空港 — 2018年10月12日 11:37 JST

中部空港、シアトル・タコマ空港と提携

By
  • 共有する:
  • Print This Post

 中部空港(セントレア)を運営する中部国際空港会社は10月11日、シアトル・タコマ国際空港と友好空港提携の覚書を締結した。ボーイング787型機を展示する複合商業施設「Flight of Dreams(フライト・オブ・ドリームス)」が12日に開業するのに合わせ、ボーイング創業の地にある同空港との協力関係を強化していく。

友好空港協定の覚書を交わす中部空港会社の友添社長(左)とシアトル・タコマ空港のリトル総裁(中部空港会社提供)

 中部地区では、787をはじめボーイング機の胴体などを製造しており、シアトルとは縁がある。2016年からFlight of Dreamsの開設に向け、関係団体と関係を深めてきた。

 セントレアの空港間連携は4空港目。これまでに独ミュンヘン空港、台湾の台中国際空港、米ペインフィールド空港と提携を結んでいる。このうち、ペインフィールド空港は87の製造拠点であるエバレット工場に隣接し、セントレアから出発する専用貨物機「ドリームリフター」の目的地のひとつとなっている。

 11日は、中部空港会社の友添雅直社長とシアトル・タコマ空港のランス・リトル総裁との間で覚書が交わされ、常滑焼の招き猫とシアトル名産のガラス工芸品を交換した。

 シアトル・タコマ空港は、1944年にシアトル港湾局により整備されて開港。滑走路は3本で、2017年の旅客数は4700万人、貨物取扱量は42万トン、発着回数は41万回となっている。Flight of Dreamsには、シアトルに関するクイズを交えた同空港のプロモーション映像を提供した。

関連リンク
Flight of Dreams
中部国際空港 セントレア
Sea-Tac Airport

特集・中部787施設Flight of Dreams
商業エリア編 翼の下で食事できる スタバなど16店舗、シアトル再現(18年10月11日)
展示エリア編 9種類の体験型コンテンツ、コックピットも(18年10月11日)

Flight of Dreams
セントレア787施設、オープン記念式典 友添社長「集客のマグネットに」(18年10月11日)
セントレアの787施設、内部先行公開 12日開業「Flight of Dreams」(18年10月5日)
セントレアの787体験施設、前売券21日発売 10月開業「Flight of Dreams」(18年9月19日)
セントレアの787施設、操縦席展示 ボーイングストアでオリジナルグッズ(18年8月20日)
セントレアの787施設、10月開業 Flight of Dreams(18年8月10日)
重さ100t強!787が宙に浮く 初号機ZA001をジャッキアップ、中部空港Flight of Dreams(18年3月4日)
3500人に見守られ一般道横断 写真特集・787初号機Flight of Dreamsへ大移動(17年12月19日)
787初号機がセントレアの道路横断 Flight of Dreamsが18年8月開業(17年12月17日)
中部787展示施設、スポンサーにANAとJAL 18年夏開業「Flight of Dreams」(17年12月4日)
セントレア、787展示施設の起工式 18年夏開業へ(17年4月27日)
セントレア、ペインフィールド空港と提携 787日米ゆかりの地(17年4月15日)
中部の787展示施設、シアトルのビールレストラン出店 スタバも(17年1月27日)
セントレアの787展示施設、18年夏開業へ 米国外初のボーイングストア常設(16年11月9日)
セントレアの787初号機ZA001、17年度に展示へ 商業施設を整備(16年3月31日)

ZA001
787初号機ZA001、セントレアで贈呈式 公開時期は未定(15年7月7日)
歴史的な787初号機、セントレアで余生 写真特集・ZA001中部到着(15年6月23日)
787初号機ZA001、セントレア到着 故郷へ里帰り(15年6月22日)
787試験初号機、シアトル出発 セントレアへ(15年6月22日)
ボーイング、中部空港に787試験初号機寄贈へ(15年6月17日)