エアバス, エアライン, 機体, 空港 — 2019年12月26日 19:34 JST

ピーチ、関空-奄美就航 バニラからの移管完了

By
  • 共有する:
  • Print This Post

 ANAホールディングス(ANAHD、9202)傘下のピーチ・アビエーション(APJ/MM)は12月26日、関西-奄美大島線の運航を開始した。統合を完了した旧バニラエアからの路線移管で、5月までバニラが運航していたものを引き継いだ。ピーチの奄美路線は成田に続き2路線目で、同日に開設した成田-石垣線とともに、バニラから引き継ぎ対象だった全10路線の移管が完了した。

奄美到着を横断幕で歓迎される関空からの到着客=19年12月26日 PHOTO: Yusuke KOHASE/Aviation Wire

—記事の概要—
奄美発着は夕方
奄美は「楽しみながら学ぶ島々」
10路線の移管完了

奄美発着は夕方

奄美を離陸するピーチの関空行きMM206便初便=19年12月26日 PHOTO: Yusuke KOHASE/Aviation Wire

 ピーチでの再開後はバニラ運航時と同様、1日1往復運航する。運航スケジュールは各日共通で、奄美行きMM205便は関空を午後2時10分に出発し、午後4時5分に着く。折り返しの関空行きMM206便は午後4時45分に奄美を出発し、午後6時15分に到着する。機材はエアバスA320型機(1クラス180席)を投入する。

 12月26日の初便となった奄美行きMM205便(A320、登録記号JA815P)は、定刻より15分遅い午後2時25分に関空を出発し、奄美には定刻より15分遅い午後4時20分に到着。177人(うち幼児7人)が利用した。折り返しの関空行きMM206便は104人(うち幼児0人)が利用し、定刻より11分遅れの午後4時56分に奄美大島を出発した。

 関空線の就航に伴い、成田線の運航スケジュールを変更。従来は奄美発着を夕方に設定してものを、昼便に変更した。26日以降の成田発MM541便は奄美の午前11時30分に到着し、折り返しのMM542便は、午後0時10分に成田に向け奄美を出発する。

奄美は「楽しみながら学ぶ島々」

奄美振興は「県政の柱」と語る鹿児島県の三反園知事=19年12月26日 PHOTO: Yusuke KOHASE/Aviation Wire

 MM205便の初便到着時、奄美空港の到着口で歓迎セレモニーを開催。ピーチの井上慎一CEO(最高経営責任者)と鹿児島県の三反園訓(みたぞの・さとし)知事、あまみ大島観光物産連盟の有村修一会長らが初便の到着客を出迎え、島名産の黒糖などのプレゼントした。

 奄美空港の到着口前で開催したセレモニーで、三反園知事は「奄美群島の振興は、県政の重要な柱」と述べ、注力する考えを示した。「ピーチの就航をきっかけとし、地元自治体とともに群島の発展に寄与したい」と語り、今後はピーチへの支援を強化する姿勢を示した。

 ピーチの井上CEOは、「(関空線は)10月に就航した成田線に続き、奄美群島に明るい変化をもたらすと確信している」と述べた。

関空-奄美線は「群島に明るい変化をもたらす」と述べるピーチの井上CEO=19年12月26日 PHOTO: Yusuke KOHASE/Aviation Wire

 奄美の地元企業などと連携し、7月からワークショップを開催しているピーチは、地域活性化などについて検討を始めている。井上CEOはワークショップを通じ、「地元の方々から、奄美は『楽しみながら学ぶ島々』というのを教えていただいた」と語り、「関西市場でも展開していきたい」と今後の展望を語った。

 10月に成田-奄美線を就航し、およそ3カ月が経過した。ワークショップを開催するなどバニラが就航していた時代と比較し、踏み込んだ誘客を展開している。旅客の過ごし方の変化について井上CEOは「まだ実感がない」としつつ、「これから効果が出る。過ごし方を変化させたい」とした。

10路線の移管完了

 バニラは関西-奄美大島線を、2017年3月26日に1日1往復で就航。バニラの奄美乗り入れは2014年7月1日就航の成田線に続き2路線目で、関西空港と奄美空港を結ぶ路線は1998年以来19年ぶりの復活となった。バニラは関西-奄美大島線にA320(1クラス180席)を投入。運航を終了した今年5月6日まで、合計1481便を運航した。

 ピーチはバニラとの統合に伴い、バニラが運航していた13路線のうち、廃止した3路線を除く国内・国際5路線ずつ計10路線をピーチに移管。このうち最も早く移管したのが6月1日に再開した成田-那覇線で、以降、順次移管を進めてきた。

 26日は関西-奄美大島線のほか、成田-石垣線も就航(関連記事)。2路線の開設により10路線の移管が終了した。

関空からの到着客にレイをかけて歓迎するピーチの井上CEO(左)と鹿児島県の三反園知事=19年12月26日 PHOTO: Yusuke KOHASE/Aviation Wire

関西空港へ向け出発するピーチの奄美発MM206便初便=19年12月26日 PHOTO: Yusuke KOHASE/Aviation Wire

関西空港へ向け出発するピーチの奄美発MM206便初便=19年12月26日 PHOTO: Yusuke KOHASE/Aviation Wire

奄美を離陸するピーチの関空行きMM206便初便=19年12月26日 PHOTO: Yusuke KOHASE/Aviation Wire

運航スケジュール
MM205 関西(14:10)→奄美大島(16:05)
MM206 奄美大島(16:45)→関西(18:15)

関連リンク
ピーチ・アビエーション

成田-石垣線も同日就航。成田は国内線強化
ピーチ、成田-石垣就航 バニラから移管、関空便も増便(19年12月26日)
ピーチ、成田発着の国内線強化 森副社長「訪日需要もついてくる」(19年12月26日)

鹿児島県、拠点化要請
鹿児島県、ピーチに拠点化要請 国際線就航も、三反園知事「支援強化」(19年12月26日)

10月からピーチ就航
ピーチ、成田-奄美就航 初便には元バニラの機体・パイロット(19年10月1日)

名産・大島紬でグッズ開発
ピーチ、シートカバー端材でグッズ 大島紬も活用(19年12月25日)

8月に概要
ピーチ、関西-奄美12月就航へ キャッシュレス決済で訪日需要強化(19年8月21日)

バニラは5月に運航終了
バニラエア、関西-奄美線の運航終了 冬ダイヤからピーチに(19年5月7日)

バニラからの移管路線
ピーチ、福岡から初の国際線 台北へ1日1往復、バニラ移管(19年11月25日)
ピーチとバニラ、統合完了 28機のA320で37路線(19年11月1日)
ピーチ、成田から初の国際線 台湾2路線、バニラから引き継ぎ(19年10月28日)
ピーチ、成田T3移転で拠点化 初便は元バニラ機、井上CEO「首都圏からアジア近くなる」(19年10月27日)
ピーチ、成田-札幌再就航 バニラ移管、1日6往復(19年9月1日)
ピーチ、那覇-香港再就航 1年8カ月ぶり、デイリーで(19年6月28日)
ピーチ、初のバニラ移管路線 成田-那覇、2年3カ月ぶり再就航(19年6月1日)

10月26日で終了したバニラ
旧バニラエアのウェブサイト、19日で終了(19年12月19日)
バニラのA320、ANAが180席仕様で国内線投入 20年1月から(19年10月28日)
5年10カ月おつかれさま 特集・バニラエア最終日のカウンター(19年10月27日)
バニラ成田着最終便、サイリウムで出迎え “同窓会”で抱き合う社員も(19年10月26日)
バニラエア、最終便が成田出発 社員100人、涙で見送り(19年10月26日)
バニラエア、社員有志で機体清掃 最終便投入A320、井上社長もモップでねぎらう(19年10月25日)