企業, 機体 — 2014年11月7日 08:45 JST

GE、ビッグデータ利用のコスト削減プログラム 飛行経路解析

By
  • 共有する:
  • Print This Post

 日本GEは11月6日、都内で「インダストリアル・インターネット」をテーマにしたセミナーを開催した。セミナーでは航空会社向けプログラム「Flight Efficiency Services(FES)」など、ビッグデータの活用事例を紹介、GEアビエーション リージョナル・ソリューションズ・ディレクターのサム・マロス氏らが登壇した。

FESの導入事例を説明するマロス氏=11月6日 PHOTO: Yusuke KOHASE/Aviation Wire

 FESは6000万時間のフライトデータを活用して制作した解析ツールで、効率の良い経路の選択や飛行経路を解析。航空機運航コストの約40%を占める燃料関連のコストを削減する。

 エアアジア(AXM/AK)はFESを導入、燃料コスト削減を図っている。2014年には1000万ドル(約11億4530万円)、2017年までには3000万ドルの削減を実現する見通し。

 ブラジルの低コスト航空会社(LCC)のゴル航空(GLO/G3)も導入。ブラジリア空港での離発着ごとの統計によると、飛行経路は22マイル(約35.2キロメートル)、飛行時間は7.5分短縮、燃料は77ガロン(約291.5リットル)、CO2(二酸化炭素)排出量は1620ポンド(約734.8キログラム)削減したという。

 FESはAXMやGLOのほか、デルタ航空(DAL/DL)やユナイテッド航空(UAL/UA)、エティハド航空(ETD/EY)など100社以上が導入している。日本国内の航空会社は未導入。

 プログラムでの提供で、GE社製以外のエンジンを搭載した機体にも提供する。

 インダストリアル・インターネットとは、産業機器とビッグデータと人々を結びつけるネットワーク。産業機器に計測機器を搭載、機器がデータを収集し、クラウドベースのネットワークに集約、データ解析を実行する。GEの試算によると、航空機エンジンの燃料消費や長距離貨物列車の運行システム、火力発電の燃焼効率を1%改善すると年間で約200億ドルの利益を生むという。

関連リンク
インダストリアル・インターネット(日本GE)
GE Aviation

IHI、GE90向け部品出荷2000台達成 777向けエンジン(14年10月22日)
エンジン軽量化と燃費向上で国際競争力強化へ JAXA航空シンポジウム技術講演(2)(14年9月21日)
IHI、CF34向け低圧タービンなど出荷4000台突破(14年9月10日)
ボーイング、777の販売堅調 777X移行まで6年(14年10月9日)
ボーイング、17年までに温室効果ガス削減(14年6月11日)

  • 共有する:
  • Facebook
  • Twitter
  • Print This Post
キーワード: