MRJ, 機体, 解説・コラム — 2018年6月29日 07:58 JST

MRJ70、21年後半にも初納入へ 北米置き換え需要狙う

By
  • 共有する:
  • Print This Post

 次世代リージョナルジェット機「MRJ」を開発中の三菱航空機は現地時間6月27日(日本時間28日)、70席クラスの「MRJ70」について、2021年後半にも初納入する意向を示した。

モーゼスレイクで飛行試験を進めるMRJの飛行試験初号機=18年6月27日 PHOTO: Tadayuki YOSHIKAWA/Aviation Wire

 MRJは、メーカー標準座席数が88席の「MRJ90」と、76席の「MRJ70」の2機種で構成。パイロットのライセンスやエンジンなどが共通で、現在はMRJ90から開発を進めている。

 米国の飛行試験拠点があるワシントン州モーゼスレイクで、プログラム推進本部長のアレクサンダー・ベラミー氏は本紙などの取材に対し、MRJ70について「2021年後半から2022年前半に市場投入したい」との意向を示した。

 現在飛行試験が進むMRJ90は、5回にわたる納入延期により、2020年半ばまでに初号機引き渡しを目指している。納入開始の数カ月前までには、機体の安全性を証明する「型式証明(TC)」を、監督する国土交通省から取得する必要がある。ベラミー氏によると、TC取得に向けた飛行試験を、今年7-9月期にも始める方向で調整を進めているという。

 これまでMRJ70は、MRJ90の納入開始から約1年後の完成を念頭に置いており、おおむねスケジュールに近い時期に市場投入するとみられる。

 背景には、リージョナルジェット機最大の市場である北米で、2022年以降に置き換え需要が高まることがある。三菱航空機では、2022年から2027年にかけて約900機の需要があると予測しており、特にボンバルディアCRJ200型機のような50席クラス機の退役が、2023年から2026年にかけて大量に生じるとみている。

 また、北米では大手航空会社で働くパイロットの雇用を守るため、航空会社とパイロット組合の間で結ばれた労使協定の中に、「スコープ・クローズ」と呼ばれるリージョナル機の座席数や最大離陸重量の制限がある。このため、現在は座席数76席以下、最大離陸重量8万6000ポンド(約39トン)という値が基準の一つになっており、同クラスで新型エンジンを搭載する次世代機はMRJ70のみであることから、置き換え需要を取り込みたい考えだ。

関連リンク
三菱航空機
三菱重工業

MRJ、米モーゼスレイクで飛行試験初公開 ファンボロー航空ショーにはANA塗装機(18年6月28日)
MRJ、ファンボローで3日間飛行展示へ(18年6月5日)
三菱重工、MRJ事業強化 資本増強で債務超過の解消目指す(18年5月8日)
「社内に緊張感ない」MRJ今そこにある危機 最大手エンブラエルは好調アピール(18年1月24日)
三菱航空機、MRJの最終組立工場公開 MRJ70初号機も(17年4月27日)
「素材技術で差別化」特集・岐路に立つMRJ、問われる総合力(17年1月24日)
MRJ、初号機納入2020年半ばに 5度目の延期(17年1月23日)

  • 共有する:
  • Facebook
  • Twitter
  • Print This Post