エアライン, ボーイング, 機体, 空港, 解説・コラム — 2022年6月23日 14:56 JST

ANA、PWエンジン777運航再開 10月までに全機復帰

By
  • 共有する:
  • Print This Post

 全日本空輸(ANA/NH)は6月23日、米プラット&ホイットニー製エンジン「PW4000」を搭載するボーイング777型機の運航を再開した。1年4カ月ぶりとなった再開初便は、羽田発福岡行きNH255便(777-200ER、登録記号JA742A)で、羽田を定刻の午後1時40分に出発した。

羽田63番スポットから出発するANAのPW4000搭載777再開初便の福岡行きNH255便=22年6月23日 PHOTO: Tadayuki YOSHIKAWA/Aviation Wire

—記事の概要—
10月末までに全機復帰
ANA機はトラブルなし
JALは全機退役、ユナイテッドは再開済み

10月末までに全機復帰

 PW4000エンジンを搭載する777を保有する国内の航空会社は現在ANAのみで15機。すべて国内線機材で、777-200が2機、航続距離延長型の777-200ERが8機、長胴型の777-300が5機。順次改修を進めて夏休みの繁忙期に備え、10月末までには全15機が復帰する見通し。

羽田空港を出発するANAのPW4000搭載777再開初便の福岡行きNH255便=22年6月23日 PHOTO: Tadayuki YOSHIKAWA/Aviation Wire

 3機種の座席数は、計10機ある777-200と777-200ERは2クラス392席仕様(プレミアムクラス28席、普通席364席)と2クラス405席仕様(プレミアムクラス21席、普通席384席)が混在しており、392席仕様が4機、405席仕様は6機。777-300は全機が2クラス514席仕様(プレミアムクラス21席、普通席493席)となる。

 今回再開初便の福岡行きNH255便に投入したJA742Aは、2クラス405席仕様。乗客202人(幼児1人含む)を乗せ、羽田の63番スポットを定刻の午後1時40分に出発し、D滑走路(RWY05)を同56分に離陸した。

 第2ターミナルの展望デッキには、平日にもかかわらず多くの人が再開初便をひと目見ようと集まっていた。

ANA機はトラブルなし

 2021年2月20日(日本時間21日)に米国で発生した米ユナイテッド航空(UAL/UA)の777-200(登録記号N772UA)のエンジントラブルを受け、国土交通省航空局(JCAB)は同じエンジンを搭載する777の運航停止を、ANAと当時保有していた日本航空(JAL/JL、9201)に同日指示。海外の航空各社にも同型機による日本への乗り入れ停止を指示していた。

羽田空港を出発するANAのPW4000搭載777再開初便の福岡行きNH255便=22年6月23日 PHOTO: Tadayuki YOSHIKAWA/Aviation Wire

 現時点で国の運輸安全委員会(JTSB)は最終調査結果を公表していないが、ANAによると、(1)疲労亀裂によるエンジンファンブレードの破断、(2)ファンブレード破断が引き起こすエンジン振動によるエンジンカウル損傷と脱落、(3)スラストリバーサー(逆噴射装置)の損傷と作動油遮断バルブ不具合による防火機能の低下、が推定原因だという。

 JCABは今年3月18日付で、PW4000を搭載する777の商業運航停止を解除。再発防止策を策定し、エンジン内にあるファンブレードの非破壊検査の強化や、インレット・カウルの強化、火災防止向けの改修などを条件に、防止策を施した機体の運航再開を認めている。

 ANA機ではPW4000関連で上述のトラブルは起きていないが、(1)ファンブレード破断防止のため非破壊検査の間隔短縮、(2)エンジンカウルの構造強化、(3)エンジンの防火機能強化などの対策を実施している。

JALは全機退役、ユナイテッドは再開済み

 JALは2020年度で全機退役済み。当初は2021年度末までに当時残っていた7機(777-200:5機、777-300:2機)を全機退役させる計画だったが、予定を前倒しして後継機のエアバスA350型機に置き換えた。

 ANAとJALが国際線に投入している777-300ERや、JALが国内線に転用した777-200ERは米GE製エンジンGE90を採用しており、運航停止の対象外となっている。

 ユナイテッド航空はPW4000を搭載する777-200について、6月に国際線で運航を再開。同社によると、対象となる全52機の運航再開許可をFAA(米国連邦航空局)から取得したという。

*写真は17枚(再開初日の運航スケジュールは写真下に掲載)。

羽田空港で出発を待つANAのPW4000搭載777再開初便の福岡行きNH255便=22年6月23日 PHOTO: Tadayuki YOSHIKAWA/Aviation Wire

羽田空港で出発を待つANAのPW4000搭載777再開初便の福岡行きNH255便=22年6月23日 PHOTO: Tadayuki YOSHIKAWA/Aviation Wire

羽田空港で出発を待つANAのPW4000搭載777再開初便の福岡行きNH255便=22年6月23日 PHOTO: Tadayuki YOSHIKAWA/Aviation Wire

羽田空港でL2ドアのPBBが外されるANAのPW4000搭載777再開初便の福岡行きNH255便=22年6月23日13時32分 PHOTO: Tadayuki YOSHIKAWA/Aviation Wire

羽田空港でL1ドアのPBBが外されるANAのPW4000搭載777再開初便の福岡行きNH255便=22年6月23日13時35分 PHOTO: Tadayuki YOSHIKAWA/Aviation Wire

羽田第2ターミナルの展望デッキに集まった人にコックピットから手を振るANAのPW4000搭載777再開初便の福岡行きNH255便のパイロット=22年6月23日 PHOTO: Tadayuki YOSHIKAWA/Aviation Wire

羽田63番スポットから出発するANAのPW4000搭載777再開初便の福岡行きNH255便=22年6月23日 PHOTO: Tadayuki YOSHIKAWA/Aviation Wire

羽田63番スポットから出発するANAのPW4000搭載777再開初便の福岡行きNH255便=22年6月23日 PHOTO: Tadayuki YOSHIKAWA/Aviation Wire

羽田空港を出発するANAのPW4000搭載777再開初便の福岡行きNH255便=22年6月23日 PHOTO: Tadayuki YOSHIKAWA/Aviation Wire

羽田空港のD滑走路へ向かうANAのPW4000搭載777再開初便の福岡行きNH255便=22年6月23日 PHOTO: Tadayuki YOSHIKAWA/Aviation Wire

羽田空港のD滑走路へ向かうANAのPW4000搭載777再開初便の福岡行きNH255便=22年6月23日 PHOTO: Tadayuki YOSHIKAWA/Aviation Wire

羽田空港のD滑走路を離陸するANAのPW4000搭載777再開初便の福岡行きNH255便=22年6月23日 PHOTO: Tadayuki YOSHIKAWA/Aviation Wire

羽田空港のD滑走路を離陸するANAのPW4000搭載777再開初便の福岡行きNH255便=22年6月23日 PHOTO: Tadayuki YOSHIKAWA/Aviation Wire

羽田空港を離陸し福岡へ向かうANAのPW4000搭載777再開初便のNH255便=22年6月23日 PHOTO: Tadayuki YOSHIKAWA/Aviation Wire

再開日の運航スケジュール
NH255 羽田(13:40)→福岡(15:35)
NH260 福岡(16:20)→羽田(18:05)

関連リンク
全日本空輸
Pratt & Whitney
Boeing
ボーイング・ジャパン

ユナイテッド航空は6月再開
ユナイテッド航空、PWエンジン777の運航6月再開へ FAAから許可取得(22年5月24日)

3月に運航停止解除
国交省、PWエンジン777の運航停止解除 国内はANAのみ、4-6月期の再投入目指す(22年3月18日)

フェリー便限定で解除
国交省、PWエンジン777の運航停止を一部解除 JALフェリー便が売却先へ(21年12月16日)

21年2月に運航停止指示
国交省、ANA/JALに777運航停止指示 ユナイテッド機事故でPWエンジン機(21年2月22日)

JALは退役済み
8ミリビデオやAMラジオも JAL、国内線777退役イベントで裏側紹介(21年4月26日)
1便500席時代の終焉 特集・なぜJAL国内線777-300は後継不在なのか(21年4月5日)
JAL、国内線777の退役完了 PWエンジン機運航停止で前倒し(21年4月5日)

N772UA関連
ユナイテッドの777、ファンブレード2枚破断も機体損傷は軽微 NTSB調査(21年2月23日)
FAA、777に緊急耐空性改善命令 ユナイテッド機不具合でPWエンジン機(21年2月22日)
ユナイテッド航空の777,デンバー離陸後にエンジントラブル 部品落下も(21年2月21日)

PW4000搭載機
エンジン不具合のJAL 777、那覇で修理終え羽田帰還 2カ月半ぶり(21年2月16日)
JALの777ファンブレード損傷、1枚は疲労破壊か 運輸安全委(20年12月30日)
JALの777、ファンブレード2枚損傷 同型エンジン点検、問題なし(20年12月7日)
JALの777、那覇空港へ緊急着陸 左エンジン不具合で(20年12月4日)
大韓航空の777、タービンディスク破断で火災か 16年5月、羽田の航空事故(18年7月27日)