エアライン, 機体 — 2021年9月11日 19:32 JST

HACのサーブ初号機、最後の丘珠離陸 23年の歴史に幕、売却整備で鹿児島へ

By
  • 共有する:
  • Print This Post

 北海道エアシステム(HAC、NTH/JL)が1998年の就航以来23年にわたり運航してきたサーブ340B型機の初号機(登録記号JA01HC)が9月11日、拠点の札幌・丘珠空港から売却整備を行う鹿児島空港へ向かった。定期便の最終運航を7日に終え、11日は鹿児島までのフェリーフライト(回航)を活用した日本縦断チャーターを旅行会社の旅工房(東京・豊島区)が企画。給油などのため函館と出雲両空港を経由して鹿児島へ向かった。

丘珠空港を出発するHACのサーブ340B初号機を見送る社員=21年9月11日 PHOTO: Tatsuyuki TAYAMA/Aviation Wire

 1998年3月28日に就航したHACは、旧日本エアシステム(JAS、現JAL)と北海道による第3セクターとしてスタートし、現在は日本航空(JAL/JL、9201)のグループ会社。3機導入したサーブ340Bは1クラス36席のターボプロップ機で、最初の退役機となった3号機(JA03HC)は2020年12月29日に退役。初号機が11日に丘珠を飛び立ったことから残りは2号機(JA02HC)のみとなり、秋ごろに姿を消す見通し。

 初号機は1997年12月22日受領。JALがHACの経営から離れていた2011年11月30日から、HACが当時制定したロゴマークをまとい、緑色のHAC塗装で約6年間運航してきた。その後、2017年11月に行われた重整備に合わせ、ほかの2機と同じ鶴丸塗装に塗り替えられた。

 最後の定期便は、9月7日の函館発札幌(丘珠)行きJL2754便。当初は6日の函館発丘珠行きJL2752便を予定していたが、新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の影響による減便対応などで変更になった。

 11日の日本縦断チャーターは、参加者24人を乗せて丘珠空港を午前9時16分に出発し、同20分に離陸した。丘珠から函館までは約40分、函館から出雲までは津軽海峡や秋田県、新潟県佐渡島、石川県、若狭湾を経て約3時間10分飛行。出雲で給油後は瀬戸内海や大分県、宮崎県の上空を約1時間30分飛行し、鹿児島へ到着した。

 鹿児島空港は、HACが機体の整備を委託している同じくJALグループの日本エアコミューター(JAC/JC)の拠点で、売却のための整備作業は鹿児島で実施する。

 HACは現在機材更新を進めており、2020年4月12日に後継機のATR製ATR42-600型機(1クラス48席)を就航させ、サーブと同数の3機を導入する。2号機は今年4月に就航し、最後の3号機は11月に就航する見通し。これに合わせてサーブが退役し、日本の航空会社が運航するサーブはすべて姿を消す。

丘珠空港でサーブ340B初号機の出発前に記念撮影するチャーター参加者とHAC社員=21年9月11日 PHOTO: Tatsuyuki TAYAMA/Aviation Wire

丘珠空港で格納庫前からスポットへ牽引されるHACのサーブ340B初号機=21年9月11日 PHOTO: Tatsuyuki TAYAMA/Aviation Wire

丘珠空港に駐機されたHACの後継機ATR42-600(手前)とスポットへ牽引されるサーブ340B初号機=21年9月11日 PHOTO: Tatsuyuki TAYAMA/Aviation Wire

丘珠空港のスポットへ牽引されるHACのサーブ340B初号機=21年9月11日 PHOTO: Tatsuyuki TAYAMA/Aviation Wire

丘珠空港で出発を待つHACのサーブ340B初号機=21年9月11日 PHOTO: Tatsuyuki TAYAMA/Aviation Wire

丘珠空港で出発を待つHACのサーブ340B初号機=21年9月11日 PHOTO: Tatsuyuki TAYAMA/Aviation Wire

丘珠空港を出発前にサーブ340B初号機と写真に収まるHACのパイロットと客室乗務員=21年9月11日 PHOTO: Tatsuyuki TAYAMA/Aviation Wire

丘珠空港でHACのサーブ340B初号機を撮影するチャーター参加者=21年9月11日 PHOTO: Tatsuyuki TAYAMA/Aviation Wire

丘珠空港でサーブ340B初号機のウイスキーハッチを通してパイロットに書類を渡すHACのスタッフ=21年9月11日 PHOTO: Tatsuyuki TAYAMA/Aviation Wire

丘珠空港を出発するサーブ340B初号機に手を振るHACのスタッフ=21年9月11日 PHOTO: Tatsuyuki TAYAMA/Aviation Wire

丘珠空港を出発するHACのサーブ340B初号機を見送る社員=21年9月11日 PHOTO: Tatsuyuki TAYAMA/Aviation Wire

丘珠空港を離陸するHACのサーブ340B初号機=21年9月11日 PHOTO: Tatsuyuki TAYAMA/Aviation Wire

丘珠空港を離陸するHACのサーブ340B初号機=21年9月11日 PHOTO: Tatsuyuki TAYAMA/Aviation Wire

関連リンク
北海道エアシステム

JA01HC
サーブ初号機、最終運航9/7に変更(21年8月31日)
HAC、サーブ初号機9/6にラストフライト 23年の歴史に幕(21年8月20日)
HAC、緑色旧塗装ラストフライト 鶴丸に統一(17年11月2日)

初の退役はJA03HC
HACの・もう見られないサーブ3機並び 写真特集・HAC初の退役機JA03HC(21年2月12日)
HAC、サーブ初退役3号機が丘珠出発 鹿児島で売却整備、春に離日(21年2月7日)
HAC、初のサーブ退役 就航21年、ラストは函館発丘珠行き(20年12月29日)
HAC、3号機ラストフライト前に社員が機体清掃 初の退役機(20年12月28日)

17年にシート換装
さよならラベンダーシート 写真特集・HACサーブ340B 3号機旧座席(17年7月18日)
HACの新シート機、7月9日就航 足もと6センチ広く、12日に全機そろう(17年7月8日)