官公庁 — 2020年6月19日 21:32 JST

羽田新ルート、国交省が見直し検討会開催へ 従来経路も活用?

By
  • 共有する:
  • Print This Post

 国土交通省航空局(JCAB)は、3月に運用を始めた羽田空港の新飛行経路について、固定化回避に向けた検討会を6月30日に開催する。関係する自治体などから固定化しないよう求める声があることから、技術的観点から検討を進める。

南風運用時のC滑走路に着陸する機内から見た品川区青物横丁付近=20年6月5日 PHOTO: Yusuke KOHASE/Aviation Wire

 検討会には日本航空(JAL/JL、9201)と全日本空輸(ANA/NH)のパイロットらも参加。年度内をめどに利点と欠点を整理する。現在は国際線の発着が多く見込まれる夕方などで南風時と北風時で風向きにより異なる経路で運用しているが、一部をこれまでと同じ経路に戻すことも検討するとみられる。

 羽田空港の新ルートは、夏ダイヤが始まった3月29日に運用を開始した。これにより国際線の発着回数が3万9000回増え、これまでの年間6万回から9万9000回に拡大した。

 羽田に4本ある滑走路のうち、北風運用時はC滑走路(RWY34R)から出発し、荒川に沿って北上する。南風時はA滑走路(RWY16R)とC滑走路(RWY16L)を到着で、B滑走路(RWY22)を出発で使用。A滑走路の着陸時は品川区大井町上空などを、C滑走路の着陸時は港区高輪台上空などを通過する。B滑走路からの出発は、対岸にある川崎市川崎区殿町付近を通過する。

 運用時間は北風・南風ともに午後3時から午後7時までのうち3時間程度。北風時はこのほか、午前7時から午前11時30分までも運用時間としている。1時間あたりの離着陸は、北風時のC滑走路離陸が22便、南風時の着陸はA滑走路が14便、C滑走路が30便となる。B滑走路からは20便が離陸する。

 新ルートを巡っては、飛行ルート下にある東京・港区や品川区、渋谷区、神奈川・川崎市などの住民29人が原告となり、6月12日に新ルートの運用差し止めを求め東京地裁へ提訴した。

品川区大井町駅前から見た南風運用時のA滑走路に着陸する機体=20年4月7日 PHOTO: Yusuke KOHASE/Aviation Wire

川崎市の殿町第2公演から見た南風運用時のB滑走路から離陸する機体=20年4月6日 PHOTO: Yusuke KOHASE/Aviation Wire

関連リンク
羽田空港飛行コースホームページ(国交省)
実機飛行確認 騒音測定結果(PDF、国交省東京航空局)
「羽田空港のこれから~飛行経路の見直しによる羽田空港の国際線増便について~」(PDF、国交省)

新飛行経路
羽田新ルート、飛行確認完了 南風時終了で(20年2月13日)
羽田新ルート、北風時の飛行確認終了 C滑走路から502便(20年2月7日)
羽田空港新ルート、都心を61機通過し着陸 旅客便で飛行確認始まる(20年2月3日)
羽田新ルート、旅客便使った試験飛行時に騒音測定 測定局18カ所で(20年1月17日)
羽田空港新ルート、旅客便試験飛行1月30日から 北風・南風運用で(19年11月16日)
羽田新経路、飛行検査で安全性検証 12月まで(19年8月26日)
羽田空港、20年夏ダイヤから新経路 国際線、年3.9万回増便へ(19年8月8日)

20年3月の国際線増枠
ANA、羽田国際線の出発ターミナル決定 第2が6割、第3も継続(20年1月24日)
ANAの羽田国際線、夏休みまでに全14路線 増枠分の日程出そろう 20年度計画(20年1月23日)
「本当にパイロット問題だけなのか」羽田・成田が疑問抱く”ANAが飛べない理由”(19年12月10日)
JAL、羽田発着枠増枠でホノルル2便 20年3月国際線強化、全国からハワイへ(19年11月19日)
JAL、成田国際線を20年度3-5路線拡充 ZIPAIRも活用(19年11月20日)
ANAの羽田国際線、12新路線 成田の米国5路線運休・減便へ 20年夏(19年11月19日)
羽田国際線、中国は4社1枠ずつ 北京大興から新路線 20年夏(19年11月21日)
羽田の豪州路線、2社に1枠ずつ配分へ カンタス航空と豪ヴァージン、20年夏ダイヤ(19年10月23日)
羽田国際線、ANA13.5枠で決定 JALは11.5枠、昼間帯新規7地域(19年9月2日)
デルタ航空、成田撤退 羽田に20年3月集約、ソウル-マニラ開設へ(19年8月12日)
羽田米国枠、デルタ航空が最多 米運輸省、12枠暫定割り当て 20年夏(19年5月17日)