エアライン, 空港 — 2018年9月18日 19:53 JST

関空便、21日から通常運航へ ANAとJAL

By
  • 共有する:
  • Print This Post

 全日本空輸(ANA/NH)と日本航空(JAL/JL、9201)は9月18日、関西空港の発着便について、21日から通常運航に戻ることを明らかにした。また、すでに関空発着便の運航を全便再開しているピーチ・アビエーション(APJ/MM)は、21日以降も通常通り運航することが決まった。

21日からANAとJALが通常運航に戻る関空=18年9月14日 PHOTO: Tadayuki YOSHIKAWA/Aviation Wire

 ANAは20日以降の国内線、21日以降の国際線は通常運航を予定。国内線は18日に5便、19日に4便が欠航し、国際線は20日まで1日8便が欠航する。

 JALは21日から国内線と国際線の全便を再開予定。代替便として、6日から成田発着の国際線臨時便や、伊丹発着の国内線臨時便を設定しているほか、関西-成田線を1日1往復JL4560/4569便として運航している。

 ピーチは、関空発着の国内線22便と国際線11便について、14日から全便の運航を再開済み。

 関空では、台風による高潮の被害が比較的少なかった第2ターミナル(T2)とB滑走路を使い、7日に国内線の、8日に国際線の一部が運航を再開。14日からは第1ターミナル(T1)南側の暫定運用を開始し、21日に残る北側を再開する。これにより、旅客ターミナルはすべて再開となり、残りは貨物施設や利用者の目に触れない施設の復旧作業となる。

関連リンク
関西国際空港
全日本空輸
日本航空
ピーチ・アビエーション

旅客ターミナルすべて運用再開
関空、1タミ全面再開 北側初便は香港航空(18年9月21日)

当紙編集長が寄稿
[雑誌]「関空の台風被害は人災」週刊エコノミスト 18年9月25日号(18年9月18日)

連絡橋関連
関空連絡橋、ゴールデンウィークに完全復旧へ(18年9月18日)
関空の鉄道、18日始発から再開 計画より3日前倒し(18年9月15日)

1タミ南側再開
関空、1タミ南側とA滑走路再開 北側は21日復旧(18年9月14日)

1タミ暫定開業日を弊紙スクープ
関空、1タミは14日再開へ 南側から暫定運用(18年9月10日)

国がKAP主導の復旧に見切り
関空、国交省が復旧プラン 運営会社主導に“見切り”(18年9月8日)

7日から暫定運用
関空、国内線から再開 ピーチ新潟行きが初便(18年9月7日)