ボーイング, 機体, 空港 — 2018年10月5日 17:50 JST

セントレアの787施設、内部先行公開 12日開業「Flight of Dreams」

By
  • 共有する:
  • Print This Post

 中部空港(セントレア)を運営する中部国際空港会社は10月5日、1週間後の12日にオープンするボーイング787型機を展示する複合商業施設「Flight of Dreams(フライト・オブ・ドリームス)」を、報道関係者向けに先行公開した。9つの体験型コンテンツを用意するほか、米国外では初となるボーイングストアを常設。商業エリアでは、ボーイングの創業地・米シアトルの街並みを再現する。

Flight of Dreamsで展示される787-8初号機=18年10月5日 PHOTO: Yusuke KOHASE/Aviation Wire

—記事の概要—
体験型コンテンツ9種類
米国初出店ボーイングストア
翼の下で食べられるフードコート
年間150万人目標
展示エリア1200円

体験型コンテンツ9種類

 Flight of Dreamsは、9種類の体験型コンテンツを提供する有料の展示エリアと、飲食や物販などの16店舗が入居する、無料の商業エリアで構成。展示エリアは「Flight Park(フライトパーク)」、商業エリアは「Seattle Terrace(シアトルテラス)」と命名した。

 フライトパーク内の「ZA001コックピット」では、施設内に展示するボーイング787-8型機の飛行試験初号機「ZA001」(登録番号N787BA)の操縦席を公開する。窓の外は空の風景を映し出し、飛行した状態を再現した。一度に10人近く見学できるが、コックピットは透明の板で間仕切りしているため、操縦席に座ることはできない。

 米シアトル郊外にあるボーイングのエバレット工場を再現した「ボーイングファクトリー」では、工場内を疑似体験。機体の製造工程を学ぶことができ、747-400を改造した大型輸送機「ドリームリフター」で運ばれた部品が、どのように機体になっていくかをデジタル映像で紹介する。デジタルコンテンツは、チームラボ(東京・文京区)がプロデュースする。

 また、787のコックピットを再現したシミュレーターも用意。コックピットに入り記念撮影できるほか、インストラクターが指導し、操縦に挑戦できる。シミュレーターのみ、展示エリアの入場料のほか別途料金がかかる。

 フライトパークのコンテンツは、787を運航する全日本空輸(ANA/NH)と日本航空(JAL/JL、9201)の航空2社や、部材を製造する重工各社など、787と関係の深い会社がスポンサーとして参画する。

Flight of Dreamsで展示する787-8初号機のコックピット=18年10月5日 PHOTO: Yusuke KOHASE/Aviation Wire

Flight of Dreamsの787シミュレーター=18年10月5日 PHOTO: Yusuke KOHASE/Aviation Wire

米国初出店ボーイングストア

 ボーイングのオフィシャルグッズを販売するボーイングストアは、現在米国で14店舗を展開。Flight of Dreamsの開業に合わせ、米国外では初出店する。米国直輸入のグッズなど500点を販売するほか、菓子やぬいぐるみなどのオリジナルグッズも用意する。このほかモデルプレーンや、機体で使用した部品を再利用した商品も取り扱う。

 中部空港会社が直営し、施設内の1階で営業する。有料の展示エリアを見学後に利用できる動線としつつ、無料の商業エリア利用者も入店できるようにする。

米国外初出店となるボーイングストア=18年10月5日 PHOTO: Yusuke KOHASE/Aviation Wire

翼の下で食べられるフードコート

 飲食店とグッズを取り扱う商業エリア・シアトルテラスは、シアトルや隣接するオレゴン州をテーマに展開。16店舗が入居する。2階にはフードコート7店舗を設け、787の主翼下などで食事できるようにした。座席数は350席。

 3階には、シアトル発祥のスターバックスコーヒーのほか、シアトルで展開するレストランバー「THE PIKE BREWING(パイクブリューイング)」が入居。パイクは1989年にシアトルで創業したビール醸造所で、ビールのほかハンバーガーなどの食事も提供するほか、土産用のビールも販売する。

 16店舗のうち、日本初出店となるのが5店舗。シアトルをイメージした新業態が8店舗となる。

年間150万人目標

Flight of Dreamsの年間来場者目標を150万人とする中部国際空港会社の友添社長=18年10月5日 PHOTO: Yusuke KOHASE/Aviation Wire

 5日に、展示する787の前で取材に応じた中部国際空港会社の友添雅直社長は、同施設について「これまで、空港は玄関口だった。これからは皆さんが来て楽しめる空港にしたい」と述べた。年間の来場者数は150万人を見込み、中部国際空港会社が整備を進めているLCC用の新ターミナルビルと、愛知県が建設を予定するコンベンションセンターが開業を予定する2019年9月以降は、年間300万人を目標とするとした。

 開業は当初、今年の夏を予定していたが、夏の繁忙期には駐車場が混雑すること、新ターミナルビルの工事により駐車スペースが大幅に減少することから、混雑や混乱を避け、10月の開業となった。友添社長は、開業が遅れたことについて「心が痛い。最終点検や(機体の)ドレスアップなどに時間がかかった」と陳謝。「(遅れた分)たくさん来てもらえるように工夫する」と述べた。

展示エリア1200円

 Flight of Dreamsは、中部空港会社が整備を進めている新ターミナルビルの近くに建設。地上4階建てで高さ24メートル、建築面積は6500平方メートル、延床面積は1万1000平方メートルとなる。

 1階と4階が機体をはじめ、製造工程や飛行機が飛ぶ仕組みなどを学べる展示エリアとし、2階と3階をフードコートなどが入居する商業施設にする。展示エリアへの入場は有料となる。

 展示エリアの入場料は、大人(中学生以上)が1人1200人、20人以上の団体の場合は同1100円。子供(3歳から小学6年生)は1人800円、団体は同700円で、3歳未満は無料となる。

 シミュレーターは、5分の写真撮影コースが1組1080円。15分間操縦する体験コースは3240円で、このほか30分や60分コースも用意する。

 営業時間は、展示エリアが午前10時から午後5時で、最終入場が午後4時30分。土曜日のみ最終入場が午後6時30分となり、午後7時まで営業する。入場無料の商業エリアも午前10時からで、物販店は午後6時まで、飲食店は午後10時まで。

Flight of Dreamsでデジタル装飾される787-8初号機=18年10月5日 PHOTO: Yusuke KOHASE/Aviation Wire

関連リンク
Flight of Dreams
中部国際空港 セントレア
Boeing
ボーイング・ジャパン

Flight of Dreams
セントレアの787体験施設、前売券21日発売 10月開業「Flight of Dreams」(18年9月19日)
セントレアの787施設、操縦席展示 ボーイングストアでオリジナルグッズ(18年8月20日)
セントレアの787施設、10月開業 Flight of Dreams(18年8月10日)
重さ100t強!787が宙に浮く 初号機ZA001をジャッキアップ、中部空港Flight of Dreams(18年3月4日)
3500人に見守られ一般道横断 写真特集・787初号機Flight of Dreamsへ大移動(17年12月19日)
787初号機がセントレアの道路横断 Flight of Dreamsが18年8月開業(17年12月17日)
中部787展示施設、スポンサーにANAとJAL 18年夏開業「Flight of Dreams」(17年12月4日)
セントレア、787展示施設の起工式 18年夏開業へ(17年4月27日)
セントレア、ペインフィールド空港と提携 787日米ゆかりの地(17年4月15日)
中部の787展示施設、シアトルのビールレストラン出店 スタバも(17年1月27日)
セントレアの787展示施設、18年夏開業へ 米国外初のボーイングストア常設(16年11月9日)
セントレアの787初号機ZA001、17年度に展示へ 商業施設を整備(16年3月31日)

ZA001
787初号機ZA001、セントレアで贈呈式 公開時期は未定(15年7月7日)
歴史的な787初号機、セントレアで余生 写真特集・ZA001中部到着(15年6月23日)
787初号機ZA001、セントレア到着 故郷へ里帰り(15年6月22日)
787試験初号機、シアトル出発 セントレアへ(15年6月22日)
ボーイング、中部空港に787試験初号機寄贈へ(15年6月17日)

  • 共有する:
  • Facebook
  • Twitter
  • Print This Post