エアライン — 2019年10月4日 20:50 JST

JAL、パイロットのインターン募集 11月から開催

By
  • 共有する:
  • Print This Post

 日本航空(JAL/JL、9201)は、パイロットのインターンシップの募集を始めた。日程は3日間で、11月から順次開催する。自社養成パイロットの業務体験を通じて、パイロットの仕事や航空業界に関する理解を深めてもらう。最終締切は12月16日を予定している。

パイロットのインターンを募集するJAL=PHOTO: Tadayuki YOSHIKAWA/Aviation Wire

 対象は4年制大学または大学院の在籍者で、パイロットの仕事に興味がある人。3日間の内容は、最初の2日間実施する「1stステージ」が座学形式での業務紹介とグループワーク。副操縦士との座談会を通じ、JALのパイロットの仕事や文化を学ぶ。残り1日は「2ndステージ」で、機長との交流やシミュレーター体験を通してJALのパイロット業務を理解してもらう。

 実施期間は、11月22日から12月10日と、12月16日から2020年1月9日、2月3日から3月2日の3コースを用意。内容は3コースとも同じで、複数のコースには参加できない。

 選考方法はウェブでの書類選考と適性検査、面接または動画選考。インターン会場は、年内2コースが東京、年明け1コースが東京と大阪となる。

 JALの採用サイトからエントリーする。問い合わせは、JALのパイロットインターンシップ事務局(E-mail:p-saiyo[アットマーク]jal.com アットマーク部分は半角記号に要変換)まで。今回のイベントは、今後の採用とは関係ないという。また、企画職のインターンも募集する(関連記事)。

関連リンク
インターンシップ情報

特集・JALパイロット自社養成再開から5年(全5回)
(1)ナパ閉鎖を経てフェニックスで訓練再開
(2)旅客機の感覚学ぶジェット機訓練
(3)「訓練は人のせいにできない」
(4)グアムで737実機訓練
(5)「訓練生がやりづらい状況ではやらせたくない」

JALのパイロット訓練
「訓練再開早いのでは、と意見あった」特集・JAL進俊則氏に聞く破綻後のパイロット自社養成
運航データを反映する新制度 特集・JALパイロット訓練の今 第2回EBT編
FileMakerで評価基準を明確化 特集・JALパイロット訓練の今 第1回CB-CT編

特集・JALさん、シリコンバレーで何やってるんですか?
前編 表敬訪問で終わらせない駐在所長
後編 地に足着いたベタなイノベーションを