エアバス, エアライン, 機体, 空港 — 2019年3月30日 23:10 JST

ジェットスター・ジャパン、成田-下地島就航 24年ぶり定期便

By
  • 共有する:
  • Print This Post

 ジェットスター・ジャパン(JJP/GK)は3月30日、成田-下地島線を開設した。沖縄・下地島空港の旅客ターミナル「みやこ下地島空港ターミナル」の開業に合わせたもので、1994年以来およそ24年ぶりに定期便の運航が再開した。

下地島空港で放水アーチの歓迎を受けるジェットスター・ジャパンの就航初便=19年3月30日 PHOTO: Tadayuki YOSHIKAWA/Aviation Wire

—記事の概要—
初便は最新25号機
冬の需要創出課題

初便は最新25号機

 成田-下地島線は、就航初日の3月30日から4月8日までと、30日から5月6日までのゴールデンウィーク、7月1日から夏ダイヤ最終日の10月26日は1日1往復運航。4月12日から29日までと5月10日から6月16日までは月曜と金曜、土曜、日曜の週4往復、6月17日から30日までは月曜と火曜、木曜、金曜、土曜、日曜の週6往復となる。機材はいずれもエアバスA320型機(1クラス180席)を使用する。運賃は片道6990円から。

下地島空港に着陸する受けるジェットスター・ジャパンの就航初便GK323便=19年3月30日 PHOTO: Tadayuki YOSHIKAWA/Aviation Wire

 運航スケジュールは就航初日のみ異なり、下地島行きGK323便が成田を午前7時5分に出発し、午前10時45分着。成田行きGK324便は午前11時30分に下地島を出発して、午後2時5分に到着する。

 初便の下地島行きGK323便(A320、登録記号JA25JJ)は、成田を午前7時8分に出発し、午前10時57分着。折り返しの成田行きGK324便は、午前11時51分に下地島を出発し、午後2時13分に成田へ到着した。下地島へ到着時は、空港の消防車による放水アーチで歓迎を受けた。

 翌3月31日からは、下地島行きGK323便は成田発を午前7時25分に変更し、午前10時25分着。成田行きGK324便は下地島発が午前11時10分となり、午後2時5分に到着する。

 下地島就航で、ジェットスター・ジャパンの国内線は22路線に拡大。成田発着路線としては13路線目、沖縄方面の路線は成田と関西、中部から就航している那覇3路線に続き4路線目となった。このほかに国際線が9路線あり、25機のA320で運航している。

冬の需要創出課題

 下地島空港は1979年7月5日に開港。沖縄県が管理する地方管理空港で、滑走路は3000メートル×60メートル(RWY17/35)が1本、スポット(駐機場)は大型機用が5つ、中型機用が1つ。島全体が空港用地となっており、国内唯一の民間ジェット機の訓練空港として利用されてきたが、日本航空(JAL/JL、9201)が2011年度まで、全日本空輸(ANA/NH)が2013年度までで撤退している。2017年には、バニラエア(VNL/JW)が訓練を実施した。

下地島空港で開かれた就航式典であいさつするジェットスター・ジャパンの片岡社長=19年3月30日 PHOTO: Tadayuki YOSHIKAWA/Aviation Wire

 定期便は、1994年7月22日に日本トランスオーシャン航空(JTA/NU)が那覇-下地島線を運休して以来乗り入れておらず、ジェットスター・ジャパンの成田-下地島線が約24年ぶりで、7月3日からは関西線も就航する。また、7月19日からは、LCCの香港エクスプレス航空(HKE/UO)が香港から週3往復で乗り入れを計画している。

 ジェットスター・ジャパンの片岡優社長は、下地島線について「9割が県外からの利用で春休みはほぼ満席。地元の方も宮古に帰りやすくなる」とアピールした。

 一方、同社初のリゾート路線として「冬の需要をどう創っていくかが課題。地元と考えていきたい」と述べ、空港の運用時間については、「午後7時30分までなので、1時間から1時間半程度伸ばして欲しいと要請している」として、地元とより運航しやすい環境作りを目指す。

*写真は22枚(運航スケジュールは写真下)。

下地島空港のチェックインカウンター=19年3月30日 PHOTO: Tadayuki YOSHIKAWA/Aviation Wire

下地島空港のターミナル=19年3月30日 PHOTO: Tadayuki YOSHIKAWA/Aviation Wire

リゾート感を演出した下地島空港のターミナル=19年3月30日 PHOTO: Tadayuki YOSHIKAWA/Aviation Wire

リゾート感を演出した下地島空港のターミナル=19年3月30日 PHOTO: Tadayuki YOSHIKAWA/Aviation Wire

下地島空港の1番搭乗口を通過する成田行き初便GK324便の乗客=19年3月30日 PHOTO: Tadayuki YOSHIKAWA/Aviation Wire

下地島空港で成田行き初便GK324便に向かう乗客=19年3月30日 PHOTO: Tadayuki YOSHIKAWA/Aviation Wire

下地島空港を出発するジェットスター・ジャパンの成田行き初便GK324便=19年3月30日 PHOTO: Tadayuki YOSHIKAWA/Aviation Wire

下地島空港を出発するジェットスター・ジャパンの成田行き初便GK324便=19年3月30日 PHOTO: Tadayuki YOSHIKAWA/Aviation Wire

下地島空港を出発するジェットスター・ジャパンの成田行き初便GK324便=19年3月30日 PHOTO: Tadayuki YOSHIKAWA/Aviation Wire

下地島空港を出発するジェットスター・ジャパンの成田行き初便GK324便=19年3月30日 PHOTO: Tadayuki YOSHIKAWA/Aviation Wire

下地島空港を出発するジェットスター・ジャパンの成田行き初便GK324便=19年3月30日 PHOTO: Tadayuki YOSHIKAWA/Aviation Wire

下地島空港を出発するジェットスター・ジャパンの成田行き初便GK324便=19年3月30日 PHOTO: Tadayuki YOSHIKAWA/Aviation Wire

下地島空港の滑走路へ向かうジェットスター・ジャパンの成田行き初便GK324便=19年3月30日 PHOTO: Tadayuki YOSHIKAWA/Aviation Wire

下地島空港を離陸するジェットスター・ジャパンの成田行き初便GK324便=19年3月30日 PHOTO: Tadayuki YOSHIKAWA/Aviation Wire

下地島空港を離陸するジェットスター・ジャパンの成田行き初便GK324便=19年3月30日 PHOTO: Tadayuki YOSHIKAWA/Aviation Wire

下地島空港を離陸するジェットスター・ジャパンの成田行き初便GK324便=19年3月30日 PHOTO: Tadayuki YOSHIKAWA/Aviation Wire

下地島空港を離陸するジェットスター・ジャパンの成田行き初便GK324便=19年3月30日 PHOTO: Tadayuki YOSHIKAWA/Aviation Wire

下地島空港を離陸するジェットスター・ジャパンの成田行き初便GK324便=19年3月30日 PHOTO: Tadayuki YOSHIKAWA/Aviation Wire

下地島空港を離陸し成田へ向かうジェットスター・ジャパンのGK324便=19年3月30日 PHOTO: Tadayuki YOSHIKAWA/Aviation Wire

運航スケジュール
3月30日
GK323 成田(07:05)→下地島(10:45)
GK324 下地島(11:30)→成田(14:05)

3月31日から10月26日
GK323 成田(07:25)→下地島(10:25)
GK324 下地島(11:10)→成田(14:05)

関連リンク
みやこ下地島空港ターミナル
ジェットスター・ジャパン
香港エクスプレス航空

ターミナル開業
下地島空港、旅客ターミナル開業 ジェットスターが初便

内覧会と就航式典
下地島空港ターミナル、竣工式典 三菱地所・吉田社長「国内外から誘客確信」(19年3月16日)
下地島空港ターミナル、30日開業 “風通し”でリゾート演出(19年3月15日)

就航路線
ジェットスター・ジャパン、関空-下地島7月就航へ 片岡社長「訪日客も送客したい」(19年3月12日)
下地島空港、香港エクスプレスが7月就航 初の国際線(19年2月21日)
ジェットスター、下地島へ3月30日就航 ターミナル開業と同時、24年ぶり定期便(18年11月15日)

下地島空港
下地島空港、開港前に見学会 ツアー限定、3月25日に(19年2月18日)
下地島空港、ターミナルが19年3月開業 ジェットスターが定期便(18年10月16日)
三菱地所、下地島空港の旅客ターミナル着工 19年開業、LCCやビジネスジェット誘致へ(17年10月12日)
三菱地所、下地島空港に旅客ターミナル 18年5月開業、LCCやプライベート機誘致(15年12月28日)
バニラエア、下地島でパイロット訓練開始(17年10月14日)