エアライン, 空港 — 2019年10月14日 09:50 JST

ANA、羽田-富山臨時便 台風19号影響で

By
  • 共有する:
  • Print This Post

 全日本空輸(ANA/NH)は10月14日、台風19号の影響に伴い羽田-富山線の臨時便を1往復運航する。

羽田-富山線の臨時便をA321で運航するANA=PHOTO: Tadayuki YOSHIKAWA/Aviation Wire

 羽田発は午後0時45分発の富山行きNH1301便で、午後1時45分着。富山発は午後2時20分発NH1302便で、羽田には午後3時25分に到着する。機材はエアバスA321型機(2クラス)を使用する。

 羽田-富山線はANAの単独路線。1日4往復をボーイング737-800型機(2クラス166席)で運航している。

 一方、北陸新幹線は台風の影響により長野-糸魚川駅間で終日運休が決定しており、運転再開の見通しが立っていない。現在は東京-長野駅間で折り返し運転を行っているが、かがやき号とはくたか号は運転を取り止めている。

関連リンク
全日本空輸
運航の見通し(ANA)
富山きときと空港

ANAとJAL、羽田-富山・小松臨時便や大型化 北陸新幹線不通で(19年10月15日)
JALとANA、台風欠航でホノルル臨時便 A380も投入(19年10月15日)
ANAとJAL、台風19号で2170便欠航 2日間で35万人影響(19年10月13日)
ANA、羽田-富山にA321 高需要期に供給増(19年1月24日)

A321neo搭乗記
国内線普通席も電源コンセント完備 特集・ANA A321neoに乗ってみた

写真特集・ANA A321neo初号機
機内編 各席に個人モニターや電源装備
外観編 低燃費大型エンジンは直径2メートル

写真特集・ANA A321ceo国内線仕様
前編 電動シートのプレミアムクラス
後編 初号機はハンブルク製

  • 共有する:
  • Facebook
  • Twitter
  • Print This Post