ANAの787エンジン改修「東京五輪前の完了が重要」 ロールス・ロイス イーストCEOに聞く(前編)

By
  • 共有する:
  • Print This Post

 2019年は、日本の航空会社が初めて就航させる機体が相次ぐ。全日本空輸(ANA/NH)が総2階建ての超大型機エアバスA380型機を5月に就航させるほか、ボーイング787型機の長長胴型となる787-10も日本の航空会社では初めて受領する。日本航空(JAL/JL、9201)も、エアバスの最新鋭機A350 XWBを国内線から順次就航させる。

 いずれの機体も、低騒音や低燃費が売りのひとつとなっており、新型エンジンや空力特性の改善でこれらを実現している。そして、上記の3機種はすべてロールス・ロイス(RR)製エンジンを採用している。

ロールス・ロイスのウォーレン・イーストCEO=18年11月30日 PHOTO: Tadayuki YOSHIKAWA/Aviation Wire

 このほど来日したRRのウォーレン・イーストCEO(最高経営責任者)が、Aviation Wireの単独インタビューに都内で応じた。イーストCEOは、2014年にRRの社外取締役に選任され、2015年7月にCEO就任。RR入社前は、入社前はアーム・ホールディングスで2001年から2013年までCEOを務めた。2014年には。エンジニアリングとテクノロジーへの貢献が認められ、大英帝国勲章司令官(CBE)を授与されている。

 イーストCEOに、787用エンジン「トレント1000」の改修状況や、11月に引き渡しが始まったばかりのA330neoに採用されたトレント7000、A380用トレント900の後継をはじめ、新型エンジンなど今後の動向や、日本企業に求めるものを聞いた。

—記事の概要—
前編
ANAは優先事項
A380neo「機が熟しているかも定かではない」

後編
3軸から2軸、電力へ
中小企業は長期的視野で

ANAは優先事項

―― 787用トレント1000の改修はどのように進んでいるか。

ANAの787-8に搭載されたトレント1000=PHOTO: Tadayuki YOSHIKAWA/Aviation Wire

イーストCEO:非常に大きな問題だが、2つに分けて考えている。ひとつはANAについて、もうひとつはグローバル市場についてだ。

 トレント1000は全世界に600基ほどある。エンジン内に耐久性にかかわる問題がいくつかあり、エンジン自体はとても信頼をおけるものの、一部のパーツには十分とは言えない部分があった。この問題の解決に向け、18カ月取り組んできた。コンプレッサーを検査すると、ブレードに小さな亀裂が入っていることがあり、亀裂が見つかれば交換している。

 一方で、亀裂が生じにくくなるよう、設計変更を行ったところだ。今年の夏に設計変更を終えたものを何度もテストし、飛行試験も実施しており、認証取得に向けて作業を進めているところだ。今年の年末をめどに、600基に対する新しいブレードへの入れ替えを始めたい。

シンガポールにあるロールス・ロイスのセレター工場で組み立てが進む787用トレント1000=PHOTO: Tadayuki YOSHIKAWA/Aviation Wire

 しかし、トレント1000には大別すると3種類あり、言うほど簡単なことではない。「パッケージA」から「パッケージC」まであるが、パッケージCから改修を始めた。なぜならば、数が一番多いからだ。

 今回の問題は、お客様にとてもご迷惑をかけることになり、RRにも厳しい時期になった。航空会社では、機材繰りの関係で欠航が生じてしまったり、新たな作業が発生したりと、ご迷惑をおかけすることになってしまい、残念に思う。

 ANAはトレント1000全体の2割にあたる最大顧客だ。ANAの問題を完全に解消することが優先事項になっている。乗客の皆様には、15万人ほど影響が出てしまったと伺っている。今年はANAと密接に連携し、点検と交換を進めてきた。2020年の東京オリンピックを視野に、早い時期に終えることが重要だ。

 グローバルでみると、すべての交換に今から2、3年はかかるだろう。もっと短期間でも対応できるが、航空会社の機材繰りが厳しくなるためだ。

A380neo「機が熟しているかも定かではない」

リエンジンが話題になることの多いA380=PHOTO: Tadayuki YOSHIKAWA/Aviation Wire

―― A330neoの引き渡しが始まったが、トレント7000に技術的な課題はあるか。

イーストCEO:トレント7000はトレント1000をベースにしており、慎重にという点で、コンプレッサーはきちんと点検している。ブレードについても、潜在的な問題が起きないとも限らないので変更した。

 潜在的な関心事を除けば、トレント7000はとても良いエンジンだ。A330と比べて、クリーンで静かだ。

―― 各地の航空ショーでは、毎回のようにA380neoの話題がのぼる。RRとしてはどのように考えているか。

イーストCEO:もちろん技術的には新エンジンは十分可能だ。効率を高められるが、(A380neoを)開発するかどうかの決定はエアバスの問題だと思う。もしやるとなると、商業的に大きな決断になる。加えて、市場がリエンジンを進める機が熟しているかも、まだ定かではない。

羽田で公開されたA350-1000飛行試験2号機のトレントXWB=PHOTO: Tadayuki YOSHIKAWA/Aviation Wire

 例えば、JALではA350を導入するし、他社でも787やA330neoに十分満足している現状がある。そこにもう1機種大きめの機材を、という需要がどの程度あるかだ。

 もちろん、例外的なニーズもあるかもしれない。ANAは特別な路線に少ない機数のA380を導入するが、全体的には今申し上げた通りだ。

―― 日本では戦闘機用などのエンジンについて独自開発が進められている。防衛分野も、日本とRRは民間機の分野と同様に連携できるか。

イーストCEO:もちろんだ。これまでに長い関係がある。陸海空でさまざまなことをやってきて、空自には700基以上の納入実績がある。

 加えて、日本と英国の政府は日英防衛協力を結んでいる。防空分野で英国政府ととても密接な関係にある。これまでも日本のIHI(7013)や三菱重工業(7011)、川崎重工業(7012)などとパートナーシップを構築してきたので、防衛分野でも長年の経験を生かしていきたい。

 そして、戦闘機エンジンはRRではすべて自社内で完成させるほどの能力を有している。これからも私たちの実績をいかして、日本の自衛隊の皆様に協力を惜しまない。

後編につづく)

関連リンク
Rolls-Royce
ロールス・ロイス
Boeing
ボーイング・ジャパン
全日本空輸

ロールス・ロイス イーストCEOに聞く
後編 ANAの787エンジン改修「東京五輪前の完了が重要」(18年12月12日)

ANAの787
787エンジン改修、21年までに完了へ RRイーストCEO「ANAは優先事項」(18年11月30日)
ANA、18年4-9月期営業益8.6%減 787影響で55億円減収(18年11月3日)
川重、787エンジン問題の費用100億円計上 19年3月期予想を下方修正(18年10月21日)
ロールス・ロイスの787エンジン問題、改良型を年内提供へ(18年7月17日)
ANAの787-10、19年3月納入へ 国内線に(18年4月29日)

ANAのA380
ANAのA380、成田-ホノルル19年5月就航 7月に2号機(18年11月27日)
ANAのA380、初飛行成功 ハンブルクで塗装へ(18年9月18日)

JALのA350
JAL植木社長「総額見て手が震えた」 次世代旗艦機A350-1000、日本初飛来(18年2月15日)
JAL初のロールス・ロイス製エンジン 写真特集・A350-1000羽田初公開(前編)(18年2月23日)
JAL、大型機はA350のみ 植木社長「効率落ちる」(17年7月12日)
JAL、国内線からA350導入 19年度から777置き換え(17年4月28日)
日航、A350で777置き換え 777X採用ならず(13年10月7日)

A330neo
エアバス、A330neo納入開始 初号機、TAPポルトガル航空に(18年11月27日)
型式証明取得目前のA330neo 写真特集・ファンボロー航空ショー2018(2)(18年9月1日)
エアバス、A330neo初号機の製造開始(15年9月8日)
エアバスA330neo、ローンチカスタマーは米ALC 25機発注へ(14年7月15日)