須項目新聞社や通信社のニュースサイトに掲載された航空業界に関する記事をピックアップした無料メールニュース。土日祝日を除き毎日配信しています。サンプルはこちら
登録内容が反映されるまでにお時間をいただくことがございます。あらかじめご了承ください。