官公庁, 空港 — 2020年2月13日 19:15 JST

羽田新ルート、飛行確認完了 南風時終了で

By
  • 共有する:
  • Print This Post

 国土交通省航空局(JCAB)は、羽田空港の新飛行経路を航空会社の定期便が都心上空を実際に飛ぶ「飛行確認」について、南風運用による確認を2月12日に終了した。北風での確認は5日に終了しており、飛行確認は完了した。

飛行確認が完了した羽田空港=PHOTO: Tadayuki YOSHIKAWA/Aviation Wire

 JCABは2月2日から12日までの期間内で、6日と8日、9日、10日を除く7日間を対象に、南風運用による到着・出発便で飛行確認を実施。羽田に4本ある滑走路のうち、A滑走路(RWY16R)とC滑走路(RWY16L)を到着で、B滑走路(RWY04)を出発で使用した。期間内にA滑走路に着陸したのは148便、C滑走路に着陸したのは372便、B滑走路から出発したのは245便だった。

 A滑走路着は7日の35便が最多で、4日の7便が最少だった。C滑走路着は78便だった7日が最多、31便の11日が最少。B滑走路発は7日の50便が最多で、4日の22便が最少だった。

 最終日となった12日の測定結果速報値によると、A滑走路の経路下のうち目黒区の田道小学校では、地下鉄の車内に相当する75から73デシベルの騒音を約10秒間観測。品川区の東京都下水道局南部下水道事務所品川出張所では、航空機の機内に相当する80から78デシベルの騒音が約5秒間続いた。

 C滑走路の経路下のうち、港区の高輪台小学校では81から79デシベルの騒音を約2秒間観測。品川区の東京都下水道局八潮ポンプ所では77から75デシベルの騒音が約3秒間続いた。

 B滑走路の経路下にある川崎市の国立医薬品食品衛生研究所では、パチンコ店内に相当する91から89デシベルの騒音を約4秒観測。経路近くにある大田区の羽田小学校では、ゲームセンター店内に相当する84から82デシベルの騒音が約2秒続いた。

 新飛行経路の運用は、3月29日に始まる夏ダイヤから。これにより国際線の発着回数が3万9000回増え、現在の年間6万回から9万9000回に拡大する。

関連リンク
羽田空港(東京国際空港)飛行コースホームページ(国交省)
新飛行経路運用開始後の測定結果の公表(20年3月29日から公開予定)
騒音対策について(PDF、国交省東京航空局)
「羽田空港のこれから~飛行経路の見直しによる羽田空港の国際線増便について~」(PDF、国交省)

新飛行経路
羽田新ルート、北風時の飛行確認終了 C滑走路から502便(20年2月7日)
羽田空港新ルート、都心を61機通過し着陸 旅客便で飛行確認始まる(20年2月3日)
羽田新ルート、旅客便使った試験飛行時に騒音測定 測定局18カ所で(20年1月17日)
羽田空港新ルート、旅客便試験飛行1月30日から 北風・南風運用で(19年11月16日)
羽田新経路、飛行検査で安全性検証 12月まで(19年8月26日)
羽田空港、20年夏ダイヤから新経路 国際線、年3.9万回増便へ(19年8月8日)

20年3月の国際線増枠
ANA、羽田国際線の出発ターミナル決定 第2が6割、第3も継続(20年1月24日)
ANAの羽田国際線、夏休みまでに全14路線 増枠分の日程出そろう 20年度計画(20年1月23日)
「本当にパイロット問題だけなのか」羽田・成田が疑問抱く”ANAが飛べない理由”(19年12月10日)
JAL、羽田発着枠増枠でホノルル2便 20年3月国際線強化、全国からハワイへ(19年11月19日)
JAL、成田国際線を20年度3-5路線拡充 ZIPAIRも活用(19年11月20日)
ANAの羽田国際線、12新路線 成田の米国5路線運休・減便へ 20年夏(19年11月19日)
羽田国際線、中国は4社1枠ずつ 北京大興から新路線 20年夏(19年11月21日)
羽田の豪州路線、2社に1枠ずつ配分へ カンタス航空と豪ヴァージン、20年夏ダイヤ(19年10月23日)
羽田国際線、ANA13.5枠で決定 JALは11.5枠、昼間帯新規7地域(19年9月2日)
デルタ航空、成田撤退 羽田に20年3月集約、ソウル-マニラ開設へ(19年8月12日)
羽田米国枠、デルタ航空が最多 米運輸省、12枠暫定割り当て 20年夏(19年5月17日)

  • 共有する:
  • Facebook
  • Twitter
  • Print This Post