エアライン, ボーイング, 機体, 空港 — 2019年10月9日 18:37 JST

JAL初の787国内線仕様機、羽田に到着 27日就航

By
  • 共有する:
  • Print This Post

 日本航空(JAL/JL、9201)が10月27日から羽田-伊丹線に初投入する国内線用ボーイング787-8型機の初号機(登録記号JA846J)が9日、シアトルから羽田空港へ到着した。

羽田に到着したJALの787-8国内線仕様機=19年10月9日 PHOTO: Tadayuki YOSHIKAWA/Aviation Wire

 JALが国内線に787を就航させるのは初めてで、羽田-伊丹線に1日3往復投入し、主に767-300を置き換える。12月20日からは羽田-福岡線にも拡大し、1日2往復運航する。

 座席数は3クラス291席で、ファーストクラスが6席、クラスJが58席、普通席が227席。シートの基本仕様は、9月1日に就航したエアバスA350-900型機で採用したものを踏襲し、ファーストが2-2-2席配列の1列6席、クラスJが2-3-2席配列の1列7席、普通席が3-3-3席配列の1列9席となる。

 JALは現在、標準型の787-8と長胴型の787-9を国際線に投入している。国内線仕様機は2017年9月21日に、4機発注したことを発表。エンジンは国際線仕様機と同じ米GE製GEnx-1Bを選定した。

羽田に到着したJALの787-8国内線仕様機=19年10月9日 PHOTO: Tadayuki YOSHIKAWA/Aviation Wire

羽田に着陸するJALのA350-900初号機(手前)とシアトルから到着した787-8国内線仕様機(中央奥)、格納庫内で整備作業中のA350-900 2号機=19年10月9日 PHOTO: Tadayuki YOSHIKAWA/Aviation Wire

関連リンク
日本航空
Boeing
ボーイング・ジャパン

JAL、787国内線仕様機を16日公開 会員限定で(19年10月5日)
JALの787国内線仕様、10月27日就航 羽田-伊丹線、12月から福岡も
JAL、787国内線仕様は10月就航 既存機もUSB設置、中期計画ローリングプラン
JAL、国内線に787-8初導入 19年から羽田-伊丹、4機追加発注
次の機材選定「A350に縛られる必要ない」特集・JAL大西会長に聞く路線機材計画(機材編)

写真特集・JAL A350-900福岡公開
(1)ファーストクラスはゆとりある個室風
(2)クラスJは新レッグレストで座り心地向上
(3)普通席も全席モニター完備(19年8月24日)
(4)大型モニター並ぶコックピットや落ち着いたラバトリー

機内から撮影した離着陸や機内(YouTube Aviation Wireチャンネル
JAL A350 訓練飛行中の機内(ファーストクラス、成田→新千歳)
JAL A350 成田離陸(機内から見たJA01XJ 訓練飛行)
JAL A350の機内(ファーストクラス→クラスJ→普通席)

  • 共有する:
  • Facebook
  • Twitter
  • Print This Post