エアライン, 空港 — 2021年1月13日 05:05 JST

ANA、国内線特典航空券も旅客施設利用料徴収 10月から

By
  • 共有する:
  • Print This Post

 全日本空輸(ANA/NH)は、マイレージ会員が利用できる国内線特典航空券も通常の航空券と同様、旅客施設利用料(PFC)の代行徴収を10月31日搭乗分から始める。8月29日以降に発券された航空券が対象になる。

国内線特典航空券も旅客施設利用料を徴収するようになるANA=PHOTO: Tadayuki YOSHIKAWA/Aviation Wire

 特典航空券の旅程に対象空港の発着便が含まれる場合、必要マイル数の減算時に、クレジットカードで支払う。対象空港は、羽田と成田、新千歳、仙台、中部、伊丹、関西、北九州、福岡、那覇の10空港となる。羽田の場合、満12歳以上の大人は1人税込290円、満3歳以上満12歳未満の子供は同140円となる。

 8月28日までに発券した国内線特典航空券は、発券後に予約を変更してもPFCは徴収されないが、国際線特典航空券に含まれる国内区間は、発券後に予約を8月29日以降に変更した場合はPFCを徴収される。

 PFCは旅客取扱施設利用料(PSFC)とも呼ばれ、各空港の説明では出発ロビーのチェックインカウンターや保安検査場の整備などに使われているという。通常販売されている航空券では、航空券代金に含めて航空会社が代行徴収する「オンチケット方式」を採用しており、航空会社が利用者の代わりに空港運営会社へ納めている。

各空港の使用料
新千歳 270円(140円)
仙台 230円(120円)
成田 450円(220円)
羽田 290円(140円)
中部 440円(220円)
伊丹 260円(130円)
関西 440円(220円)
北九州 100円(50円)
福岡 110円(50円)
那覇 120円(60円)

関連リンク
全日本空輸

ANAの国内線、1月減便率35%に 60路線2698便減便(21年1月8日)
ANAとJAL、緊急事態宣言期間の払戻手数料免除 減便は8日発表(21年1月7日)