エアバス, エアライン, 機体 — 2018年5月25日 16:43 JST

ANAのA380、最終組立工場からロールアウト 19年春に成田-ホノルル就航

By
  • 共有する:
  • Print This Post

 エアバスは現地時間5月25日、ANAホールディングス(ANAHD、9202)傘下の全日本空輸(ANA/NH)向けA380型機の初号機が、仏トゥールーズの最終組立工場からロールアウトしたと発表した。今後はエンジンの取り付けや、コックピット内の仕上げを進め、電力系統や油圧、空調などのテストを実施する。

トゥールーズの最終組立工場からロールアウトするANA向けA380初号機=PHOTO: A. Tchaikovsky, master films/Airbus

異なる配色でデザインするANAのA380(イメージ、同社提供)

 ANAHDは、A380の新造機を3機発注済み。「空飛ぶウミガメ」の意味を持つ「FLYING HONU(フライング・ホヌ)」と名付けられ、2019年春をめどに成田-ホノルル線へ投入する。

 3機はそれぞれウミガメをモチーフにデザイン。ハワイの空と海、夕陽をイメージした特別塗装とし、青(ANAブルー)と深緑(エメラルドグリーン)、オレンジ(サンセットオレンジ)に仕上げる。

 座席数は4クラス520席で、ANAのホノルル線では初のファーストクラスを設定。日本で初となるドアを装備した個室型シートを導入する。エコノミーの一部には、ベッドのように使える「カウチシート」を設ける。

ANAのA380シートマップ(同社提供)

 アッパーデッキ(2階席)には、ファースト8席、ビジネス56席、プレミアムエコノミー73席を設定。メインデッキ(1階席)はすべてエコノミーで、383席を設ける。エコノミーを含む各クラスにバーカウンターを設置し、軽食やドリンクを提供する。

 エアバスは今後、年内にも塗装作業を終え、2019年3月に引き渡す見通し。ANAは受領後、パイロットや整備士、グランドハンドリング(地上支援)などの訓練を進め、早ければ1カ月後の4月にも就航するとみられる。

ANAのA380ファーストクラスに導入する個室型シート(同社提供)

ANAのA380ビジネスクラスに導入するペアシート(同社提供)

ANAのA380プレミアムエコノミーに導入するシート(同社提供)

ANAのA380エコノミークラスに導入するカウチシート(イメージ、同社提供)

ANAのA380エコノミークラスの空をイメージした壁紙(同社提供)

関連リンク
#hawaii24(ANAの特設サイト)
全日本空輸
Airbus
エアバス・ジャパン

ANA、A380を19年3月受領 空飛ぶウミガメ、個室ファーストクラスでハワイへ(18年4月27日)
エアバス、ANAのA380尾翼取付 最終組立進む(18年4月27日)
ANAのA380、エコノミーにカウチシート ファーストはドア付き、4クラス520席(18年4月25日)
ANAのA380、4月最終組立へ 大型部品、トゥールーズ着(18年3月19日)
ANA、A380は「500席超」 成田-ホノルル19年就航(18年2月23日)
ANA、ホノルル空港にラウンジ新設 A380投入、片野坂社長「ハワイに合わせた機内」(17年11月21日)
ANAのA380、デザインは「空飛ぶウミガメ」 成田-ホノルル19年就航(17年3月6日)
【スクープ】ANA、A380を成田投入へ 羽田就航見送り、ホノルル線(16年10月24日)
ANA、A380を3機正式発注 ホノルル線に18年度以降(16年1月29日)
なぜANAはハワイにA380を導入するのか 特集・A380はゲームチェンジャーか(16年1月5日)
ANAがA380導入!? 特集・スカイマーク”官邸主導”再建(後編)(15年8月6日)

  • 共有する:
  • Facebook
  • Twitter
  • Print This Post