エアライン, 空港 — 2019年11月5日 13:47 JST

ジェットスター、関空-下地島12月運休 夏ダイヤで再開へ

By
  • 共有する:
  • Print This Post

 ジェットスター・ジャパン(JJP/GK)は7月に就航した関西-下地島線について、12月から一時運休する。機材繰りや市場動向によるもので、2020年3月29日から始まる夏ダイヤでの運航再開を目指す。

関空を離陸するジェットスター・ジャパンの下地島行きGK377便初便=19年7月3日 PHOTO: Yusuke KOHASE/Aviation Wire

 関空-下地島線は7月3日に、週4往復運航で就航。大阪から下地島への初の直行便で、現在は火曜と木曜、土曜の週3往復運航している。一時運休前の最終便は、11月30日に運航する。

 同社の片岡優社長は、機材繰りにより一時的な運休するとした上で、「夏ダイヤで再開できるように調整している」と述べた。夏ダイヤの運航スケジュールは、今後作成するという。

 ジェットスターは、3月30日に成田-下地島線を開設。繁忙期は1日1往復、閑散期は週4往復運航している。現在は4往復で、2020年夏ダイヤでは1日1往復のデイリー運航に戻る見込み。

運航スケジュール
関西→下地島
GK377 関西(14:20)→下地島(17:15)運航日:火
GK377 関西(12:15)→下地島(15:10)運航日:木土

下地島→関西
GK378 下地島(17:55)→関西(20:00)運航日:火
GK378 下地島(15:50)→関西(17:55)運航日:木
GK378 下地島(15:55)→関西(18:00)運航日:土

関連リンク
ジェットスター・ジャパン

下地島線
ジェットスター・ジャパン、関西-下地島就航 片岡社長「人気路線になる」(19年7月3日)
ジェットスター・ジャパン、成田-下地島就航 24年ぶり定期便(19年3月30日)

20年夏にA321LR
ジェットスターのA321LR、1クラス238席 20年夏就航、高需要路線に(19年11月1日)