官公庁, 機体 — 2021年4月20日 10:15 JST

空自向けグローバルホークが初飛行 三沢配備の無人偵察機

By
  • 共有する:
  • Print This Post

 ノースロップ・グラマンは、航空自衛隊向けの無人偵察機RQ-4B「グローバルホーク」の初飛行に成功した。空自は三沢基地への配備を計画している。

初飛行に成功した空自向けRQ-4B(ノースロップ・グラマン提供)

 空自向けRQ-4Bの初飛行は、米カリフォルニア州パームデールで現地時間4月15日に行われた。グローバルホークはISR(情報収集・警戒監視・偵察)用途の無人機で、同社によるとオンデマンド・データをほぼリアルタイムに24時間配信し続けられる、唯一の高高度長時間滞空型無人機(UAV)だという。

 空自はRQ-4Bの配備に向け、三沢基地に臨時偵察航空隊を3月18日付で発足させた。約70人体制で、装備品の受け入れや運用試験、教育などを行う。計画では今年度以降、同基地に3機を配備する見通し。

関連リンク
Northrop Grumman
航空自衛隊

F-15EX「イーグルII」命名 最大144機調達(21年4月8日)
YS-11FC、退役で機種更新記念式典 空自最古の機体(21年3月26日)
空自YS-11FC、半世紀飛びラストフライト 最後のダートサウンド(21年3月18日)
空自のYS-11FC、まもなくラストフライト 最後のダートエンジン機52-1151(21年3月16日)
空自向けKC-46、初飛行成功 年内に初納入(21年2月10日)