エアライン, ボーイング, 機体, 空港 — 2018年5月14日 12:36 JST

JAL、中長距離LCC参入へ 成田拠点、787で20年夏めど

By
  • 共有する:
  • Print This Post

 日本航空(JAL/JL、9201)は5月14日、LCCの新会社を設立し、中長距離路線に参入すると発表した。成田空港を拠点とし、2020年3月29日に始まる夏ダイヤをめどにアジアや欧米など、中長距離の国際線の開設する。

新LCCについて説明するJALの赤坂社長(左)と西尾常務=18年5月14日 PHOTO: Tadayuki YOSHIKAWA/Aviation Wire

新LCCについて説明するJALの赤坂社長=18年5月14日 PHOTO: Tadayuki YOSHIKAWA/Aviation Wire

 新LCCはJALの連結子会社とし、7月に準備会社を設立する。代表者や資本金、商号は今後決定する。

 機材はボーイング787-8型機を2機投入し、アジアや欧米など、中長距離へ展開する。近距離国際線や国内線は、JALが出資しているジェットスター・ジャパン(JJP/GK)を、従来どおり活用する。

 新LCC設立の背景について、JALの赤坂祐二社長は、「お客さまの旅行に対する価値観が多様化している」とし、需要に対応するために参入するとした。新LCCでは「訪日外国人の増加促進を担いたい」との展望を語った。

 LCCはフルサービス航空会社(FSC)と比較し、旅客単価が低くなる。JALの西尾忠男常務は「機材の高稼働や付帯収入などでカバーする」と述べ、貨物スペースも販売するとした。

 787の調達について、新造機を導入するかJAL機を改修するかは、西尾常務は「まさに検討中」と述べるにとどめた。座席数は300席程度となる見通し。また、現段階で長胴型の787−9を導入する可能性について、「入れる予定はない」(西尾常務)と否定した。

 また、FSCであるJALがLCCを設立することについて、赤坂社長は「FSCからの引き算では、うまくいかない」と述べ、新たな発想で事業を展開していく考えを示した。

関連リンク
日本航空

国内線にも787-8
JAL、国内線に787-8初導入 19年から羽田-伊丹、4機追加発注(17年9月21日)

スカイスイート787(787-9新仕様機、E91配列)
個室感とペア利用両立目指す 写真特集・JALスカイスイート787-9新仕様機(17年8月1日)
JAL、787-9新仕様機7月就航 ビジネスは足もと立体交差型(17年6月22日)

スカイスイート787(787-9、E71配列)
JALの787-9、ジャカルタへ初便出発(15年7月1日)
6m長く34席多い最新787 写真特集・JALの787-9(機内・機体編)(15年6月20日)
JAL、787-9初号機が成田到着 7月からジャカルタ就航(15年6月11日)

スカイスイート787(787-8、E11配列)
JALスカイスイート787、フランクフルトへ初便出発(14年12月1日)
JAL、最新787は快適性で勝負 写真特集・スカイスイート787(14年12月1日)
JAL、787新仕様機の機内公開 ビジネスとエコノミー刷新、プレエコ新設(14年11月29日)
JAL、787新仕様機が成田到着 ビジネスがフルフラットに(14年11月26日)

JALの787-8到着と初便
日航、ボストン線就航 植木社長「私が操縦したかった」(12年4月22日)
JAL、787の機内公開 社員も興味津々(12年3月28日)
JALの787初号機、成田に到着 2号機は羽田へ(12年3月27日)

JALとANAの中期経営計画
売上高2兆円へのカギ握る「対応力」 特集・JAL中期計画2018(18年3月6日)
JAL、A350国内線仕様に個人画面と電源 中期計画ローリングプラン(18年3月1日)
ANA、LCCで中距離国際線 18-22年度中期計画、大型貨物機も(18年2月1日)

ピーチ井上CEOは「一緒に盛り上げたい」
ピーチ井上CEO、JAL新LCC「一緒に盛り上げたい」(18年5月9日)

  • 共有する:
  • Facebook
  • Twitter
  • Print This Post
キーワード: