官公庁 — 2020年5月1日 17:38 JST

国交省の飲酒機長、60日間の乗務停止 那覇で泡盛など6杯

By
  • 共有する:
  • Print This Post

 国土交通省航空局(JCAB)は、那覇空港で乗務前の同省飛行検査センター所属の機長から規定値を超えるアルコールが検出されたことについて、4月28日付で60日間の航空業務停止処分を下した。当該機長は免許を一時返納し、処分が明ける6月27日まで乗務できない。

飲酒機長が乗務予定だった飛行検査センターのCJ4(資料写真)=PHOTO: Tadayuki YOSHIKAWA/Aviation Wire

 アルコールが検出されたのは、中部空港にあるJCAB交通管制部運用課飛行検査センター所属の40代男性機長。機長は2019年12月23日午前7時に、検査センターの飛行検査機(サイテーションCJ4)に搭乗し、供用前の那覇空港第2滑走路を検査飛行する予定だった。

 機長は午前6時ころに乗務前のアルコール検査を受けたところ、規定値を超えるアルコール量0.278mg/lが検出された。その後、機長は乗務を中止した。

 JCABによると、機長は乗務前日の12月22日に、那覇市内の飲食店2軒で飲酒。1軒目は午後4時から午後5時30分まで、2件目は午後5時40分から午後7時30分まで、生ビールとハイボール、ロックの泡盛をそれぞれ2杯ずつ、計6杯を飲んだという。

 航空各社では2018年から、乗務前のパイロットから規定値を超えるアルコールが検出されるトラブルが頻発。各社を監督するJCABは2019年10月から、業務に支障を及ぼす可能性のある過度な飲酒を禁止するなど、パイロットの飲酒問題対策を強化している。

 日本航空(JAL/JL、9201)は、2018年10月28日にロンドン発羽田行きJL44便の乗務前の男性副操縦士(当時、懲戒解雇)が過度な飲酒により英国で身柄を拘束され、現地で禁錮10カ月の判決が言い渡された事件を含め、2019年9月までに発生した4件の飲酒問題について、JCABから事業改善命令を1年間で2回受けている。

 全日本空輸(ANA/NH)は2019年11月に、福岡発羽田行きNH242便の40代男性機長(当時、懲戒解雇)から乗務前のアルコール検査で、規定値を超えるアルコール量0.22mg/lが検出された。機長は乗務から外れ、同年12月には懲戒解雇処分を受けた。

関連リンク
国土交通省

当該機長が所属する飛行検査センター
国交省、新飛行検査機を3機受領 19日初飛行、年内にも検査投入(15年10月15日)
飛行検査機の新拠点、中部空港で移転式典 国交省の飛行検査センター(15年5月16日)

飲酒対策を強化
国交省、パイロット飲酒対策強化 乗務8時間前でも過度な飲酒禁止(19年10月9日)

頻発した飲酒問題
ANA、CAからアルコール検出で国内線4便遅延 乗務前検査で(20年1月4日)
ANA、飲酒機長を懲戒解雇 11月に国内線4便遅延(19年12月11日)
国交省、ジェットスター・ジャパンに業務改善勧告 関空便で機長2人飲酒(19年11月30日)
国交省、スターフライヤーに業務改善勧告 台北便副操縦士から乗務前アルコール検知(19年11月29日)
ANA機長からアルコール検出 国内線4便遅延、乗務前検査で(19年11月7日)
JAL、意識改革と管理強化でパイロット飲酒根絶目指す 事業改善命令で報告書(19年10月23日)
国交省、JALに再び事業改善命令 パイロット飲酒、赤坂社長「傍観者いてはいけない」(19年10月8日)

3月オープンの那覇第2滑走路
【動画】上空から見た那覇空港第2滑走路 JTAが供用開始記念の視察フライト(20年4月5日)
那覇空港、第2滑走路オープン JTA機長「違う空港みたい」(20年3月26日)