エアバス, エアライン, 機体 — 2019年1月24日 10:21 JST

ANA、羽田-富山にA321 高需要期に供給増

By
  • 共有する:
  • Print This Post

 全日本空輸(ANA/NH)は1月23日、羽田-富山線の高需要期に、エアバスA321型機を投入すると発表した。夏ダイヤ(3月31日から10月26日)期間のうち、ゴールデンウィークや夏休みなどにA321を投入し、座席供給量を拡大する。

ANAが高需要期の富山線に投入するA321neo=PHOTO: Tadayuki YOSHIKAWA/Aviation Wire

 羽田-富山線は現在1日4往復で、夏ダイヤでも継続。機材はボーイング737-800型機(2クラス166席)を使用している。

 A321の座席数は、737-800より28席(16.8%)多い2クラス194席。羽田を午前7時55分に出発する富山行きNH313便と、折り返しの富山午前9時35分発の羽田行きNH316便などを、高需要期にはA321で運航する。また、富山-札幌(新千歳)線についても、4月と7月、8月、10月の一部便にA321を投入する。

 富山県によると、A321投入予定便数は羽田線が302便、札幌線が110便の合わせて412便で、約1万1500席ほど提供座席数が増えるという。

運航スケジュール
羽田→富山
NH313 羽田(07:55)→富山(08:50)
NH315 羽田(09:45)→富山(10:45)
NH319 羽田(18:05)→富山(19:05)
NH321 羽田(19:55)→富山(20:50)

富山→羽田
NH312 富山(07:10)→羽田(08:15)
NH316 富山(09:35)→羽田(10:45)
NH320 富山(16:00)→羽田(17:10)
NH322 富山(19:45)→羽田(20:50)

富山→札幌
NH1181 富山(11:30)→札幌(12:55)

札幌→富山
NH1182 札幌(13:45)→富山(15:15)

関連リンク
全日本空輸
富山きときと空港

A321neo搭乗記
国内線普通席も電源コンセント完備 特集・ANA A321neoに乗ってみた(18年8月30日)

ANA関係
ANA、伊丹・福岡・那覇の国内線ラウンジ刷新 2月から(19年1月23日)
ANAの787-10、成田-シンガポール4月就航 7月からバンコクも(19年1月23日)
ANA、成田-チェンナイ就航へ インド強化(19年1月23日)
ANA、777F貨物機7月就航 成田から(19年1月23日)

写真特集・ANA A321neo初号機
機内編 各席に個人モニターや電源装備(17年9月10日)
外観編 低燃費大型エンジンは直径2メートル(17年9月10日)

ANAのA321neo
日系航空会社運航のエアバス機、100機に ANAのA321neoが羽田到着(18年12月7日)
ANA、A321neo国内初就航 電源と個人モニター装備(17年9月12日)
ANA、A321neo初号機が羽田到着 12日に国内線就航、全席個人モニター完備(17年9月8日)
ANA、A321neo初号機受領 9月中旬から国内線(17年9月7日)

ANAのA321ceo
ANA、A321ceo初号機が羽田到着 上級クラスに電動新シート(16年10月31日)

写真特集・ANA A321ceo国内線仕様
前編 電動シートのプレミアムクラス(16年11月17日)
後編 初号機はハンブルク製(16年11月18日)