エアライン, ボーイング, 官公庁, 機体 — 2021年2月22日 05:55 JST

国交省、ANA/JALに777運航停止指示 ユナイテッド機事故でPWエンジン機

By
  • 共有する:
  • Print This Post

 2月21日(現地時間20日)に米国で発生したユナイテッド航空(UAL/UA)のボーイング777-200型機(登録記号N772UA)のエンジン損傷トラブルを受け、国土交通省は同日、同じエンジンを搭載する777の運航停止を全日本空輸(ANA/NH)と日本航空(JAL/JL、9201)に指示した。期間は対策の必要性の有無を検討する間としている。

国交省がANAとJALにPW4000搭載777の運航停止を指示。写真は那覇から羽田へ到着したJA8978=21年2月16日 PHOTO: Tadayuki YOSHIKAWA/Aviation Wire

 ユナイテッド航空の当該機は、デンバー発ホノルル行きUA328便として現地時間20日午後(日本時間21日午前)に米コロラド州のデンバー国際空港を離陸直後、右エンジンにトラブルが発生して引き返した。空港周辺の住宅地や公園などには、インレット・カウルなどエンジン部品の一部が落下したが、乗客乗員を含めけが人はなかった。

デンバー空港周辺の住宅地で発見されたユナイテッド航空の777から落下したとみられるインレット・カウル(ブルームフィールド警察のTwitterから)

 当該機は、1995年9月にユナイテッド航空へ引き渡された機体で、エンジンは米プラット&ホイットニー製PW4000を2基搭載している。NTSB(米国家運輸安全委員会)が調査を進めているが、現時点で原因などの特定には至っていない。

 国交省は追加対策の必要性の有無を検討する間、ANAとJALにPW4000を搭載する777-200と長胴型777-300の運航停止を指示した。21日時点で、ANAは対象機を19機、JALは13機保有しており、両社とも国内線に投入している。JALのウェブサイトによると、機材変更に伴いファーストクラスやクラスJに座席不足が発生しているという。

 昨年12月4日には、同じエンジンを搭載する日本航空(JAL/JL、9201)の777-200(JA8978)も、羽田行きJL904便として那覇空港を離陸直後、左エンジンが損傷する「重大インシデント」が発生して引き返している。同便には乗客178人(幼児3人含む)と乗員11人の計189人が搭乗していたが、けがはなかった。

 JA8978は、左エンジンに22枚あるファンブレードのうち2枚に損傷が見つかり、破損した2枚のうち1枚に疲労破壊の特徴である模様がみられた。同機は那覇で修理を終え、2月16日に羽田へ戻っている。

 国交省航空局(JCAB)は、12月4日に点検頻度の引き上げによる点検強化をJALとANAに指示済みで、PW4000のファンブレードの検査間隔を従来の半分にあたる3250回ごとに短縮。両社はこの時に緊急点検を実施しているが、点検対象機に問題はなかった。

 このほかに日本国内で起きたPW4000のトラブルでは、2016年5月に大韓航空(KAL/KE)の羽田発ソウル(金浦)行きKE2708便(777-300、HL7534)が、羽田を離陸滑走時に左エンジンから出火。JTSBの調査では、左エンジンの第1段高圧タービンディスクが破断し、エンジンケースを貫通した衝撃で燃料滑油熱交換器に亀裂が発生。亀裂から燃料が漏れ、滑油に引火したとの見方を示した。

関連リンク
ユナイテッド航空

N772UA関連
ユナイテッドの777、ファンブレード2枚破断も機体損傷は軽微 NTSB調査(21年2月23日)
FAA、777に緊急耐空性改善命令 ユナイテッド機不具合でPWエンジン機(21年2月22日)
ユナイテッド航空の777,デンバー離陸後にエンジントラブル 部品落下も(21年2月21日)

PW4000搭載機
エンジン不具合のJAL 777、那覇で修理終え羽田帰還 2カ月半ぶり(21年2月16日)
JALの777ファンブレード損傷、1枚は疲労破壊か 運輸安全委(20年12月30日)
JALの777、ファンブレード2枚損傷 同型エンジン点検、問題なし(20年12月7日)
JALの777、那覇空港へ緊急着陸 左エンジン不具合で(20年12月4日)
大韓航空の777、タービンディスク破断で火災か 16年5月、羽田の航空事故(18年7月27日)