官公庁 — 2020年5月30日 12:43 JST

ブルーインパルス、都心上空飛び医療従事者に敬意と感謝

By
  • 共有する:
  • Print This Post

 航空自衛隊は5月29日、新型コロナウイルス感染症(COVID-19)へ対応中の医療従事者などに対する敬意や感謝を示すため、アクロバットチーム「ブルーインパルス」による展示飛行を東京都区部上空で実施した。

白いスモークで線を描きながら東京スカイツリー上空を飛ぶブルーインパルス=20年5月29日 PHOTO: Yoshikazu TSUNO/Aviation Wire

 埼玉県内の入間基地を離陸したブルーインパルスは、6機編隊で板橋区方面から都心に入り、東京スカイツリーや東京駅、防衛省、都庁などの上空を飛行した。自衛隊中央病院や都立墨東病院など、感染者の治療に従事する病院上空も通過する飛行ルートが設定され、高度4000フィート(約1219メートル)前後を白いスモークで線を描きながら午後0時40分ごろから約20分ほど飛行した。

 ブルーインパルスが都心上空で展示飛行を実施するのは、1964年10月10日の東京オリンピック開会式、2014年5月31日の旧国立競技場お別れイベントに続いて3回目となった。

*写真は5枚。

白いスモークで線を描きながら東京スカイツリー上空を飛ぶブルーインパルス=20年5月29日 PHOTO: Yoshikazu TSUNO/Aviation Wire

白いスモークで線を描きながら東京スカイツリー上空を飛ぶブルーインパルス=20年5月29日 PHOTO: Yoshikazu TSUNO/Aviation Wire

白いスモークで線を描きながら東京スカイツリー上空を飛ぶブルーインパルス=20年5月29日 PHOTO: Yoshikazu TSUNO/Aviation Wire

白いスモークで線を描きながら東京スカイツリー上空を飛ぶブルーインパルス=20年5月29日 PHOTO: Yoshikazu TSUNO/Aviation Wire

関連リンク
航空自衛隊

JALとANA協力し聖火輸送 特集・TOKYO 2020号、日本へ無事到着(20年3月23日)
東京五輪の聖火、TOKYO 2020号で松島基地到着 悪天候で1時間早着(20年3月20日)

  • 共有する:
  • Facebook
  • Twitter
  • Print This Post