エアライン, ボーイング, 機体, 空港 — 2021年6月2日 20:44 JST

ANA、7月に欧米発関空行き臨時便

By
  • 共有する:
  • Print This Post

 全日本空輸(ANA/NH)は、7月に欧米発関西行きの国際線臨時便を運航する。帰国や赴任などのニーズに応じるもので、サンフランシスコとシカゴ、フランクフルトから運航する。

7月に欧米発関空行き臨時便を運航するANA=PHOTO: Tadayuki YOSHIKAWA/Aviation Wire

 関西行き臨時便は、サンフランシスコ発NH1915便を7月4日、シカゴ発NH1935便を18日、フランクフルト発NH1926便を25日に運航。機材はシカゴにボーイング777-300ER型機(4クラス212席)、サンフランシスコとフランクフルトには787-9(3クラス215席)を投入する。

 このほかに羽田-デリー線の臨時便を6月に週2往復運航。7月に週4往復設定している羽田-ニューヨーク線のうち、16日の現地発便も運航する。

 また、8月のお盆期間には、成田-ホノルル線にエアバスA380型機を2往復投入する(関連記事)。

運航スケジュール
サンフランシスコ→関西
NH1915 サンフランシスコ(13:20)→関西(翌日16:50)運航日:7/4

シカゴ→関西
NH1935 シカゴ(11:00)→関西(翌日14:50)運航日:7/18

フランクフルト→関西
NH1926 フランクフルト(20:00)→関西(翌日14:35)運航日:7/25

関連リンク
全日本空輸

8月にA380投入
ANA、成田-ホノルルA380再投入 1年4カ月ぶり、8月に2往復(21年6月1日)

写真特集・ANA新777-300ER
(1)43インチ4Kモニターと引き戸付き個室ファーストクラス(19年7月13日)
(2)ドア付き個室ビジネスクラス(19年7月15日)
(3)世界最大の個人モニター備える1列10席エコノミー(19年7月17日)
(4)木目調パネルで落ち着いた空間(19年7月19日)