エアライン, ボーイング, 機体 — 2015年12月18日 09:30 JST

787、サウスカロライナ製100機目がロールアウト

By
  • 共有する:
  • Print This Post

 ボーイングは現地時間12月17日、サウスカロライナ州ノースチャールストン工場製としては100機目となる787型機が、ロールアウトしたと発表した。

ノースチャールストン工場100機目となったアメリカン航空向け787-8=15年12月 PHOTO: Joshua Drake/Boeing

 100機目は標準型の787-8で、2016年にアメリカン航空(AAL/AA)へ引き渡される。現在、システムチェックや給油、エンジン始動を整備場で実施している。

 787の最終組立工場は、ワシントン州エバレットに最初の工場が建設され、ノースチャールストンは2カ所目。同工場製最初の機体は、エア・インディア(AIC/AI)向けの787-8で、2012年4月にロールアウトした。2014年11月には、長胴型となる787-9の最終組立を開始し、2015年3月にユナイテッド航空(UAL/UA)へ引き渡した。

 ノースチャールストン工場では、2017年から787の中で機体が最も大きい787-10の最終組立を開始する予定。

 同工場製の機体としては、全日本空輸(ANA/NH)が受領した787-9の特別塗装機「R2-D2 ANA JET」(登録番号JA873A)などがある。R2-D2ジェットはノースチャールストンで最終組立後、エバレットで映画『スター・ウォーズ』に登場するロボット「R2-D2」を描いた。

関連リンク
Boeing
ボーイング・ジャパン

ANA、スター・ウォーズ塗装の787完成 シアトルでお披露目(15年9月13日)
ボーイング、787-9サウスカロライナ製初号機納入 ユナイテッド航空に(15年3月18日)
FAA、サウスカロライナ製787-9認証(15年3月6日)
ボーイング787-9の最終組立、サウスカロライナも稼働(14年11月25日)
ボーイング、787-10最終組立はサウスカロライナ 17年開始(14年7月31日)
ボーイング、サウスカロライナ工場初の787を納入(12年10月6日)

  • 共有する:
  • Facebook
  • Twitter
  • Print This Post