エアライン, 機体, 空港 — 2022年11月5日 18:47 JST

トキエアのATR72、新潟空港へ到着 制服もお披露目

By
  • 共有する:
  • Print This Post

 新潟空港を拠点に2023年の就航を目指すとしている「TOKI AIR(トキエア)」の仏ATR製ATR72-600型機の初号機(登録記号F-WNUG、日本登録後はJA01QQ予定)が11月5日午後、新潟空港に到着した。また、客室乗務員などが着用する制服もお披露目した。

新潟空港に到着したトキエアのATR72-600初号機を紹介する客室乗務員たち=22年11月5日 PHOTO: Tadayuki YOSHIKAWA/Aviation Wire

—記事の概要—
着陸前にローパスも
AOC取得が焦点

着陸前にローパスも

 トキエアのATR72は1クラス72席で、アイルランドの航空機リース会社NAC(ノルディック・アビエーション・キャピタル)からリース導入。メーカーのATRは、現地時間10月10日にNACを通じてトキエアに機体を引き渡したと発表した。当初は今春に受領予定で、およそ半年遅れで受領した。

新潟空港のスポットへ進入するトキエアのATR72-600初号機=22年11月5日 PHOTO: Tadayuki YOSHIKAWA/Aviation Wire

 初号機はATR側のパイロットの操縦で仏トゥールーズを10月31日に出発し、ギリシャのイラクリオン国際空港、アラブ首長国連邦ドバイのアール・マクトゥーム国際空港、インドのナーグプル空港、タイのバンコク・ドンムアン国際空港を経由。最終経由地であるフィリピンのニノイ・アキノ国際空港(旧称マニラ国際空港)を現地時間5日午前7時52分に出発し、新潟には午後3時22分ごろ到着した。着陸前には滑走路を低空で通過する「ローパス」も行われた。

 トキエアの長谷川政樹社長によると、今後は1週間程度で機体の登録をフランス籍から日本籍に変更して登録記号をJA01QQとし、地上での訓練から始めるという。一方、飛行訓練の開始時期は調整中としており、明確になっていない。

AOC取得が焦点

 今後「航空会社」を名乗って事業を行うためには、国土交通省からAOC(航空運送事業の許可)を取得する必要があり、安全性や持続的な運航が可能かを規定や訓練体制などを基に審査される。当初トキエアは国交省の東京航空局(TCAB)に対し、7月下旬にも申請する計画だったが、現時点で今月以降になる見通し。

新潟空港で現状を説明するトキエアの長谷川政樹社長=22年11月5日 PHOTO: Tadayuki YOSHIKAWA/Aviation Wire

 就航は今年秋ごろを目指していたが、現時点では2023年3月下旬以降を予定。5日は明確な時期の言及はなかった。計画路線は、新潟-札幌(丘珠)、仙台、中部、神戸の4路線で、最初の就航地は丘珠、2023年10月以降に仙台、12月以降に中部や神戸への就航を計画している。また、首都圏では成田への就航を目指す意向を示している。

 また、客室前方を貨物室に変更できるオプション「カーゴフレックス(CargoFlex)」を初採用する2号機は、受領時期を調整中。ATR72-600の場合、44席と1400kgの追加貨物を搭載できる。

 機体が到着し、今後はAOC取得に向けて運航体制の安全性を国交省に証明することや、定期便の運航継続に十分な人数のパイロットや整備士などを確保することが課題になる。

*写真は19枚。

新潟空港をローパスするトキエアのATR72-600初号機=22年11月5日 PHOTO: Tadayuki YOSHIKAWA/Aviation Wire

新潟空港に着陸するトキエアのATR72-600初号機=22年11月5日 PHOTO: Tadayuki YOSHIKAWA/Aviation Wire

新潟空港に着陸するトキエアのATR72-600初号機=22年11月5日 PHOTO: Tadayuki YOSHIKAWA/Aviation Wire

新潟空港に着陸したトキエアのATR72-600初号機=22年11月5日 PHOTO: Tadayuki YOSHIKAWA/Aviation Wire

新潟空港のスポットへ向かうトキエアのATR72-600初号機=22年11月5日 PHOTO: Tadayuki YOSHIKAWA/Aviation Wire

新潟空港のスポットへ進入するトキエアのATR72-600初号機=22年11月5日 PHOTO: Tadayuki YOSHIKAWA/Aviation Wire

新潟空港のスポットへ進入するトキエアのATR72-600初号機=22年11月5日 PHOTO: Tadayuki YOSHIKAWA/Aviation Wire

新潟空港に到着するトキエアのATR72-600初号機=22年11月5日 PHOTO: Tadayuki YOSHIKAWA/Aviation Wire

新潟空港に到着したトキエアのATR72-600初号機=22年11月5日 PHOTO: Tadayuki YOSHIKAWA/Aviation Wire

新潟空港に到着したトキエアのATR72-600初号機のコックピットから手を振るATRのパイロット=22年11月5日 PHOTO: Tadayuki YOSHIKAWA/Aviation Wire

新潟空港に到着したトキエアのATR72-600のウイスキーハッチからポーズを取るATRのパイロット=22年11月5日 PHOTO: Tadayuki YOSHIKAWA/Aviation Wire

新潟空港に到着したトキエアのATR72-600初号機=22年11月5日 PHOTO: Tadayuki YOSHIKAWA/Aviation Wire

新潟空港に到着したトキエアのATR72-600初号機=22年11月5日 PHOTO: Tadayuki YOSHIKAWA/Aviation Wire

新潟空港に到着したトキエアのATR72-600初号機=22年11月5日 PHOTO: Tadayuki YOSHIKAWA/Aviation Wire

新潟空港に到着したトキエアのATR72-600初号機を紹介する客室乗務員たち=22年11月5日 PHOTO: Tadayuki YOSHIKAWA/Aviation Wire

新潟空港で機体と制服をお披露目したトキエアの長谷川政樹社長(中央)と客室乗務員、パイロット=22年11月5日 PHOTO: Tadayuki YOSHIKAWA/Aviation Wire

関連リンク
TOKI AIR
TOKI Aviation Capital
Avions De Transport Regional (ATR)
Nordic Aviation Capital

日本空港無線サービス、トキエアにA/G無線リモート接続サービス(22年11月2日)
トキエアのATR72、11月に新潟空港へ 初飛行は「未定」(22年10月11日)
トキエア、ATR72受領 23年就航目標、県議会が融資懸念も(22年10月11日)
トキエア、ATRと10年間の整備契約 新潟県は11億円融資へ(22年9月23日)
トキエア、資本金1億円に減資(22年2月25日)
トキエア、羽田で佐渡の名産PR 首都圏就航も検討(21年12月24日)
トキエア、機体デザイン案発表 22年就航へ(21年12月3日)
トキエア、ATR42-600S導入検討で基本合意 佐渡も就航可(21年11月16日)
トキエア、ATR72-600を2機リース契約 22年就航目指す(21年10月1日)