エアライン, ボーイング, 機体 — 2019年7月22日 13:03 JST

大韓航空、787-10導入で正式合意 韓国初

By
  • 共有する:
  • Print This Post

 ボーイングは現地時間7月19日、大韓航空(KAL/KE)が787型機を20機導入することで正式合意したと発表した。内訳は長胴型の787-9と超長胴型の787-10で、10機ずつ導入する。カタログ価格で総額63億ドル(約6799億円)。このほか、大韓航空は787-10を10機リース導入する。787-10を韓国で導入するのは初めて。

大韓航空の787-10(イメージ、同社提供)

 大韓航空は6月17日から開催されたパリ航空ショーで、787を30機導入する意向を示していた。20機は購入機として導入し、リース機はエアリース・コーポレーション(ALC)がリースする。

 同社は現在、787-9(3クラス計269席:ファースト6席、ビジネス18席、エコノミー245席)を10機保有。全機受領後は787-9と787-10を20機ずつ保有することになる。

 3機種で構成する787ファミリーのうち、787-10は胴体がもっとも長い超長胴型で、標準型の787-8より11.6メートル、長胴型の787-9より5.5メートル長い。設計と部品は787-9と95%共通しており、最終組立はすべて米サウスカロライナ州のチャールストン工場となっている。日本の航空会社では、全日本空輸(ANA/NH)が3機発注しており、4月から国際線に順次投入している。

関連リンク
大韓航空
Boeing
ボーイング・ジャパン

パリ航空ショーで合意
大韓航空、787-10を20機導入へ 787-9は10機(19年6月26日)

大韓航空の787
大韓航空、787-9初号機受領 年内に長距離国際線(17年2月23日)

他社の787-10
ジャムコ、KLM787-10向けビジネスクラスシート初納入(19年7月13日)
エバー航空、787-10初受領 アジア路線に(19年6月25日)
ニュージーランド航空、787-10導入へ 8機、777-200ER置き換え(19年5月27日)
ANA、787-10就航 超長胴型787、成田-シンガポール線に(19年4月26日)
ユナイテッド航空、787-10日本初飛来 成田-ロサンゼルス、機材繰りで(19年4月25日)
ANA、787-10公開 胴体最長の787、新シートで東南アジア路線に(19年4月5日)
ANAの787-10初号機、羽田に到着 日本初導入、4月就航(19年3月31日)
シンガポール航空、関空で787-10日本初公開 就航50周年、5月に世界初定期便(18年4月4日)
シンガポール航空、787-10公開 新シート採用、5月に関空就航(18年3月28日)

写真特集・ANA 787-10
ビジネスクラス編 A380と同じ新フルフラットシート(19年4月27日)
プレエコ編 通路に出やすい大型テーブル(19年4月29日)
エコノミー編 個人用モニターは世界最大13.3インチ(19年4月30日)
操縦席・外観編 777-200より長い超長胴型787(19年5月3日)

写真特集・シンガポール航空787-10
フットレスト廃止で足もと広々 写真特集・シンガポール航空787-10 日本初公開(エコノミークラス編)(18年4月14日)
隣り合うベッドになる中央席 写真特集・シンガポール航空787-10 日本初公開(ビジネスクラス編)(18年4月10日)
世界初の787-10、関空経由で到着 写真特集・シンガポール航空787-10(18年4月4日)

  • 共有する:
  • Facebook
  • Twitter
  • Print This Post