エアライン, ボーイング, 機体, 解説・コラム — 2019年11月15日 19:00 JST

15.6インチモニターと落ち着いた空間 写真特集・ANA国内線777新シート(プレミアムクラス編)

By
  • 共有する:
  • Print This Post

 11月16日に就航する全日本空輸(ANA/NH)の国内線新仕様機。改修初号機はボーイング777-200ER型機(登録記号JA715A)で、初便は羽田を16日午前8時20分発の福岡行きNH243便となり、折り返しの福岡発羽田行きNH250便、羽田発伊丹行きNH27便、伊丹発羽田行きNH32便、羽田発札幌(新千歳)行きNH75便、札幌発羽田行きNH82便の1日6便に投入する。

15.6インチのタッチパネル式個人用モニターを完備するANAの777-200ERの国内線新プレミアムクラス=PHOTO: Tadayuki YOSHIKAWA/Aviation Wire

 新シートは777-200のほか、787-8にも導入。新仕様機の座席数は777-200が2クラス392席(現行は405席)でプレミアムクラス28席(同21席)と普通席364席(同384席)、787-8は2クラス312席(同335席)でプレミアム28席(同12席)と普通席284席(同323席)となる。

 プレミアムクラスは、サフラン・シート・US(旧ゾディアック・シート・US)製シートを採用。表面を現行の革張りから布地に変更することで、滑りにくくした。個人用モニターは、ANAの国内線用中大型機では最大サイズとなる15.6インチのタッチパネル式のものを採用した。座席配列は2-3-2席の1列7席となる。

 座席幅はクラス最大となる56センチで、3人掛け中央のみ52センチ。電動リクライニングのほか、座席横にペットボトルなどが収納できる小物入れを設け、電源コンセントと充電用USB端子を設置し、テーブルは90度回転する大型のものを採用した。座席間には固定式大型ディバイダー(間仕切り)を設置し、プライバシーを確保した。

 電動リクライニングは、お年寄りや具合が悪い人でも使いやすくする狙いがある。また、リクライニング部分があまり出っ張らないようにし、隣席の乗客が離席する際も移動しやすくした。

777-200ERの国内線新プレミアムクラスを紹介するANAの客室乗務員=PHOTO: Tadayuki YOSHIKAWA/Aviation Wire

ANAの国内線プレミアムクラス新シートのコントローラーとコンセント=PHOTO: Tadayuki YOSHIKAWA/Aviation Wire

 ANAでシート開発に携わる牧克亘さんは、「電源コンセントの位置も、ひと目見てわかる位置にしました」と、使いやすさにこだわった。シートのベースモデルはサフランのZ600というモデルだが、小物入れやディバイダーなどを追加し、独自仕様のシートになった。

 一方で、前席下側の足もとのスペースには、リクライニングの機構上、カバンなどはあまり置けない構造になった。

 プレミアムクラスの機内デザインは、長距離国際線用777-300ER新仕様機を監修した英国のデザイン会社Acumen(アキュメン)が担当し、デザインコンセプトを国際線と国内線で連続性がある落ち着いたものにした。「ファーストクラスのイメージとつながりがあるデザインになっています」(牧さん)と、高級感のある空間に仕上げている。

 新仕様機は777-200が8機、787-8が11機で、777から順次改修を進めて2022年度上期までに導入する。大型機の777-200は羽田-福岡線と伊丹線、札幌線、那覇線といった幹線に投入し、787-8は地方路線でも使用する。

*写真は25枚(運航スケジュールは写真下に掲載)。
*普通席編はこちら


ANAの777-200ERの新プレミアムクラス=PHOTO: Tadayuki YOSHIKAWA/Aviation Wire

ANAの777-200ERの国内線新プレミアムクラス=PHOTO: Tadayuki YOSHIKAWA/Aviation Wire

ANAの777-200ERの国内線新プレミアムクラス=PHOTO: Tadayuki YOSHIKAWA/Aviation Wire

リクライニングしたANAの777-200ERの新プレミアムクラス=PHOTO: Tadayuki YOSHIKAWA/Aviation Wire

ANAの777-200ERの国内線新プレミアムクラス=PHOTO: Tadayuki YOSHIKAWA/Aviation Wire

テーブルを出したANAの777-200ERの国内線新プレミアムクラス=PHOTO: Tadayuki YOSHIKAWA/Aviation Wire

テーブルに13インチのMacBook Proを置いたANAの777-200ERの国内線新プレミアムクラス=PHOTO: Tadayuki YOSHIKAWA/Aviation Wire

テーブルに13インチのMacBook Proを置いたANAの777-200ERの新プレミアムクラス=PHOTO: Tadayuki YOSHIKAWA/Aviation Wire

前席をリクライニングしたANAの国内線プレミアムクラス新シートの大型ディバイダー=PHOTO: Tadayuki YOSHIKAWA/Aviation Wire

ANAの国内線プレミアムクラス新シートの大型ディバイダー=PHOTO: Tadayuki YOSHIKAWA/Aviation Wire

ANAの国内線プレミアムクラス新シートのリモコン=PHOTO: Tadayuki YOSHIKAWA/Aviation Wire

ANAの国内線プレミアムクラス新シートのコントローラーと電源コンセント

15.6インチのタッチパネル式個人用モニターを完備するANAの777-200ERの新プレミアムクラス=PHOTO: Tadayuki YOSHIKAWA/Aviation Wire

ANAの国内線プレミアムクラス新シートのシートポケット=PHOTO: Tadayuki YOSHIKAWA/Aviation Wire

クラス最大となるANAの国内線プレミアムクラス新シートのの座席幅=PHOTO: Tadayuki YOSHIKAWA/Aviation Wire

ANAの777-200ERの新プレミアムクラスの読書灯=PHOTO: Tadayuki YOSHIKAWA/Aviation Wire

ANAの777-200ERの国内線新プレミアムクラス=PHOTO: Tadayuki YOSHIKAWA/Aviation Wire

ANAの国内線プレミアムクラス新シートの大型ディバイダー=PHOTO: Tadayuki YOSHIKAWA/Aviation Wire

ANAの777-200ERの国内線新プレミアムクラス=PHOTO: Tadayuki YOSHIKAWA/Aviation Wire

ANAの777-200ERの新プレミアムクラス=PHOTO: Tadayuki YOSHIKAWA/Aviation Wire

15.6インチのタッチパネル式個人用モニターを完備するANAの777-200ERの国内線新プレミアムクラス=PHOTO: Tadayuki YOSHIKAWA/Aviation Wire

15.6インチのタッチパネル式個人用モニターを完備するANAの777-200ERの国内線新プレミアムクラス=PHOTO: Tadayuki YOSHIKAWA/Aviation Wire

15.6インチのタッチパネル式個人用モニターを完備するANAの777-200ERの国内線新プレミアムクラス=PHOTO: Tadayuki YOSHIKAWA/Aviation Wire

777-200国内線新仕様機の19年運航スケジュール
11月16日から30日まで、12月27日から31日まで
NH243 羽田(08:20)→福岡(10:15)
NH250 福岡(11:20)→羽田(13:00)
NH27 羽田(14:00)→伊丹(15:05)
NH32 伊丹(16:00)→羽田(17:10)
NH75 羽田(18:00)→札幌(19:35)
NH82 札幌(20:30)→羽田(22:10)

12月1日から26日まで
NH241 羽田(07:25)→福岡(09:30)
NH248 福岡(10:20)→羽田(11:55
NH65 羽田(13:00)→札幌(14:35)
NH68 札幌(15:30)→羽田(17:10)
NH75 羽田(18:00)→札幌(19:35)
NH82 札幌(20:30)→羽田(22:10)

関連リンク
全日本空輸

ANA 777国内線新仕様機の動画ニュース(YouTube Aviation Wireチャンネル
ANA、777国内線新仕様機公開 個人モニターと電源付き新シート

搭乗記・ANA 777国内線新仕様機
前編 疲れにくい画面付き普通席

写真特集・ANA国内線777新シート
普通席編 骨盤支えて疲れにくい全席画面・電源付きシート

ANAの国内線新シート777実機の機内
ANA、777国内線新仕様機公開 モニター・電源付き新シート(19年11月14日)

搭乗記・ANA新ビジネスクラスTHE Room
前編 幅広シートでリビングのような個室空間
後編 iPhoneがリモコンになる4Kモニター

写真特集・ANA新777-300ER
(1)43インチ4Kモニターと引き戸付き個室ファーストクラス
(2)ドア付き個室ビジネスクラス
(3)世界最大の個人モニター備える1列10席エコノミー
(4)木目調パネルで落ち着いた空間

777-300ER新客室公開
ANA、国際線777新客室公開 隈研吾氏監修、ビジネスは前後互い違い新配列