エアライン, ボーイング, 機体, 解説・コラム — 2021年10月13日 23:00 JST

ANA、初のGEエンジン787が羽田到着 国内線新仕様787-9

By
  • 共有する:
  • Print This Post

 全日本空輸(ANA/NH)のボーイング787型機では初めて米GE製エンジンを搭載した機体(787-9、登録記号JA936A)が10月13日夜、雨の羽田空港に到着した。国内線機材で、シートは2019年に登場した777の新仕様機と同等のものを採用している。

羽田空港に着陸するANA初のGEnx搭載787となったJA936A。エンジンカウルにはGEロゴが入る=21年10月13日 PHOTO: Kiyoshi OTA/Aviation Wire

 ANAを傘下に持つANAホールディングス(ANAHD、9202)は、787を最大20機追加発注したと2020年2月に発表。エンジンはANAの787では初めてGE製GEnx-1Bを選定し、追加発注分はすべて同エンジンとなる。10年前の2011年11月に就航した初号機(787-8、JA801A)以来、これまでは一貫して英ロールス・ロイス製トレント1000(Trent 1000)を採用してきたが、リスク分散のためGE製も導入した。

 ANAはトレント1000の不具合により、2016年以降エンジン改修に伴う欠航が大量に発生したことから、性能に大きな差がないとしてGEnx-1Bを追加した。

 当初は2022年度から2025年度にかけて超長胴型の787-10を国内線、長胴型の787-9を国際線に投入する計画だったが、最初に受領する機体は国内線用787-9に変更となった。

 座席数は2クラス375席仕様で、プレミアムクラス28席、普通席347席。シートは2019年11月に就航した777-200の新仕様機と同等のものを採用し、落ち着いた雰囲気の客室になる。従来の787-9の国内線機材は2クラス395席(プレミアムクラス18席、普通席377席)で、プレミアムクラスが10席増えた。

 JA936Aは9月13日に受領。米カリフォルニア州ビクタービルを現地時間10月12日午後2時39分に出発し、羽田空港のA滑走路(RWY34L)に13日午後6時41分に着陸した。ANAの格納庫前にある202番スポットには、同48分に到着した。ANAによると、現時点で就航時期は未定だという。

 ANAが受領済みの787は、787-8が36機、787-9が38機、787-10が2機の計76機になった。

*写真は8枚。
*777-200の新仕様機はこちら

羽田空港に着陸するANA初のGEnx搭載787となったJA936A=21年10月13日 PHOTO: Kiyoshi OTA/Aviation Wire

羽田空港に着陸するANA初のGEnx搭載787となったJA936A=21年10月13日 PHOTO: Kiyoshi OTA/Aviation Wire

羽田空港に着陸するANA初のGEnx搭載787となったJA936A=21年10月13日 PHOTO: Kiyoshi OTA/Aviation Wire

羽田空港の駐機場へ向かうANA初のGEnx搭載787となったJA936A=21年10月13日 PHOTO: Kiyoshi OTA/Aviation Wire

羽田空港の駐機場へ向かうANA初のGEnx搭載787となったJA936A=21年10月13日 PHOTO: Kiyoshi OTA/Aviation Wire

羽田空港の駐機場へ向かうANA初のGEnx搭載787となったJA936A=21年10月13日 PHOTO: Kiyoshi OTA/Aviation Wire

羽田空港に到着したANA初のGEnx搭載787となったJA936A=21年10月13日 PHOTO: Kiyoshi OTA/Aviation Wire

関連リンク
全日本空輸
Boeing
ボーイング・ジャパン

20年2月に発注
ANA、787を最大20機追加発注 GEnxエンジン初採用(20年2月25日)

787世界初受領から10年
ANAの787、世界初受領から10年 特集・整備士から見たドリームライナー(21年9月28日)

9月に登録
JAL A350やANA 787GEnx初号機新規登録 国交省の航空機登録21年9月分(21年10月9日)

ANA 777国内線新仕様機の動画ニュース(YouTube Aviation Wireチャンネル
ANA、777国内線新仕様機公開 個人モニターと電源付き新シート

搭乗記・ANA 777国内線新仕様機
前編 疲れにくい画面付き普通席
後編 大型モニターと収納が使いやすいプレミアムクラス

写真特集・ANA国内線777新シート
プレミアムクラス編 15.6インチモニターと落ち着いた空間
普通席編 骨盤支えて疲れにくい全席画面・電源付きシート

ANAの国内線新シート777実機の機内
ANA、777国内線新仕様機公開 モニター・電源付き新シート(19年11月14日)