官公庁 — 2020年8月15日 05:00 JST

ブルーインパルス60周年切手、宮城県内で販売

By
  • 共有する:
  • Print This Post

 日本郵便は、航空自衛隊のブルーインパルス創設60周年を記念したオリジナルフレーム切手を8月17日から宮城県東松島市などの郵便局で販売する。

日本郵便東北支社が発売するブルーインパルス創設60周年記念切手

 1シート1500円で、84円切手が10枚。東松島市のほか石巻市、気仙沼市、登米市、東松島市、牡鹿郡女川町、本吉郡南三陸町の郵便局67局で扱う。申込受付数は700シート。

 25日午前0時15分からはオンライン販売を「郵便局のネットショップ」で行う。

 ブルーインパルスは松島基地所属。初の公式展示飛行を1960年3月4日に浜松基地(当時の浜松北基地)でF-86F戦闘機を用いて披露した。2代目となるT-2練習機を経て、現在使用しているT-4練習機による公式展示飛行は、1996年4月5日に防衛大学校で行われた。

関連リンク
ブルーインパルス(空自)
航空自衛隊
日本郵便

ブルーインパルス、年内は展示飛行なし 空自が公表(20年8月6日)
ブルーインパルス、都心上空飛び医療従事者に敬意と感謝(20年5月30日)
JALとANA協力し聖火輸送 特集・TOKYO 2020号、日本へ無事到着(20年3月23日)
東京五輪の聖火、TOKYO 2020号で松島基地到着 悪天候で1時間早着(20年3月20日)

  • 共有する:
  • Facebook
  • Twitter
  • Print This Post
キーワード: